根魚探しのメモ帳【裏紙】

海でのロックフィッシュをメインに、ルアーで狙えるものをいろいろ狙っていきます!
フィールドのメインは、静岡・伊豆周辺です。
また、ベイトタックルが大好きで最近ではほとんどベイトでやり通しています!
ベイトタックル好きの方、ロックフィッシュ好きの方は特に歓迎です(*^▽^*)

このブログでは、釣行記や魚、釣りに関する記事をメインに書いていきます。
ときどき、日常の雑多な記事や食べ物、料理なんかの記事も書いたりします('ω')ノ
fimoの方にも記事があるのでよろしくです!
‣根魚探しのメモ帳
徐々にfimoからこちらのブログに記事を移設していくので、最終的に統合します。

【掲示板】

【チャンネル最新動画】

あの、すいません!!
サッパは、どこですか?!(;'∀')

私・・・どーしても、ママカリ(サッパの酢漬け)が食べたくなっちゃって
土曜日(2018/09/15)に、サビキを用意し必死にコマセを撒いていたんですが1匹も来ませんでしたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
先週は、確かにいたんですが(笑)
IMG_-qq2bae
千本浜のサーフに青物に追われて、打ち上げられているらしいので、拾いに行くという最終奥義もあるのですが(笑)
なんか受動的過ぎというか、青物が追い立ててくれないと獲れないので、思っているより確率は高くないんじゃないかと思いまして・・・

今回、サビキで狙ってみたわけですが、結果的に釣れたのは
DSC_3315
イサキちゃん(*´ω`*)

そして、落とし込みで
DSC_3311
クロダイ46cm弱

(-ω-;)ウーン
むしろ、サッパ釣るよりずいぶん難しい魚だと思うんですが、どういうわけだ(;^ω^)
ちなみに、友人までクロダイを釣りました(笑)


ん~
やはり、食べたいという意思が先行すると、狙ってる魚は釣れない物ですね(笑)

とわいえ、まだまだ「ママカリの野望」は諦めていないので、来週以降も隙をみて本命の釣りの合間に狙っていこうと思います(=゚ω゚)ノ

では、また('ω')ノ

今回は、前回記事で書いたライトゲームの午後の部になります!


午前では、あまり長時間釣りをしていたわけではないですが、ワームによるボトムワインドを中心に全7魚種!
非常に多くの魚たちが遊んでくれました(*´▽`*)

引き続き午後もライトゲームで遊びましたが、同じ攻め方をしても面白くないので、
大好きなメタルバイブを使った釣りをメインに展開していこうと思います(*^^)v


いつも書いてる海の状況については、前回記事を参照してください。

潮のタイミング的には、上げ5分から満潮いっぱいまで。
ポイントは、西伊豆側のディープ隣接のシャロー域。
狙うは、メタルバイブを使ってのオオモンハタです。

使うルアーは、ゴッツンバイブ7g
DSC_3275
特に好きな、シルバーカラーで行きます(`・ω・´)ゞ

攻め方は、ボトムでのリフト&フォール!

狙い目は、駆け上がりや根が複合的に絡むスポット
ボトムから30~50cmほどリフトして、じっくりとフォールさせていきます!


駆け上がりの落ち込みを丹念に攻めていくと、幸先よく
「ゴゴンッ!!」
っとバイト!


この釣りだと、ルアーの食い方が分からないので、鬼合わせはせず聞き合わせていくと、しっかり掛かりやすい(=゚ω゚)ノ

『ゴン!ゴン!!』
と、気持ちよく引いて楽しませてくれた
DSC_3273
オオモンハタさん(^^)/
サイズは思いの他小さかったけど、メタルにバイトしてくるようなやつは気合が入っているのか、力強い(笑)

凄い個人的な趣味の問題なんだけど(笑)
このシルバーのゴッツンバイブと、オオモンハタの茶色の取り合わせがけっこう好きなのです(笑)


さらに続けていくと、ガンガン当たってくる!
DSC_3277
DSC_3276
連発である(≧∇≦)/

前にも書いたと思いますが、
メタル系ルアーは非常に良いバイトが出て飽きずに楽しめます!


ただもしかしたら、これを読んで頂いている方の中には、メタルバイブでの小ハタゲームが難しいイメージがあるかもしれません。
「根掛かるし」ってことで(笑)

でも、凄く面白い釣りなので、
(あんまりこの記事で語る気はないけど(笑))自分なりのリフト&フォールの根掛からないコツを紹介しときます!

それは、簡単です!
テンションを抜かないこと(=゚ω゚)ノ

当たり前じゃん。って思うかもだけど、フォール中のテンション管理は完璧でも、意外と「着底した瞬間のテンションの抜け」を忘れるんですよ。

ルアーが着底した瞬間、糸がフッとたるむでしょ?
これが、根掛かる確率を上げてると考えています。

では、どうするか?
ポイントは、2つ。
1.ロッドを常に上向きに構える。(ルアーを上に引っ張れるライン角度を作る)
⇒ロッドを寝かすとルアーに対しラインの角度が浅くなって根掛かり易くなる。(横に引っ張る形になるためスタックし易い)
また、PEは浮力があるので水中での糸ふけが大きくなり着底時の感度が落ちます。


2.着底を感じた瞬間、リールを0.5~1巻きして、テンションの抜けを作らない。

⇒着底後にルアーが倒れ込んでいくので、即座に引いて姿勢を維持してあげる & 少し浮かせてあげると根掛かりにくくなります。
ロッドで煽っても良いですが、リールの方がテンション管理が楽で早いし、ボトムでの姿勢の維持も簡単です。



さて、話が長くなりましたが、こんな感じのポイントを意識して、今回のメタルゲームも連発でした(^^)/
短時間釣行でしたが、
ゲーム展開が速いのもメタルゲームの魅力の一つですね!


さて、このポイントでの時合が終わった後、沼津方面に戻って仕切り直しました!
途中、戸田の峠道で霧に合いなかなか怖かったです💦
DSC_3278
ちなみに最近、Twitterを見ていて知ったんですが、皆さんは戸田の峠をあんまり通らないんですね(笑)
自分たちは、西伊豆側へ行く時は毎回通っているので驚きました(笑)

沼津のポイントに着くと、若干タイミングが微妙でしたが、
まずは巻きの釣り
ジグヘッド7g
+スワールテールシャッド3.8
大潮の満潮で非常に釣りずらいですが、駆け上がりのキツいポイントを丹念に探ると、中層で
『ゴンッ!!!』
っと良いバイト!

DSC_3271
ちびモンちゃん(*´ω`*)
バイトは良かったのに小さかった(笑)
ワームの食い込みが良いのもあるんですが、このオオモンハタはよくこのサイズのルアーを食べれると思ったものですね(笑)


このまま続くかと思いましたが、この後続かず(;^ω^)

ボトムワインドを試してみる
尺ヘッド2g
+スライダーシャッド
根の際を丹念に探っていくと、
「グググ!」
っと抑え込むアタリ!

DSC_3281
可愛いガッシー(^^)/

そのまま続けていくと・・・
着底際で、
「ガンガン!!」
という噛みつき系のバイト!!


これは・・・もしや!?✨
と思ったら

ロッドをバシバシ叩く特徴的な引き!!(笑)
上がってきたのは、
DSC_3280
きたー!イトフエフキダイさんだぁ(≧∇≦)/
こいつは、午前に釣ったやつより茶色い!
オス、メスの違いなのかな(^^♪



さて、このイトフエフキダイさんを最後に完全に時合も終わってしまったので、今回はこれで終了となりました(=゚ω゚)ノ
とわいえ、午前~午後と「これぞ、ライトゲーム」という釣りをを満喫することができて楽しかったです!

次回あたりは、磯に行きたいと思っているんですが果たして天候はどうでしょう。。。
台風シーズンなので、今は辛抱の時かもですが、そろそろ行きたいですね(^^)/

では、また!

今回使用したルアー




今回は、南西風が強く外海が荒れそうな感じだったので
伊豆・沼津周辺でのライトゲームをしてきました(^^)/

最近は、台風の連続で海況も不安定ですが、水温も少し下がって来て、ライトゲームには絶好のシーズン
非常に多くの魚種を狙う事ができます('ω')ノ

今回は、純粋にお魚と遊ぶことを目的にゆる~く行ってきました!(笑)



【状況】
釣行日:9月08日
潮周り:大潮 満潮~干潮~満潮
風速:5m 西南
天候:晴れ/曇り/雨
気温:最大31℃、最低25℃
海況:凪(外洋は大荒れ)

【ポイント】
場所:伊豆・沼津周辺
水深:0~10mほどのエリア

【タックル】
ロッド:Fishman Beams inte7.9UL
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:PE0.6号
リーダ:ナイロン6lb 3m


現地での開始が、3時
DSC_3248
道中は大雨で心配になりましたが、現地に着くとなんとなく止んできていて助かりました☔

まずは、常夜灯と小河川の流れ込みが絡む砂地のポイントで、セイゴから狙ってみる(。-`ω-)/
ルアーは、
レイジ―ソリッド

小河川からの流れに乗せて、ドリフトさせていくと、常夜灯からできた明暗で
「バシュッ!!」
っと水柱がっ(≧∇≦)/

ん~でも、乗らず💦


魚の反応は良いんだけど、けっこうなウネリが入って来ているので、セイゴだと少し食いずらいみたい。。。
こうゆう時は、適当に投げまくってルアーを見せるより、じっくりとウネリを観察しタイミングを見計らう!🌊

見ていると、どうやら
「流れ込みと、深みが絡むスポットが、わずかに波が落ちる瞬間があるようだ✨」

この辺は規模が小さいだけで、磯ヒラスズキゲームと同じ感覚(笑)


タイミングを見て、流し込むと
「ゴンッ!!」
っと一発でヒット!
DSC_3249
上がってきたのは、平セイゴ(^^)/
ナイトで写真がハレーションしちゃってるけど、ヒラスズキは本当に美しいですね!
この子には、2,3年後に磯で再開することを期待して帰って頂きました(#^.^#)



この後、しばらく狙うも残念ながらアタリはないので小移動

次は、岩場のシャロー域
表層にライズが見えているので、同じくレイジ―ソリッドで攻めていく!

すると、
めっちゃ、コツコツ!当たる!
まぁ、正体はなんとなく分かってるんだけど(笑)

なるべく食いやすいように、表層をゆっくり漂わせて行くと
「コンッ!!」
っとヒット!


上がってきたのは、
DSC_3251
クロホシイシモチさん(^^♪
伊豆だとこのイシモチ系と、ネンブツダイという、非常に似ている魚が数種いるんだけど、全部まとめて「ネンブツダイ」と呼ぶことが多い(笑)
まぁ、外道中の外道なんだけど、プラグで食わせようと思うと意外と難しくて面白い(*^▽^*)


しばらく続けていくも、ネンブツダイさんばかりなので、
さすがに飽きた(;^ω^)

ここは、趣向を変えて久しぶりにボトムワインドをやってみる!
尺ヘッド2g
+スライダーシャッド
着底をとって、
パンっ!パンっ!
と、小さく強く瞬間的に力をかけるようにアクションさせていく。
ただ強くロッドを煽るとルアーがどんどん手前に来てしまうので、なるべく瞬間的に力をかけて、その場でルアーが跳ねるようなイメージで動かす。

誘っていくと、着底の瞬間に
「ゴゴッ!!」
っと抑え込むアタリ!
DSC_3252
おーガッシーだ(^^♪
あまり夜に狙わないので、たまに釣れると嬉しい(笑)


そのまま続けていくと
駆け上がり際の着底で、「すーー」っとラインが走る!!

聞き合わせていくと、
「グングン!」と力強い引き!

ハタが食ったかな?と思ったんだけど、上がってきたのは
DSC_3253
良型ガッシーさん(*^▽^*)
湾の奥まったポイントなんだけど、ウネリが入って来てると良型が出やすい感じがしますね!


釣れたことに喜んで写真を撮っていると、
すぐ手前で「バシャッ!」っと、ネンブツとは違うライズが( ゚Д゚)

すぐ、レイジ―ソリッドに戻して探ると
「バシャンッ!」
っと、一発でヒット!

DSC_3259
平セイゴさん(^^♪
もっと 大きいのがライズしたかと思ったけど、大したことなかった(笑)


そんなこんなで、楽しんでいたら(笑)
気が付いたら・・・夜明けである🌞


同じポイントで、ボトムワインドをかけていくと
「ゴンッ!!」
っと力強いバイトが(゚д゚)!!


ガッシーより強い引きで楽しませてくれた
DSC_3260
オオモンハタさん(=゚ω゚)ノ
同じ場所で狙っているのに、不思議と夜は釣れないんだよね。
キジハタは、夜釣れるっていうし、同じハタでも生態はだいぶ違うみたいだ!


そのまま、続けていくと
DSC_3267
アナハゼさん(=゚ω゚)ノ
DSC_3265
ちゃーりー(=゚ω゚)ノ
ちゃーりーは、ルアーにかかんにアタックしてくるし面白いんだけど、沼津だと放流を頑張ってるからあんまりイジメないであげてね(^^)/

そして、続く一投で変なアタリが!
着底際で、
「ガンガン!!」
っと噛みつくようなアタリ



「(大きめのベラか?)」
と思ったけど、やたらロッドをバシバシ叩く(笑)

見えた魚体を見て・・・
ん?ショゴか?やけに色が薄いけど・・・

と思って抜き上げたら、
DSC_3262
イトフエフキダイだー(≧∇≦)/
綺麗でしょお!そして、なかなか可愛らしい!
でも、けっこう引くんですよ(笑)


最近、沼津でもこのイトフエフキダイがルアーで釣れるようになってきたんですが、元は磯とかの岩礁帯にいる魚のようです。
西伊豆エリアの磯には、けっこういるらしいですね(#^.^#)

でも、見た通りけっこう可愛らしいフォルムで、釣り味も良いので伊豆・沼津でライトゲームをする時はぜひ探してみてください(=゚ω゚)ノ


さて、この段階で干潮前2時間ほど。
タイミング的には、もう少しできるのですが、午後から一緒に釣りをする予定の仲間と、合流するために一旦切り上げる事にしました(^^)/

それでも、3~4時間ほどでしたが7魚種も釣れて非常に楽しかったです!
大きな魚を本気で狙う釣りも面白いですが、小さい魚たちと戯れるのも自分は大好きなんですよ👍

沼津だと、この他にベラ系、メッキ系、青物系、根魚系などを本気で狙っていけば、10~15魚種は狙えるんじゃないかな(笑)
一日で、何魚種釣れるのかを目標に遊んでみるのも面白いかもしれませんね!



で、あんま釣りとは関係ないけど💦
本当は、午後の釣りもこの記事内で書く予定だったのですが、最近仕事の方で残業が増えて来ていて、書く時間が取りにくくなってきたので、いったん午前の部だけであげさせて下さい。
午後の部も、平日中に上げるので良ければご覧ください(=゚ω゚)ノ

それでは、また!

午後編はこちら⇒豊富なターゲット!伊豆・沼津のライトゲーム!~午後編~

さぁ!
待ちに待った時が来ましたよ!(*´▽`*)
【INX.label】 スワールテールシャッド
ついに、発売になりました!!
DSC_3215
発売までの道のりがずいぶん大変だったみたいですが、無事発売になって良かったです(*´ω`*)

そして、待ちに待って着弾したそれは、
非常に生めかしく素敵じゃないかっ(≧∇≦)/
ラメの入れ方なんて、カラーによって変えているようだし作り込み方が凄い!
DSC_3237
なにより、超感触が良い!完全に耳たぶです(笑)

いや~これが、本当に欲しかったんです!!
別に、触りご心地が良いからではありません(笑)

今回は、その辺の話を踏まえつつ、実釣&初見インプレを書いていきたいと思います!



まず、
『スワールテールシャッドをなんで欲しかったのか?』

今、ハタゲームの巻きの釣りでメインに使っているワームに、
様々な状況で『オールマイティーに使える物』が
欲しかったんです(^^♪

実は、自分が巻きでメインに使っているワームの種類は、現在わずか2種類しかありません。
1つが、大ボリュームと強波動で魚を引き寄せるバルト(エコギア)
t2p2dwfgtjzr4pdicv2d-c2aed25c
もう1つが、微波動でベイトフィッシュライクなアイシャッドテール(ジャッカル)
DSC_2945
この2種は、状況によって使い分けていて、ざっくり言うと、大場所や魚の付き場が分からないポイントでは強波動のバルト。
ピンスポットや渋い状況では、食わせの能力を意識した微波動系のアイシャッドテールです。

一見すると、強波動系と微波動系で使い分けられているように見えますが、その実
アクションの強さに開きがありすぎるのです。
それぞれが極端すぎて、使う場所を選ぶ傾向を感じています。
例えば、堤防では微波動のアイシャッドテールは強いですが、磯のような大場所ではあまり効果を感じません。強波動のバルトは、逆です。


これだと、けっきょく現地で使える戦術に限りができてしまうため、
獲り切れていない魚がいるのでは?
とずっと思っていたのです。

強波動と微波動、誘いと食わせ、その要素の間を埋めれて、
ショア~オフショア、堤防~沖磯でオールマイティーに使える万能性がある
食わせの要素と適度な波動を持ったワームを求めていたのです!


それゆえの、スワールテールシャッド!!
DSC_3235
このスワールテールシャッドをネットで初めて見た時に、
『ビビッ!!』っと来たのです(≧∇≦)/
素材が柔らかで、食わせ重視のアピール弱めなのかと思いきや、スプーンのようなしっかりとしたテールに、適度な体高とボリューム感があり、アピール力も期待できそうだと(^^♪
DSC_3233
ちなみに、1軍で使っている前線メンバーと、サイズ感を比べるとこんな感じ!
DSC_3242
(上)アイシャッドテール3.8
(中)スワールテールシャッド3.8
(下)バルト4

テールのサイズ感は、こんな感じ!
DSC_3243
(右)アイシャッドテール3.8
(中)スワールテールシャッド3.8
(左)バルト4

伊豆では、割と使われているバルトほどのボリュームとテールの強さはないが、ストレート系のシャッドとしては一般的なサイズである、アイシャッドテールよりは強い。

非常に幅広く使い勝手が良さそうで、オールマイティーに活躍してくれそうでしょ!(^^)/

ということで、
さっそく海に持って行って使ってみました(#^.^#)
DSC_3223
当日は、残念ながら台風の接近もあり気候が不安定で、良いとは言えない状況。
とりあえず、巻きの釣りから試していく!
ジグヘッド7g
+スワールテールシャッド3.8
水深にして、10m以上あろうかというディープエリアの着底からの巻き上げ
ボトムから、1~2mほど浮かした所で『ゴンッ!!!』
DSC_3222
オオモンハタさん(#^.^#)

ふむ(。-`ω-)
非常に適度な巻き抵抗で、巻き心地は良い感じですね!
ハタの反応にも、違和感を感じないし使いやすいですね👍


キャストの飛距離としても、失速しやすいシャッドテールタイプながらよく飛びます!
素材が柔らかいため、抵抗になりにくいのかもしれませんね♪

次は、シャローエリア!
同じセッティングで、リフト&フォールで誘っていくと、着底の瞬間に
『グンッ!!』っと抑え込むアタリ!
DSC_3224
ちびモンちゃん(*´ω`*)

サイズは、小さいけど・・・この丸飲みバイトは、素晴らしい✨
よく見ればわかると思うけど、テール部分が折り畳まれた状態で口に収まっています!
この食い込みの良さは、想像以上です。

バルトならまず有り得ない(笑)

こんな小さい魚も違和感なく食い込めるなら、サイズのある魚なら何の問題もないでしょう(#^.^#)

DSC_3227
他にも、引ったくりバイトの横ぐわえオオモンハタさん
IMG_b3qicu
少しサイズアップのオオモンハタさん(#^.^#)
DSC_3230
ガップリ行ってます!

非常に反応がよく、リフト&フォール入れ食い(笑)
スワールテールシャッドは、軽量ジグヘッドのリフト&フォールでも、ちゃんとテールが動いてアピールできるようです!

当たり前だろ?って思われたかもだけど、しっかりした強めのテールが付いているワームって、軽量ジグヘッドのフォールだとテールが動きにくいんですよね(;^ω^)

ワームには相性の良いジグヘッドと重さってものがあると思うんだけど、意外とそうゆう部分でバイトチャンスを減らしてる人もいるんじゃないかな(^^)/

スワールテールシャッドは軽量から重めのリグまで、対応幅が広いという点で、渋い状況から食いが良い状況まで、幅広く使えそうです(*^▽^*)


さて!
まぁ、これ以外にも使い方として色々気が付いた事があるので、書きたいことは山ほどあるのですが、だいぶ記事が長くなってしまったので、それは今後の実釣の中で紹介&研究していこうと思います。

今後スワールテールシャッドは自分の中の新しい引き出しになってくれると思います(^^♪
試してみたい事がたくさんあるので、これから使い込んでいくのが楽しみですね!



ちなみに、INX.labelのFish.inの方でスワールテールシャッドの販売が始まったみたいなので、良ければ試してみてください(#^.^#)

以下、販売ページへのリンク↓
Fish.IN- スワールテールシャッド販売ページ

楽天とAmazonはこちらをどうぞ!

それでは、また!

今回は、メッキゲームに行ってきました!(^^)/

前回記事⇒ クランク&ゴッツンバイブで、小ハタのハードルアー攻略!

実は、前回釣行の時に松崎まで様子を見に行ったのですが、海が大荒れでとれも釣りが成立するような状況ではありませんでした💦

また、タイミングを変えて見に行こうかなぁ~と思いつつも、物は試しに地元沼津の小河川を攻めて見ました!


【状況】
釣行日:8月26日
潮周り:大潮 満潮前後30分
風速:3m 西
天候:晴れ/曇り
気温:最大35℃、最低27℃
海況:凪(外洋は大荒れ)

【ポイント】
場所:沼津周辺 小河川
水深:0~1mほどのエリア

【タックル】
ロッド:Fishman Beams inte7.9UL
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:PE0.6号
リーダ:ナイロン4lb 2m


川に着くと、微妙に濁りとゴミがあるものの、魚のライズはあるし悪くない様子
DSC_3200

まずは、いつも通りメバペンで攻めていく!

流心に絡む岩や、駆け上がりなどを打って行くも、フグと思われるチェイスがあるだけで残念ながら本命の反応はなし(;^ω^)

ゴミが浮いてて、魚がルアーを見失いやすいのかなぁと思ってミノー系でレンジを入れようかと思ったんだけど。。。

なんとなく、スプーンが気になった(≧∇≦)/
DSC_3199
MIU2.2g

いや、正直言うと小河川でトップを入れて無反応だったので、メッキはいないだろうと思ってウグイを釣ってやろうかなと思ったのです(笑)

投げ込んでみると、さすがルアーとして歴史の長いスプーン✨
ガンガン当たる!!
DSC_3193
フグがΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン


「いや、これはダメだな・・・(;^ω^)」
と、思って河口から上流の方に打ち返して帰ろうと思い、打ち歩いて行くと


橋脚の絡むポイントで、着水からの巻き初めに
「グンッ!!」
っとひったくるようなアタリが!!


セイゴかっ!?

っと思ったけど、全然エラ洗いしない!!
でも、水中に光る銀色の魚体が見える(☆゚∀゚)

それに、なかなかの力強い引き!!

バラさないかと、冷や冷やしながら上がってきたのは
DSC_3192
メッキだぁーーー(≧∇≦)/
松崎まで2時間かけて行ったのは、なんだったのか💦
家から2分の場所に、それがいた(笑)


まぁ、でも非常に嬉しい今年の初物メッキだ!!
サイズも、去年の今頃より明らかに大きいし、生育は順調な様子!
ここ、3週間くらい毎週様子は見ていたけど反応なかったので、今回の台風で沼津まで入ってきたのかもしれませんね(^^)/

このまま続けていくと、
IMG_-4qbt3g
GT系?のメッキもヒット(*´ω`*)
こいつは、少し小さかったけど、スプーンにはけっこうチェイスもあって楽しいですね!


このあと、少し狙っていた
DSC_31972
ウグイさんもヒット(笑)
いや、けっこう良い感じの色合いしてて渋いですよ(^^♪



この後も、チェイスはけっこうあったんだけど、有まづめで狙っていたからか、食い切らず・・・
ニゴイの連打で終了となりました(笑)

今回は、1時間もやらないほどの短時間釣行だったのですが、
まさかの沼津でメッキが釣れて驚きでした!
駿河湾最奥である沼津まで入っているなら、ほとんど伊豆全域で釣れる可能性があるんじゃないかと思います(^^)/
皆さんも、猛烈なチェイスと力強い引きが楽しいメッキを探しをしてみてはいかがでしょうか!


では、また!

今回は、デカハタの時合待ちを兼ねて
小ハタのハードルアーゲームをしてきました!!

ハタ(ロックフィッシュ)の釣りと言えば、ワームを使うのが基本。
ハードルアーで狙うのは、若干難しいイメージもあると思います。

実際、食いも落ちるような気がして、難しいですよね(笑)


ただ、もちろんハードルアーでは反応しない時もあるんですが、
多くの場合で反応が得られない原因は、ルアーのロストが怖くて、ワームほど根を攻め切れていないというのがあるんじゃないかと思います。

根掛かりを恐れて、根から離れた位置を引いていたら、よほど魚の活性が高くないと釣れないのは当然です。

とわいえ、自分もめっちゃ怖いです(;´∀`)



ならば!!(笑)
『特に根掛かりしにくいルアー』『根掛かりしにくい戦略』を使えば良いだけのこと(屮゚Д゚)屮 カモーン


ということで!
今回は、ハタを釣る上での、自分の引き出しの一つ
『クランク&ゴッツンバイブを使ったハードルアーゲーム』を紹介します!



【状況】
釣行日:8月25日
潮周り:大潮 下げ7分
風速:5m 西
天候:晴れ/曇り
気温:最大32℃、最低27℃
海況:凪(外洋は大荒れ)

【ポイント】
場所:沼津周辺 堤防
水深:1~5mほどのエリア

【タックル】
ロッド:Fishman Beams inte7.9UL
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:PE0.6号
リーダ:ナイロン6lb 5m

この日は、台風後のうねりと風が残り外洋は、大荒れ💦
DSC_3175
ゴロタなんて、大サラシでした。。。
こうゆう日は、外洋に面したエリアはまず無理なので、ワンド状の波が穏やかなエリアを攻めます!

狙うべきは、水深5m程度までのシャローエリア
DSC_3170
伊豆だと10m以上の深いエリアもありますが、あんまり深いエリアだと、ルアーが着底した感触が不鮮明になり、根掛かりのリスクが増えます(;^ω^)

その点、浅い場所では地形変化が目で分かるので、より根をタイトに狙っていけます。
そして、水中の糸ふけの量が少ないので、ルアーの状態が伝わりやすく、操作性が上がるので根掛かりの軽減に繋がります。


さて!では、当日の釣行記を交えながら釣り方を紹介しますね(^^)/
まず、使うルアーの先発は
クランクベイト(シルバーウルフ)
+バレットシンカー3.5g
で行きます!

小ハタのクランクベイトの釣りは、前回紹介しましたので細かい部分は、そっちを見てください(笑)
前回記事⇒ オオモンハタのクランクベイト ゲーム(^o^)丿


使い方はいたって簡単で、キャスト後ボトムを感じながらゆっくり巻くだけです(*´ω`*)
クランクは、想像を絶するほど根掛からないため、遠投して広く探り、魚の反応やボトム形状などを探っていきます!


遠投しながら、駆け上がりと捨て石(のようなもの)の絡む場所を巻いていくと、
「ガンッ!!!!」
っと強烈なバイト!


が・・・


乗らず(´ε`;)ウーン…

かなり攻撃的なバイトだったので、続くかもと思い探って行くが
時々アタリはあるものの、なかなか乗らない💦

バイトの出る場所は、こんな感じのとこ
DSC_3169_加工済み
赤いラインのとこに駆け上がりが入り、手前の岩との境などで反応が出ます。

巻いて当たるけど、乗らない時は・・・ワーム!!!

では、ありません(笑)


『一点をよりじっくり探れるハードルアー』に変えていきます!


使うのは、
ゴッツンバイブ7g

「バイブレーションじゃ、じっくり探れないじゃん」

と思うかもしれないですが、ゴッツンバイブは非常に移動距離の短い垂直なリフト&フォールができます✨

アクションは、メタル系のしっかりとしたものが出ますが、垂直にリフトできるので、釣り人とルアーの距離が縮まりにくく、点でアピールする事ができます!

また、口先の突起から尻尾の先までが一枚の鉄板だと思うのですが、そのせいか非常に着底が分かりやすく、フォール姿勢も安定しているため、緩くテンションを張ってフォールさせれば、非常に根掛かりしずらいです!

なので、ガンガンに根を攻め込んでいきます!!

ショートキャストで駆け上がりの先の落ち込み、ボトムからリフトした最初のカーブフォールで
「コンコン!」
っとさっきと違うアタリが!


合わせると乗ったが。。。何かおかしい。変な引き(笑)
上がってきたのは
DSC_3167
チャーリーさん(*´ω`*)
よくかかったものだ(笑)
フロントに食ってるし、完全に下から食い上げたんでしょうね!


続けていくと、先ほどクランクで当たった場所での、フォール中に
「ゴンッ!!!」
っと攻撃的アタリ!


ゴンゴン!っと引き込む、力強い引きで上がってきたのは
DSC_3168
やっぱりいました!ちびモンちゃん(*´ω`*)
ガッツリ行ってます!

個人的な意見ですが、メタルバイブにしてもチャターにしても強波動系のルアーって、魚の攻撃本能を刺激するのか、けっこう強烈なバイトが出る気がします(笑)
もう、バイトが出るだけでも堪んなく面白いです(≧∇≦)/

さらに、手前に走る駆け上がりをショートキャストで打っていくと
DSC_3171
もぉ。。。ガンガンにアタってきて、ボコボコに釣れます(笑)

10本弱くらい?釣ったかな(#^.^#)
あんまり、ロングキャストしないで、ショートキャストで手近なストラクチャーや地形変化を丁寧に探っていく方が反応が良いし、根掛かりしずらいですよ!


もう、十分ゴッツンバイブは楽しんだので最後に、クランクに戻す!

広く探って行くと、「ガン!」っとアタリはあるんですが、なかなか乗り切らない。
サーチベイトとしては完璧にはまってるが、少しだけ食わせの要素がずれてる様子。

なんとか食わないかなぁ~と思い、ボトムの早巻きに切り替えると・・・
駆け上がりを登り切った所で、
「ゴンッ!!!」
っと、強烈なアタリ!


今回は、しっかりとフッキングした!!!(≧∇≦)/

なかなかのトルクで楽しませてくれたのは
DSC_3173
オオモンハタさん(^^♪
今日は、少し強い動きの方が効くようです(^^)/

この後も、ボトムの早巻きで1本釣ったのですが、写真を撮ろうとして落としてしまいました💦

それでも、アクションの付け方によって反応の違いが出たことは、ルアーゲームとして非常に良い収穫でした(*^^)v


さて!ここで、2時間ほどの釣行でしたが
完全に干潮になったので、次の釣りに向かおうと納竿としました。
(次の釣りは、大荒れでほとんどできなかった(p_q*)シクシク)


今回は、短時間釣行でしたが、ハードルアーゲームは展開が早くて、楽しいですね!
また次回も、合間を見て遊んでみようかなと思います(^^♪


では、また!

さて、今回は釣行記ではなくライトゲームでのオオモンハタの釣り方の1つを紹介しようと思います!

紹介するのは、
小ハタのクランクベイト ゲーム!

通常、ハタを釣るならワームを使うのが基本ですが、そればかりだとさすがに飽きてしまうんですよね💦
『じゃあ、それ以外のルアーは?』
というと、バイブレーションやメタルジグなどの方法がありますが、ボトムのトレース性能がそれほど高くないし、ボトムを丹念に攻めようとすると根掛かるリスクが高まってしまう・・・

そこで、クランクベイトだ!!(笑)
SW_ChinningCrank_01_magmashrimp_2
ボトムトレース能力と共に、根の回避能力の高さは、ブラックバスなどの釣りにおいて確立されています(^^)/
これが、ハタゲームで使えないはずがありません(笑)

がっ!!

市販されている物の多くが、ハタゲームで使うには潜行深度が足りないのです(;^ω^)

とはいえ、そのボトムサーチの能力の高さを使わないのは非常に惜しい

ならいっそ、沈ませちゃえば良いじゃない(。-`ω-)
という事で、考えた・・・
DSC_3132
クランクベイト(フローティング)
+バレットシンカー
+ペグ止め
※ペグ止めでシンカーを固定しないとルアーの姿勢が乱れます。

これを見て、「なぜ貼るタイプの錘を使わなかった?」と思うでしょ?(笑)
実は、当然ながら試しはしたんですよ。
だけど、いくつか問題があったのです。

その問題というのが、
1.海の状況変化や地形変化に合わせた、ウェイトの変更が面倒
2.バランスを崩しやすくなる
3.アクションがスポイルされる
4.重心がずれ姿勢が変わることで、根の回避性能が低下する ※貼り方による

特に、2、4番が根掛かりに直結するため、気持ちよく巻いていく事ができないんですよね。
それでもバイブレーションでボトムを引くよりはだいぶ良いのですが、なるべくクランクベイトとしての長所を活かしたいと思って行きついたのが、「ルアー本体をいじらずラインにシンカーを追加する」というものでした。

これにより、わずかにアクションは抑えられるものの、ルアー自体のバランスを変更しているわけではないので、ルアーの性能はそのまま活かすことができます。
特に根の回避性能は、もともとの性能に比べ落ちている感じは全くありません。

また、シンキングタイプに変更した大きな利点として、クランクベイトの最大潜航深度に到達するまでの潜航距離が必要なくなります。ルアーの着水後に、バレットシンカーに引っ張られながら、その場でフォールするので着水点からボトムを探ってくる事ができます。

ただ、弱点もあって、若干飛行姿勢が乱れがちです。
ライナーに直線的なキャストができる人は問題ないと思いますが、山なりのキャストをしてしまう人だとルアーが回転しやすくなってしまう場合があります。
とわいえ、少し使っていれば慣れてくるとは思いますけどね(笑)
DSC_3130
では最後に、ルアーセッティングのポイントを書いておきます(^^)/
上でも、さらっと書いてありますが、クランクベイトはフローティングタイプが良いです!
なんでかと言うと、フローティングタイプの方が根の回避性能が高く、シンカーを付けるとスローにユラユラと沈むので、使いやすいです(#^.^#)

また、ペグ止めは必須です!
シンカーが遊動してしまうと、その振動でルアーの姿勢が崩れてしまいます。

基本的には、これだけです(笑)
ちなみに、自分はダイワのチニング用クランクベイトを使っています(^^)/




まぁ、ただ魚を釣るだけならワームを使う方が遥かに釣れるので、
これはある種の「遊び」です(*´ω`*)
ちょっと、変わり種で遊びたい時などに試してみてはいかがでしょうか。
ボトムをコツコツと感じながら、とにかくひたすらに巻いていくのは、意外と飽きずに楽しいですよ!(笑)

では、また!

ひっさしぶりに、行ってきましたよ!
駿河湾沖のカツオ釣り!!(☆゚∀゚)/
DSC_3123
夏の風物詩・・・いや、これこそ海上の夏祭りです!!

なぜ、祭りか?

行けば誰でもわかります(笑)


【状況】
釣行日:8月15日
風速:2m 北西
天候:曇り/雨
気温:最大32℃、最低25℃
海況:凪

【ポイント】
場所:駿河湾沖

現地の海域に到着すると、
10~20隻以上の船が、血眼になってカツオの群れを追い回し、一日にそう何度もない投入のチャンスを掴もうと、殺気立った釣り人達の焦りと興奮で大変な熱気と雰囲気を作り出しています!
DSC_3124
この釣りでは、相手が本鰹なのでヒットすれば、強烈なパワーでロッドを絞り込みますが、やりとりしている余裕はありません
悠長にしていれば、まわりの人に次々絡まってしまいます。

(基本的に)
ドラグはフルロック!
ゴリ巻きして一気にランディングしていきます!


これがまた・・・
この強引なやり取りが余計に焦りと興奮を増幅させるんです(笑)

カツオが食い始めれば、まさに船上はお祭り騒ぎ!


特に今回は、3~5kgまでの非常に良型のカツオばかりで・・・しかも好反応!!!
次から次へとヒットして、大変な騒ぎでした(笑)
DSC_3125
こいつが3キロ後半くらいだと思いますが、めっちゃ良いカツオ!
非常に美味そうです( ̄ー ̄)ニヤリッ
久しぶりだったもので、その強烈な引きに一瞬ひるんでしまいました(笑)

IMG_e2l1rz
もう一回り大きいカツオさん!4キロ級!
凄い引きましたが、なんとか獲れました!!(o^∇^o)ノ


基本、カツオは釣れた瞬間にノドを外し、首を折って血抜きします!
その後、大量の氷と海水で作った氷水で、完全に冷却します。
(間違っても、凍らせたペットボトルとかを使ってはいけません)

このような締め方をしたカツオを食べてしまえば、店で売ってるカツオなんて、血生臭くて食えませんよ(笑)


さて!
今回の釣りでは、バラしてしまったカツオもけっこういたのですが、わずか2時間でクーラーが満タンになってしまったので早上がりでした(゚∀゚)アヒャヒャ

カツオ釣りだと、いきなり釣れなくなることも少なくありません。
魚の反応が出ているうちに、皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか?(^u^)


では、また!

今回は毎年、夏の時期にやるのを楽しみにしている
沼津『ヒラメ泳がせ』ルアーロッドでやってきました!
DSC_3099
いちよルアーを専門にしているブログなので、今回は夏のヒラメ泳がせ釣りを紹介する内容を書いていきますね(^o^)丿


【状況】
釣行日:8月12日
風速:3m 南西
天候:曇り
気温:最大32℃、最低26℃
海況:凪

【ポイント】
場所:沼津沖

【タックル】
ロッド:Fishman Brist 5.10LH
リール:グラップラー300HG
ライン:PE4号
リーダ:ナイロン50lb 2m
仕掛け:ヒラメ泳がせ仕掛け+錘60号(約220g)

さて、自分のブログを見て頂いている方の多くが(おそらく)ルアーをメインでやられている方ではないかと思いますが、「なんで夏にヒラメ?」
と思ったかもしれません(*^。^*)

ヒラメ=冬
「寒ビラメ」という言葉があるようにヒラメの盛期は、冬場です。
一般的に夏は、産卵後で痩せ細り不味いと言われています。しかし、それは正確ではないんですよ(^^)/

実は産卵を終えた晩春から、盛夏前までが痩せて不味いんです。

その時期の後、ヒラメは体力の回復を行うため荒食いを行い
盛夏頃には、バリッバリに体力全開の肉厚個体に回復しています!(☆゚∀゚)

しかも、冬場の卵にエネルギーを持って行かれたヒラメではなく、100%のパワーが乗ったヒラメです!
その引きの強さも、ひじょーにパワフルで楽しいのです!!

これを、短いルアーロッドでやると、さらにダイレクトに引きが楽しめます!ヽ(^o^)丿


では、釣り方を紹介します(語るほどの事もないけど(笑))

まず、生きエサをサビキで釣ります!
DSC_3100
エサとしては、
・小サバ
・アジ
・イワシ(マイワシ)
が代表的です。

どのエサがどれくらい獲れるかは選べませんが、できたら「小サバ」「マイワシ」を獲りたいところです(^o^)丿

アジは、生き餌として店でもよく売っていますが、実は全く泳がない魚なのでアピール力が少なめで、少し使いずらいです。(使い手が、自発的に動かしてあげないといけない)

それに比べ、小サバは非常によく動いてアピール力抜群!主力として使っていけます。
マイワシは食わせエサとしては最強!活性が高い時や、食い渋りで威力を発揮します。

いろいろ種類があった方が状況に対応しやすいわけなんですが、なかなか思うように生き餌って手に入らないんですよね(笑)
「サバは、10本取れたがマイワシは2本しか取れなかった」
とかね(;^ω^)

まぁ、そうなってくると「どのタイミングで、マイワシという切り札を使うか」という戦略性が出てきます!
まるで、現地で手に入ったアイテムを駆使して闘うアドベンチャーゲームのようです(笑)

これが、最高に楽しいのですヾ(=^▽^=)ノ


今回の釣りでも、サバが3本、マイワシが3本、他は全てアジでした(;・∀・)
正直、持ち弾としては心もとない事極まりなかったです(笑)

それでも、サバとアジで活性の低いタイミングをつなぎ、食いが高まってきたタイミングを、マイワシで狙い撃って行く戦術で、計6枚!
DSC_3105
40~50cmほどのが5枚(^o^)丿
DSC_3103
60cmほど、約3キロ弱のヒラメも一枚釣ることができました(*^。^*)
DSC_3101
おまけの、イナダさん!
大事なマイワシを1匹潰してくれやがりました(笑)


ロッドがルアーロッドで、しかも長さが5.10!
ロッドの根元までブチ曲がり、重量感とパワーがダイレクトに伝わってきて凄い緊張感でした(*´∇`*)

唯一の失敗は、グラップラーに付けていたダブルハンドルをシングルハンドルに戻し忘れていたので・・・めっちゃ、きつかったこと(; ̄Д ̄)

次は、ちゃんとシングルハンドルで臨みたいと思います(笑)
去年は、8キロクラスの座布団ヒラメも出たので、また機会があれば挑戦してみたいと思います!

それでは、また!

今回は、沼津
小河川を舞台としたセイゴのトップゲーム
堤防周りでの小ハタゲームをしてきました(^o^)丿

本当は、大瀬崎でシイラを狙っていたんですが思っていたような感じではなかったので、満潮のタイミングで見切ってライトゲームに移行しました。
DSC_3082


さて、今回狙うセイゴですが今年の冬から春に生まれた当歳魚がメインターゲットです!
毎年盛夏(8月頃)から沼津界隈の小河川で見ることができるようになります。
若い個体は、ルアーに対して興味津々なので非常に好反応
短時間釣行でも、十分に楽しむことができます!(*^。^*)

ハタは、8月ともなると最盛期となって堤防周りで小ハタの数釣りが楽しめます!
今回は、ウルトラライトクラスのロッドで遊んでみることにしましたヽ(^o^)丿



【状況】
釣行日:8月11日
潮周り:大潮 満潮からの下げ3時間
風速:4m 西
天候:晴れ/曇り
気温:最大34℃、最低27℃
海況:凪(若干のウネリ)

【ポイント】
場所:沼津周辺 堤防・小河川
水深:0~5mほどのエリア

【タックル】
ロッド:Fishman Beams inte7.9UL
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:PE0.6号
リーダ:ナイロン6lb 5m


早朝のシイラ狙い後、満潮から下げ始めたタイミング
手近な小河川に入る!
正直、河川ならどこでも良いんだけど(笑)
あまり大きくない河川の方が、付き場が明確で勝負が速い(^^)/

ルアーは、大好きな
ショアーズ ペンシルポッパー
夏から秋の時期の、ライトトップゲームで最も釣果を出してくれるウチのスーパーエース!

橋脚際の少し水深がある所に打ち込み、細かいポッピングで誘っていくと
「パシャンッ!!!」

幸先よく出るも、

くーーー。。。乗らない(´ε`;)ウーン…

それでも、好奇心旺盛なセイゴちゃんは一発出ても、ガンガン追いかけてきて連続バイトする!

最初のバイトから3回目のバイトで、
「バシュッ!!!」
っとルアーが水中に消し込む!

飛び跳ねながらも
「グングン!!」
っと元気いっぱいなファイト!


サイズは小さいがウルトラライトのロッドなので、非常に楽しい!(*^。^*)
上がってきたのは
DSC_3084
可愛いセイゴちゃん!
ガッツリかかっています(^u^)
銀ピカで美しいですね~

サイズが小さいので、弱らせないように速やかに逃がして次を狙う!


同様に続けていくと、何度か出るが乗らないバイトがある・・・
ルアーを食わせ重視で、
メバペン
に変更する!!

細かなドッグウォークで誘っていくと、
「ボシュ!!」
と、くわえこんで水中に引きずり込んだような、なんだか変なバイトが(笑)

不思議な引き方をするそれは、
DSC_3085
クサフグ先輩(;^ω^)
こいつがまた、トップに非常に反応するんですよ(笑)
時折、水柱を上げるほどのバイトをするやつがいて良型のセイゴかメッキと勘違いさせます。
普通の釣りでこれが釣れると迷惑でしかないですが、ライトゲームでしかもトップで出れば結構楽しい(^o^)丿


この後、メバペンでさらに探って行ってセイゴを一本追加するも写真を撮る前に、跳ねて落としてしまいました(笑)

ここで、ルアーを変え
シュガペン58
より飛距離が出るので広く探っていくと、
「ボシュッ!!!」
っと・・・おや、これは(笑)

DSC_3094
ちょっとサイズアップした、グーフーでした(笑)
凄いガッツリ食ってきますね(笑)
ミノーとかより不思議とトップに反応が良いんですよね!



ここで、小河川なので簡単に打ち切ってしまったので、そのまま小ハタをメインとした
ライトロックゲームを開始する!

場所は、堤防周り
正直これも、どこでも良いが浅い場所だと勝負が速いのでオススメ(^o^)丿
DSC_3093

まずは、ワームで攻めて活性の具合を見てみる!
ルアーは
ジグヘッド3.5g
+ウェーバーシュリンプ2.8

ボトムを探っていくと、
「コンコンコン!!」
っと小気味良いアタリ!

ルアーが大きいのか、なかなか乗らないが、うまく合わせていくと
「グングングン!!」
っとなんとかヒット!

下へと突っ込む重々しい引きで、楽しませてくれたのは
DSC_3086
ちびモンちゃん(^o^)丿
小さくても、やはり引きますね♪
ガッシーとは、パワーが全く違います(笑)


このまま続けていくと、立て続けにヒット!
DSC_3087
DSC_3088
DSC_3090
ガッシーも遊んでくれました(*^。^*)
ハタの方が積極的にルアーを襲うので、ハタが高活性だとガッシーは釣れにくいですが、こいつは最初の着底でバイトしてきてくれました!


非常に、魚の反応が良いのでルアーを
ゴッツンバイブ7g
に変更する!
ゴッツンバイブ自体は、よく釣れる良いルアーなんだけど、使ってるロッド(Beams inte)がティップからベリーにかけてが少し柔らか過ぎて、微妙に扱いずらいのでそんなに頻繁には使ってきてない。
まぁこの辺は、次にINX.labelから出るFishmanとのコラボロッドに期待しよう(笑)


ほんと微妙に扱いずらいんだけど(笑)
キャストして、着底から30cmくらいのリフト&フォールでボトムを叩いていく!
リフトからのフォールで、
「コンコンッ!!」
っと頻繁に当たるんだけど、なかなか乗らない(;^ω^)

ルアーウェイトに対し、魚が小さすぎなのかもしれない(笑)

リフト後、なるべくスローにフォールするように気を使っていくと
「ゴンッ!!!!」
っと良いアタリが!!

フッキングが悪そうなので、慎重に寄せてくると
DSC_3092
ちびモンちゃん(*^。^*)
良く乗ったって感じ(笑)
紙一重のフッキングでした(;・∀・)


ゴッツンバイブに非常に反応は良いんですが、魚のサイズが今一歩小さいものでなかなか乗らない。
この後、クランク(シルバーウルフ)に変えて探るもアタリばかりでフッキングせず(; ・`д・´)

アタリがあるのは楽しいが、なかなか難しい(´ε`;)ウーン…

最後に、ジグヘッドに戻し
DSC_3097
ガッシー(*^。^*)

一通り打ち切った所で、だいぶ潮が下げてきて反応が薄くなってきたので納竿としました!

今回は、自分が毎年、夏に癒しを求めて遊んでいるセイゴのトップゲームと小ハタゲームをやってみました!

今回は、非常に熱中して長時間やってしまいましたが普段は、1時間くらいで散歩がてらに簡単に遊ぶ釣りです。
特に、セイゴのトップゲームなんてそのへんの河川でできて非常に楽しめるので、ぜひ遊んでみてほしいですね(*^。^*)

それでは、また!

今回も、伊豆でのオオモンハタ ゲームを展開してきました!

おそらく時々、読んでいただいてる方には、
『まったく、飽きることなく毎週のようによくやるなぁ』…と、思われてる事でしょう(笑)

これには、オオモンハタが好きという意外にも、ある目的があって毎週連続で狙っています。

私が求めているもの…それは、
『ショアで50UPのオオモンハタを狙って取れるパターンを解明したい』のです。

それが、時期なのか場所なのか、はたまた潮周りなのか。あるいはそれら多種多様な要素の組み合わせなのか・・・

正直、オオモンハタの生態研究に近い試みなので、非常に難しいとは思いますが、必ず見つけ出したいのです!

そのために、毎週のように海に行き、都度ポイントや潮周りなどの要素を少しずつ変えながら、研究を繰り返しているのです('ω')ノ

自然に対する興味が尽きなくて・・・
考えている事の方向性が、ちょっと普通の釣り人とは違うかもですが(笑)
興味があれば今後ともご覧ください(笑)

さて、では今回のハタゲームについて書いていきますよ(>_<)/


【状況】
釣行日:8月4日
潮周り:小潮 下げ8分から、上げ3分
風速:0~3m 南
天候:晴れ
気温:最大34℃、最低28℃
海況:凪

【ポイント】
場所:伊豆周辺
水深:0~5mほどのエリア

【タックル】
ロッド:TULALA ハーモニクス コローナ106
リール:カルカッタコンクエスト200HG
ライン:PE2.5号
リーダ:ナイロン25lb 5m


現着、開始が13時
小潮周りのため、普段は潮が早くて釣りずらい岬のポイントが丁度良い流れ具合かなぁ~
と思って入ろうとしたら。。。
数カ所回るも、ことごとく先行者がΣ(゚д゚lll)ガーン

しかも、全員ロックフィッシャー(笑)
普段なら、人があまり入らない場所なんだけれど・・・
しかも、みんな回遊待ちなのか移動する気がない様子(笑)

なぜだ(;´Д`)
これは、この場を借りてお願いしておかなければ!
「皆さん!ロックフィッシュゲームの教科書通り、ランガンでお願いします(笑)」


大型の回遊待ちは、自分がやっときますので!(笑)
(実際、とにかくハタを釣りたいだけならランガンの方が良い)


さて、そんなこんなでメインに考えていたポイントに入れなかったため、
潮と地形の具合を見て普段は狙わないポイントへ!

地形的には、流れの通る場所にできたワンド
砂地ベースで、岩場もありオオモンハタを狙う条件は整っている。しかし、過去に大きな実績は出てなく、あまり重要視はしていないポイント
DSC_3069
しかし、現場に立つと小潮とは思えないくらい潮が走っている!

「(あるいは魚が流れを避けて集まってくるかもしれない・・・)」
と思い、ワンドの最奥で回遊待ちを開始!

とりあえず、先発は
ジグヘッド14g
+アイシャッドテール4.8

なるべく遠投して、広く探っていく!

・・・・・

しばらく探っていくと、沖からの潮目がワンド内に入り始めたので、試しに打ち込んでみる!

最初のフォールで
「ガンッ!!」
っとひっぱたくようなアタリ!

一瞬、半乗りするもすぐに抜けてしまった(-ω-;)ウーン

「ボラのスレか?」
と思い、もう一度打ち込むと
バイトはしなかったものの、近くで何かが跳ねた(笑)

「この時期に潮目に付いて、跳ねるものって言ったら奴だろう(笑)」
と、ルアーをジグに変更!

撃投ジグ25g

遠投して、着水からの高速巻き!🌊
水面を跳ねるように、スキッピングさせていく!

すると、潮目近くでジグの後方から猛追してくる背びれが見えた瞬間に

「ガンッ!!!」
っとヒット!!

そして、盛大なムーンサルト!
大きさは60cm弱ほどか

なかなかのパワーだが・・・残念だったな(笑)
こちらはコローナ106
このサイズでは、相手にならない。

1mmもドラグを出さないゴリ巻きで、一気に寄せてランディング
DSC_3061
非常に美しいシイラさん
やり取りしないでパワーで寄せたため、元気が衰えずランディングが大変でした(;^_^A

速やかにリリースして続けていくも、シイラはいないようなので
そのままジグで、沖の駆け上がりにつくハタを探っていくも・・・

お留守のようす(;´Д`)

ここは、立ち位置をもう少し潮の通る湾口部に移動


ジグヘッドに戻し探っていくと、本命のアタリはないが
水面が妙にざわつく!!✨

ここは、再びジグに戻すと・・・

着水と同時に、
20本ほどのシイラ軍団が一斉に着水点に向かって飛び出したΣ(゚Д゚;エーッ!

あまりに迫力のある光景だったのと
メインターゲットじゃないからか、本能的に早巻きして逃げようとしてしまった(笑)

しかし、水面を走るジグの後方から複数の背びれが高速で猛追!
とても逃げ切れず(笑)

次の瞬間には、
「ドンッ!!!」
っとヒット!

DSC_3062
ほとんどが、60前後のペンペンさん(#^.^#)
こんな状況なので、当然ながらこの後入れ食い(笑)
DSC_3063
シイラは、陸に上げると暴れて弱ってしまうので、普段は自分が水に入っての抱き取りか、水から上げずに針を外すようにしてるので、カッコイイ魚の写真があまり撮れないのが少し残念(-ω-;)ウーン


この後、あまりにシイラがしつこいのとオオモンハタの反応がないので少し休憩!
Twitterで、現状を呟きつつ海が落ち着くのを待つ(笑)

しばらく待つと、潮目が少し離れてきて流れが緩んできたので再開!
シイラの様子を確認するために、ジグを投入!
どうやら、シイラ軍団は撤退したようだが・・・
DSC_3064
ソウダさん(笑)
まさか、今度はソウダ軍団との闘いか?と思ったのだけど幸い、この後は続かず。

真剣に、オオモンハタの回遊待ちに集中する!(。-`ω-)/

ジグヘッドと
ロックンチャター18g
+アイシャッドテール4.8
をローテーションしながら探っていく!
DSC_3071
回遊を待つ事、2時間ほど
緩んできた潮が再び走り出した時、

ロックンチャターを遠投して沖の駆け上がりを巻き上げていくと
「ゴンッ!!!」
っと中層でひったくるアタリ!(≧∇≦)/


チャターは、本当に良いアタリが出るので楽しいです!

久しぶりのロックフィッシュの当たりが嬉しくて、コローナでガンガン浮かせていくと
水面に見えた瞬間に

「バシャンッ!・・・あっ(TДT)

ものの見事に、水面ばらしΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
完全にオオモンハタ・・・
オフセットフックだったので、少し掛かりが甘かったのかもしれない💦


これは、時合とみて
ジグヘッド14g
+アイシャッドテール4.8
に戻してフォローを入れる!

沖から巻いてきて、足元から10mほど先の沈み根際に差し掛かった瞬間

「ゴンッ!!!」
っと再びひったくる気持ちの良いアタリ(☆゚∀゚)


距離が近いので、一気に寄せてぶっこぬく!!
DSC_3068
なんとか釣れたよ!オオモンハタさん(o^∇^o)ノ
サイズは、正直・・・全然満足いかないのだけど(笑)
今回、すっごい渋くて反応も薄かったので、なんとかオオモンさんの顔が見れて良かったです!


この後、続けていくも残念ながら続くオオモンはなく。
若干、釣り足りない気もしますが納竿とすることにしました!


今回、潮の状況が安定しなかったのかオオモンハタは、激渋の状況でした。
しかし、厳しい状況ながら、今まで重要視してなかったポイントで回遊がある事がわかったので、良い状況ならもっと反応が得られるんじゃないかと思います('ω')ノ
また、このポイントについては再調査をしていきたいと思います!


あと、ロックンチャターでの魚はもったいなかったのですが、今回オフセットフックだったので巻きのヒットには掛かりが悪くなったのかなと思います。
次回は、ストレートフックに変えてフッキングの具合を試してみたいですね!

では、また!

今回、活躍したルアー


今回は、沼津ライトゲームハタゲームに行ってきました(*´ω`*)/


とわいえ、今回はハタのポイントの状況が良くなかったので、あんま面倒な事考えないゆる~いライトゲームがメインでした(゚Д゚;)
なので、いつものような細かい事を書くのは無しでいきます(笑)


まず('ω')ノ
いちよメインに考えていた、ハタゲームの前に台風後の海の様子を確認しようと、沼津で軽くライトゲーム!

小ハタやガッシーの多いポイントに入ると、海は濁りもなく影響は少ない様子(^^♪
DSC_3040
根魚のポイントですが、良い時期なので表層から攻めていきます!
ルアーは、先日イシグロで衝動買いした
シュガペン58F
DSC_3039
もともと大好きなルアーでしたが、サイズダウンして今年発売されたようです!
めっちゃ釣れそうです(≧∇≦)/


Fishman Beams inte7.9ULでキャストして、細かいドッグウォークで探っていくと!
「バシュッ!!」
っとヒット!

小気味良い引きで上がってきたのは
DSC_3043
ゴン太眉毛のショゴちゃんです(^^♪
ショゴとは言え、引き方はカンパチで下へ下へ根に向かって突っ込んでいきます!
小さくても非常に良く引くので、ライトゲームだと非常に楽しいです(笑)


続けていくと、トップではダツの攻撃を受けるもののヒットはしないのでボトム攻めへ!
ルアーは、
ジグヘッド3.5g
+ダックフィンビーム

ボトムをリフト&フォールで探っていくと、「カツカツッ!」っと頻繁に当たるがなかなか乗らない(笑)

クロー系に変えて、ボトムでじっくりと食い込ませていくと、なんとかフッキング!
DSC_3044
ちびモンちゃん(*´ω`*)
将来の50UPです(笑)
10年経ったら、コローナ106と勝負しようじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ✨


どうやら、かなりの数がいるようでルアーサイズを下げればバンバン釣れそうな状況(笑)

海は、割と調子良さそうだったので、こっから良型のオオモンハタが出るポイントに移動してハタゲーム開始!


するも・・・・(;´Д`)


台風12号の影響により、南伊豆の沖磯もビックリの激流水潮で釣りにならない状況(;^ω^)
いちよ20後半くらいのは獲れたんですが、激渋でした・・・
DSC_3046
いろいろ他の場所をやれば出たかもしれないですが、なんか朝から体の調子があんま良くなかったのもあって、今回は深追いせずに即撤収(笑)

沼津で、ライトゲーム再開である(笑)


先ほどとは違うポイントで、根魚を狙う!
ルアーは
ジグヘッド3.5g
+ウェーバーシュリンプ2.8

ボトムを丹念に探っていくと
ちびモンちゃん連発Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
DSC_3054
DSC_3051
DSC_3053
ボトムでステイさせる時間を長めに取ると
DSC_3050
ガッシー(≧∇≦)/
ロッドがinteなので、このサイズでも非常に楽しいですね(笑)

魚の反応が良いので、ルアーを
ゴッツンバイブ7g
に変更!

ボトムから30cmほどのレンジをリフト&フォールで探ると
「なんか、微妙な重さが・・・(笑)」

上がってきたのは
DSC_3049
超ちびモンちゃん(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
7gのゴッツンバイブの倍くらいのサイズしかない(笑)
記録級に小さいオオモンハタ・・・めっちゃ可愛かった!



この後も、続けていくと同様のサイズのオオモンハタは入れ食い(笑)
15~20本くらい釣れたかな✨
こんだけいれば、来年のハタゲームも安泰だなぁ~と思いつつも、最近ハタが増えすぎてる気がしてベイトになってる魚や甲殻類が減少しないか少し気になるところです。
この辺は、今後気にしていきたいところです!

さて('ω')ノ
今回は、ライトゲームメインでやりましたが、久しぶりにやったら非常に楽しかったです(#^.^#)
アタリが頻繁にあって、それだけでも楽しいですね!
これからの時期は、メッキやセイゴなんかも比較的簡単に遊んでくれるので、またタイミングを見てしっかりやりたいと思います!


では、また!

今回、活躍したルアー


ロックンチャターが再入荷したとFish.INから連絡があり、21gと28gを購入してみました(*´▽`*)
DSC_3030
前回のブログで、「うねり」に対してチャタ―が有効なのではないかという話を書きましたが、だから買ったわけじゃないんです(笑)
実は、ロックンチャターを注文した「後に」先日のブログの釣りに行ったので因果関係はありません。


前回の記事⇒うねりにはチャターベイト?!ハタゲームの大敵『うねり』攻略の糸口


単純に、今までロックンチャターは使ったことがなかった事と、今回28gのラインナップも増えて、磯でも使い易くなったなーという事で購入してみました(^^♪

まぁ、28gといってもスピナーベイトとかの重さ表記と同じでシンカーのみの重さだと思うので、実際には各種のパーツやトレーラーワームも合わせれば、40g前後になるかなと思います。

なかなかの重量ですが、コローナ106を持ってすれば何の問題もないので大丈夫(笑


海が荒れた状況で、チャターが効くのか試したいってこともあるし早く投げてみたいですね(*TーT)b

今週は、台風12号ジョンダリ先輩が来訪されますので…
荒れる中でチャターベイトが効くか試してみたい想いもありますが、どうやら静岡直撃コース(((( ;゚д゚)))
台風12号
今週は、ちょっと厳しいかもしれませんね💦
もし、軌道が逸れて多少でも釣りができるようであれば、試してみたいと思います('ω')ノ

もし、今週釣りに行かれる方はお気を付けて!

では、また!


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7376920971">



昨日に引き続き、伊豆のアカハタオオモンハタを狙ったロックフィッシュゲームに行ってきました!

前日の釣行では、アカハタ・オオモンハタの回遊狙いが見事にはまり、
40UPの良型を陸っぱりから連発するという好釣果に巡り合うことができました!(^^)!




今回は、長潮周りで、満潮以降はさすがに潮が動きずらく難しいタイミング

朝の干潮前後、比較的潮が動きやすい時合を狙って行ってきました!('ω')ノ


【状況】
釣行日:7月22日
潮周り:長潮 下げ8分から、上げ3分
風速:2~4m 西
天候:晴れ
気温:最大34℃、最低28℃
海況:凪

【ポイント】
場所:伊豆周辺
水深:0~5mほどのエリア

【タックル】
ロッド:TULALA ハーモニクス コローナ106
リール:カルカッタコンクエスト200HG
ライン:PE2.5号
リーダ:ナイロン25lb 5m

今回は、台風の影響でうねりが入り、あまり状況的には良くない感じ(;^_^A
DSC_3023
しかも、ササ濁りが入っている・・・
うねりで、底の沈殿物が巻き上げられたからかもしれない💦

少し波の影響を受けやすいシャロー域を選んでしまった事に、若干の不安を感じつつ、
取り合えずセオリー通りの攻め方で始めていく!

ルアーは、
ジグヘッド14g
+アイシャッドテール4.8
潮上へ打ち込み、沈み根際を巻いていく!


数投後


潮の当たる沈み根裏に打ち込むと、フォール途中で

『ガガガガッ!!!』
っと噛みつくようなバイトと同時に、ラインが走る!!

フッキングを決めると
横っ走りする、なかなか良い引き!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー


「(この走りは、オオモンさんだなぁ(#^.^#))」


上がってきたのは
DSC_3018
30前半のオオモンハタさん(*´ω`*)
うねりの波で、かなりポイントを揺さぶられていますが、景気よく食ってきてくれました!
けっこう肉厚で、良い魚ですね(#^.^#)



しかし、この後は
同様にジグヘッドの巻きで探って行くも・・・無反応(;^ω^)


「(やはり、うねりは厳しいのか・・・)」


うねり状況下で釣りをした事は、幾度もあるが。。。
反応が得られない状況の場合、そのままジグヘッドで粘っても多くは好転しない(-_-;)

通常の打開策としては、うねりの影響のない場所に移動するか、とにかく遠投して深場を狙って拾うかという戦術くらいで、対うねりで使える引き出し(ルアーや戦術)はほぼ無いに等しい。。。


「(移動するか・・・)」


そう思ってタックルボックスを除くと、チャターベイトが目についた✨


不思議と、先日見た村田基さん出演の「芦ノ湖のバス釣り」(釣りビジョン)で
「風が吹いたらスピナーベイト」と昔懐かしいフレーズを言っていたのが頭をよぎる(笑)


「(海が荒れたら、強波動・水押し強めが効くのでは・・・)」


と思い、試しにチャターベイト
チャラブレード21g(ジャッカル)
+アイシャッドテール4.8
を投入してみることにした!

潮の当たる、岬状の張り出しの先に打ち込み、

沈み根のトップのやや上(中層)をキープするイメージで、スローに巻いていく!


チャターベイトでの、最初の一投目

一番大きな沈み根の上を通り過ぎた瞬間


『ドンッッッ!!!』
超強烈な、引ったくりバイト!!


完全にオオモンハタだと思った!!
(この時は(笑))


ガンガン!!
とロッドを叩く非常に良い引き!



「なんか、めっちゃ楽しいΣ(゚∀゚ノ)ノキャー」


上がってきた魚を見て、驚いた(笑)
DSC_3014
あれ?💦
アカハタさんだ( ゚Д゚)
「うねりの中の中層で、ひったくりバイトをしたのが・・・アカハタなの?!」


「どゆこと?!(笑)」


遊泳力の高いオオモンハタなら、うねりの中で食って来ても分からなくないが、

アカハタが中層まで浮いた?

しかも、ジグヘッドでさんざん叩いたところで・・・だと!?✨


試しに、今度は岬の裏の反転流を攻めて見る!
さきほどオオモンハタを釣った場所である。

着底から、中層まで巻き上げて一瞬止めた瞬間

『ドスンッッ!!!』
またもや、強烈なバイト!!


「(え~食ったよ!!しかも、めっちゃ引く!!)」


この魚も、非常に力強いパワフルな引きで、楽しませてくれたのは
DSC_3015
やっぱり、アカハタさんだw(゚o゚)w オオー!
さっきのアカハタもそうですが、写真で見ると何となく小さく見えますが、ルアーの大きさを見てください(笑)
4.8インチ(12cm)+チャターなので、17cm前後くらいあるはずです(笑)
分かりにくいですが魚は、33~34くらいの良型です(#^.^#)

DSC_3017
通常、甲殻類がメインベイトのためかルアー後方あるいは上方から抑え込むようにバイトするので、フックは上顎に掛かる事が多いです。

ですが、
これを見ると(最初のアカハタも)
がっちりと、かんぬき(えくぼのとこ)に掛かった、完全にひったくり系のかかり方(笑)

通常とは、全く別のパターンとしてバイトしたように見えます('ω')ノ



「どうゆう事なのだろう・・・(-ω-;)ウーン」


単純には、うねりで荒れていてもチャターベイトの強波動かつスロー巻きができる特徴によって、根際のアカハタ浮かす事ができた。(できる。)という事でしょう。
(うねりで中層をアカハタが、うろついてたとは思えないし)

正直、自分の中でも新たなパターンとの出会いだったので現場でも考え込んでしまいました(笑)

ちなみに、この後は同様にチャターで20cm後半くらいのアカハタを2本追加するも、上げとうねりで釣行が難しくなり終了となりました。


今回、活躍したチャターベイト自体は去年頃から使ってはいたんですが、使い込みの甘さを感じると共に、新たな可能性を感じました(^^♪

もし、うねりの状況下で魚をひねり出せる力があるなら、チャターベイトの存在価値は絶大です!
それほどに、うねりや荒れた状況下の攻略は難しいと感じています。

この辺りは、
研究をしなければなりませんね(`・ω・´)ゞ
まぁ、研究好きなので新たな研究課題が手に入って良かったです(笑)

ということで!
これから、いろいろチャターベイトを使いこもうと思います('ω')ノ
では、また!

今回活躍したルアー


今回は、前回に引き続き
シャロー域でのアカハタオオモンハタゲーム!!

前回の記事⇒伊豆のオオモンハタゲーム!大潮のシャロー域を攻略するぞ!

前回の釣行では、潮の通るシャロー域で回遊してくるハタを狙いました!
結果的に、40まで行かないまでも良型のオオモンハタを釣ることができました(^^♪


今回は、シャロー域でのハタゲームをより追及するべく出撃しました!


【状況】
釣行日:7月21日
潮周り:小潮 干潮から、上げ5分
風速:2~4m 西
天候:晴れ
気温:最大35℃、最低27℃
海況:凪

【ポイント】
場所:伊豆周辺
水深:0~5mほどのエリア

【タックル】
ロッド:TULALA ハーモニクス コローナ106
リール:カルカッタコンクエスト200HG
ライン:PE2.5号
リーダ:ナイロン25lb 5m


今回は、小潮周りのため干潮でも水位はさほど下がっていない状況。
小潮と言えば、潮があまり動かないので嫌う人も多いかもしれません。
しかし、こうゆうタイミングこそ普段は潮が飛んで釣りにくいポイントが逆に活きる。
DSC_2990
普段から潮が早いなら、そこは急激な地形変化や沖の強い海流が当たる場所である可能性が高く潮が緩んだ以上かっこうの狙い目( ☆∀☆)/

今回は、干潮からの上げの時合。
普段は潮の飛ぶエリアのシャロー域で、沖からの回遊を狙います!


現着開始が6時
普段は、30gのジグヘッドでもすいぶんと流される場所だが、今日は適度に潮が緩んで良い感じ(^^♪
潮の状況変化を感じながら、じっくりと腰を据えて狙っていく!

ルアーは、
ジグヘッド14g
+アイシャッドテール4.8
潮上に打ち込み、流れに絡む沈み根際へ流していく!


ドリフトさせながら広く探っていくと、根の裏の反転流で
『ゴゴゴッ!!』
っとヒット!

グングン!
と引いているが、そんなに大きくはない(笑)

上がってきたのは、
DSC_2976
チビモンちゃん(*´ω`*)
20cm弱ほどだけど、12cmあるルアーを頑張ってほおばってて、可愛い(#^.^#)



反応が出始めたので気合を入れて打ち込んだ、次の一投で事件が起きる(゚Д゚;)


フルキャストから、足元近くの大きめの沈み根が絡むスポットへ巻いてきた時、

根の裏で・・・

『ゴンッ!!!!!』
っと強烈なアタリ!

「来たぞ!!!」
合わせを入れるため、水平位置で構えていたロッドを煽ると時計10時方向くらいで、魚がロッドを受け止める(;'∀')

明らかに、先週のオオモンを超えるパワー!!

完全に根裏だが、今回はナイロンリーダー


無理矢理引きづり出しにかかると、


相手が嫌がり『グンッ!!』っと引き込んだ!


その瞬間!!



「プツン・・・Σ(゚д゚lll)ガーン」
DSC_2978
ラインブレイク・・・
25lbを過信した・・・
ナイロンなのだから、じっくりといなして浮かせばよかった。。。
というか、完全に40UPを確信するパワーだったので功を焦ってしまった💦
正直、膝が崩れそうになりました(つд⊂)エーン



この後、潮が緩み過ぎてしまったので、潮の動き出しまで50mほど先の同様のシチュエーションのポイントへ小移動


移動中の足取りのまぁ~重い事(笑)
取り返しの付かないミスをしたと、モチベーションが落ちすぎて、やばかったです(笑)
「(ってか、根擦れしているとはいえ、25lb切るってなんだよ・・・)」


移動した先
普段は、先ほどの場所より潮の通る岬状のエリア

岬の先端に潮が当たり、裏にできた反転流エリアが狙い目のポイント!


とわいえ、自分のリズムが非常に悪いので
こうゆう時は、とにかく遠投してモチベーションを回復させる!
ルアーは、
ジグヘッド14g
+アイシャッドテール4.8
フルキャストした先で、3mほどの水深

沖の駆け上がりを回遊してくるハタ狙い!

浅いので、少しロッドを立て気味にして巻いていく!

1時間ほど打ち続けていくと



『事件とは、再発するのである(≧∇≦)/』



キャストした先
巻き初めに、コツコツと底に当たる感覚があり、駆け上がりを感じる・・・

しばらく巻いて
駆け上がりを登り切ったのか、底をかする感覚がなくなった瞬間!!


「ググググッ!!!!」
っと抑え込むアタリ!


抑え込み系のバイトなので、一瞬カサゴかと思いましたがフッキングを決めると

下方向へと突っ込む、尋常な抑え込みではない!!!!(゚Д゚;)


普段ならゴリ巻きをするが瞬時に、やり取りが必要と感じて長期戦に突入!!


水深2mもないはずの場所で、根にゴリゴリ当たりながらの攻防!
やり取りをしながら思う
「(これは、おかしいぞ!?パワーからオオモンハタだと思ったけど、横に走らなすぎる・・・なんだ!?)」


じりじりと寄せて、15mほどさきで見えたそれは
「赤いぃ!?やばい太いぞ!!!」

35度を超える炎天下ながら冷や汗がでました💦
慎重に寄せて、岸に無事づりあげると・・・
DSC_2982
ドーーーン!!!!!!!!(≧∇≦)/
DSC_2985
41cmランカーサイズのアカハタさんだぁ!!!!!!
他のハタに比べ小型種であるアカハタは40cm以上ともなれば、文句なしのランカーサイズ!!
アカハタはずいぶん釣ってきましたが、ショアからこのサイズとなると、久しぶりに手が震えるほど感動する魚でした!(*^▽^*)/



最初のミスはなんのその(笑)
この後、意気揚々と続けていくと思いがけず潮が走り出す!

このタイミングでさらに、沖の駆け上がりを探って行こうとジグヘッドを重くする!
ジグヘッド28g
+アイシャッドテール4.8
キャストした先で、5mほどの水深

しばらく打って行くと、少しずつ流れが効いてくる!
ジグヘッドを変えて、しばらく粘っていると・・・


『事件とは、連発するのである(≧∇≦)/』


キャストした先から、先ほどアカハタがヒットした駆け上がりまで巻いてきたところで!


『ゴンッ!!!!』
強烈な一気に引き込むようなアタリ!


グングン!!!
と下方向へと引き込む、

先ほど以上の重量感!!(゚Д゚;)



「(この引き方に重量感・・・まさか、嘘だろ・・・アカハタなのか!?)」


先ほどと同じく長期戦!
じりじりと寄せて、見えたそれは
『頭デケェ!!!!』
ずり上げると・・・
DSC_2996
デーーーーン!!!!(≧∇≦)/
頭に比べて、リールの小ささ(笑)
なんという体高なんだ!!!(つд⊂)エーン


とんだけデカイか、最初の奴と比べると
DSC_3002
左のやつ、41cmあるんですけど(笑)
後から釣った、右のやつやばくね???(つд⊂)ゴシゴシ

でも、サイズを測ると41cm。
同じサイズなのに、体高と重量がやばかった(笑)



このタイミングで、最初に入っていたポイントの潮が動き出しているのが見えたので、戻る事にしました!

最初のポイントは、実は今まで良型オオモンの実績が多い場所で、回遊が非常に多く打った後でも時合を変えれば反応する事も少なくない。
DSC_2989
到着すると、けっこう潮が動き始めていて良い感じ!(^^♪

ルアーは、先ほどと同じく
ジグヘッド28g
+アイシャッドテール4.8

沈み根にリトリーブコースを絡めながら、じっくりと探っていく!

1時間ほど打って、かなり上げ潮が効いて来たタイミング


『事件とは、とことん起きるのである(≧∇≦)/』



リトリーブから、最初にバラした沈み根際にフォールさせ巻き上げた瞬間


『ドンッッッ!!!!!』
今日一の強烈なバイト!!

またもや、沈み根裏💦

最初の失敗もあるし、ここは無理をできない・・・

テンションを張ったまま、沈み根をかわせる立ち位置へ即座に移動!

ロッドが長いので、立ち位置を変えただけで上手く魚を根から引き出す事に成功!

ヒットしたのがアカハタであれば、ここで勝負が付いていただろう(笑)

根から引きはがされたのを見るや、魚が猛烈な横走りで10mくらい先の根にむかって突っ込んでいった!!

『(この根魚とは思えない機動力は、完全にオオモンハタだ!!!)』

幸い根に向かって行ったとわいえ、オープンエリアに出てくれたので、コローナ106の全力を持ってハタの突っ込みを止め、
一気に寄せてぶっこ抜き!!(屮゚Д゚)屮 カモーン
DSC_3003
ヒットしたそれは、めちゃカッコイイ・・・オオモンハタ(≧∇≦)/
すっごい強そうでしょ(笑)
強烈な引きで最高に楽しかったです(*^▽^*)

IMG_yxar14
サイズは、この写真だと少しずれているのですが42cmありました(^^♪
ヒレピンで、超たくましいオオモンハタ!
何度釣っても、堪らないカッコ良さですねぇΣ(゚∀゚ノ)ノキャー



この後、続けていって30cm前後のオオモンハタを2本ほど追加して終了となりました(#^.^#)


今回は、普段では非常に潮が速いシャロー域で、逆に潮が動きにくい潮周りをじっくりと回遊を待ちながら攻めることで良型のハタの反応を得ることができました('ω')ノ

最初にバラした魚は、かなりのパワーを感じさせたので残念ではありましたが、その後40UPのアカハタ2本、オオモンハタ1本は伊豆でもなかなか良い釣果ではないでしょうか!

まだ、ハタの最盛期としては序盤。これからさらなるサイズアップを目指して頑張っていきたいと思います!


では、また!

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7376920971">



今回、活躍したルアー


前日に引き続き、伊豆オオモンハタを狙ったロックフィッシュゲームに行って来ました!

前日の前半は、比較的ディープなエリアを攻めるも反応が得られず、試しにより潮の通るシャロー域を攻めたところ魚に出会うことができました!
しかし、攻略の足掛かりは掴んだものの、シャロー域に入ったのが夕まずめで、時間も余りなく、やり切ったとは言えない状況(笑)

ということで!
今回は、最近のメインであったディープエリアを無視し、前日にやり切れなかった
徹底的なシャロー攻略に打って出ました(`・ω・´)ゞ


【状況】
釣行日:7月15日
潮周り:大潮 満潮下げ8分から、上げ3分
風速:0~2m 西
天候:晴れ
気温:最大34℃、最低23℃
海況:凪

【ポイント】
場所:伊豆周辺
水深:0~5mほどのエリア

【タックル】
ロッド:TULALA ハーモニクス コローナ106
リール:カルカッタコンクエスト200HG
ライン:PE2.5号
リーダ:フロロ25lb 5m


現着開始が11時。最大干潮が13時という干潮寸前のタイミング。
DSC_2939
シャロー攻略のため、満潮からの下げでベイトを食いに入っている高活性な個体を狙うという考え方もあります。しかし、今回はあえて干潮前後を攻める('ω')ノ

干潮のシャローだと、魚が沖に離れてしまって反応が得られない場合(場所)もありますが、逆に魚が付くポイントが限定され、狙い目が明確になるという利点もあります。

今回のエリアは特に、沖からの海流がショアラインの駆け上がりにぶつかる場所。
しかも、大潮周りで潮がしっかり動くので干潮でも魚の回遊は期待できます。


あとは、
付き場を丹念に打ちながら回遊を狙い打つのみ( ☆∀☆)/


付き場が限られてる以上、初手でバルトのような強波動なサーチルアーを入れる必要はないので、食わせメインで展開していきます(^^)/
ルアーは、
ジグヘッド14g
+アイシャッドテール4.8

潮上にキャストし、リトリーブコースに沈み根が絡むようにコントロールしながら引いていく!
たまに、根にコツコツとかするくらいが丁度良い巻き加減。

しばらく探るも手前の根周りでは反応がなかったので、沖目に狙いをシフト
40mほど先の沈み根が絡む、駆け上がりの先にキャストする!


着底からの巻き上げ…
ちょうど、駆け上がりからシャローフラットに入ったあたりだった…


前触れもなく、
『ガゴンッ!!!!』
っと、引ったくるような強烈なアタリ!(@ ̄□ ̄@;)!!

フッキングと同時に感じる、なかなかの重量感!!

当然、ごり巻きしていくが隙を見ては、『ゴンゴンゴン!』と根に突っ込もうとする筋肉質なパワー・・・良型だ!

沖目でヒットさせてしまったので、寄せるまでの間に多数の沈み根
障害物競争を思わせるスリリングなやり取り


「なんて、楽しいんだろう!!(≧∇≦)/」


足元近くまで寄せたそれは、
「良型オオモン!!」
40cmはないだろうが、37か38くらいだろうΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

じっくりロッドをためて、慎重に抜き上げる!
取り合えず、写真を撮ろうと足元の岩のくぼみにできたタイドプールに入れて、スマホを取り出そうとした。。。

その瞬間!!!


「バシャンッ!!(はっ。。。Σ(゚д゚lll)ガーン)」
DSC_2933
跳ねてしまって、お帰りに・・・(なんとか姿だけは映った)
せめて、綺麗な写真を一枚撮らせてほしかったぁ(;´Д`)
まぁ、いちよ釣れはしたということで、気を取り直して次を狙おう。。。


同様に沖の駆け上がりを攻めていくと、着底際で
「ゴゴゴッ!!」
っとアタリが!!

続けざまだったので、良型を期待しましたが・・・
「んー少し軽いな・・・(;^ω^)」

上がってきたのは、
DSC_2937
25cmほどのチビモンちゃん(*´ω`*)
このサイズでも、4.8インチあるルアーを平然と食ってきます!
というか、ある程度ボリュームのあるルアーの方がオオモンハタは、反応が良いんですよね(^^♪



この後、打って行くもアタリが数回あっただけで、干潮潮止まり
気温も凄い高いのとポイントを休める意味で、しばらく休憩
DSC_2942
一時間ほど休憩して、上げの潮が動き出したタイミング

先ほどと同じく、アイシャッドテールの4.8で打っていくも、根に付いている個体の反応はない…

余計に、先ほど落としてしまったオオモンが悔やしくなってくる(≧口≦)ノ
いちよ、自分の中の実績としては釣れているし、大物ってわけでもないけど、ブログやツイッターを見てくれている人にもカッコ良い魚を紹介したかったなぁ、と思って残念でした( ̄~ ̄;)

そんな事考えていると、さすがの大潮🌊
状況の変化が早く、かなり潮が走り始め、
今立っている岬状の岩場の先端で反転流が起き始めた( ☆∀☆)/

この岬の先端は、良いポイントだが根も荒く潮が速い。
特に難しいのは、大きな沈み根をまたいで攻めなきゃいけないこと


まぁ、こうゆう時のためのコローナ106だし、普段は迷わず攻めるのだけど
今回は、ナイロンリーダーを切らしていたのでフロロを使っているのが気がかり。。。
DSC_2958
最初のオオモンで、この有り様(;´∀`)
フロロカーボン繊維が根擦れで剥離
これだから、フロロは嫌い。
おそらく、これでは16lbクラスの強度も出ない(;´・ω・)


とわいえ、雰囲気ムンムンだし
コローナ106の根の回避性能を信じて攻める!!


反転流で潮がヨレているスポットの潮上に打ち込み、ボトムからドリフトさせながら反転流に流し込んでいく!

反転流に絡む沈み根際まで流し込み、潮上に対して根の裏になる場所で、クラッチを切って落とし込む!

「(根裏の反転流に付いているやつがいるかも)」

そんな思いで落とし込んでいくと、
途中からスプールが

「ギュイィイイイイイイイン!!!!!」
と走ったΣ(゚Д゚;エーッ!



ヤバイッ!!!
と思って、即座に合わせると


けっこうな重量感!!(≧∇≦)/


でも、既に根に当たってる(((( ;゚д゚)))


ここは、無理をせずじっくりとテンションをかけながら、魚を根から引きはがす!
数秒間の根際の攻防の後、根をかわすことができたので

ここからは、
鬼のゴリ巻き!!!(屮゚Д゚)屮 カモーン


めっちゃ、ゴンゴン!!
と嫌がっているが、既にフロロがダメージを受けている事を考えると悠長にやり取りしている余裕はない!
手前まで寄せて、上がってきたそれは
「おーーーー!!良型だぁ(☆゚∀゚)」

初手で落とした魚を思い出し、安全な場所まで誘導して、ごぼう抜き!!!
DSC_2945
非常にたくましいオオモンハタさん('▽'*)ニパッ♪
ルアーが12cm以上あるんですが、がっつりいっています!
いや~根際の上、潮の押しが強いので良く引きました!!


サイズを測ると
DSC_2949
あと少し、40に届かず。*✧ヾ(。>ㇸ<。)ノ゙✧*。
パワーは40アップを思わせたんだけどなぁ(笑)
でも、肉厚で重量もあってナイスオオモンでした!!



ちなみに、当然のように
根擦れでリーダーがぐちゃぐちゃ(;´∀`)
フロロを根魚で使う利点も、いくつかあるんだけど、基本的には避けた方が良いです。
どんなに強力なロッドを使っても、ラインが弱かったら意味ないですからね(笑)

リーダを巻き替え、探って行くも残念ながら続くオオモンはヒットせず。。。
沖を探ろうと、
スイミングテンヤ30g
+バルト4インチ
で探って行くと
DSC_2954
アカハタ先輩(#^.^#)
沖は砂地ベースなので正直、このポイントで食うとは思わなかった(笑)
ってか、このアカハタずいぶん引いた!
30くらいのオオモンかと思いました(笑)



このタイミングで、自分の立っている岩場がほぼ水没(笑)
潮も激流になってきたので、若干時間は早いですが納竿としました('ω')ノ

ちなみに、自分はオオモンハタの大半は持って帰らないんですが、今日は久しぶりにキープしました!
持って帰らないのは、別に味が悪いとかじゃなくて・・・
『愛しすぎてるから(≧∇≦)/』
実際に食べれば、アカハタより美味いと思うし、最高だと思いますよ✨
DSC_2964
オオモンハタの刺身(*゚▽゚*)
美しい身でしょおおおおお???(笑)
くせもなく、非常に美味いですよ~~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
本当は寝かせたかったんですが、家族に好評で全部食われました(゚Д゚;)


また、今度気が向いたときにキープしてみよう(笑)


さて、今回は長々書いてしまいまして、最後まで読んでくれた方、ありがとうございました(*・ω・)ノ

今回の釣りでは、正直最初のオオモンハタを落とした時に、もうダメかと思ったんですが、なんとか取り返せて良かったです(^^♪
この釣りで、今年のパターンのピースの一つを掴んだような気がするので、もう少し押し進めてみようかと思います!


それでは、また!


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7376920971">



今回活躍したルアー





関連記事
2本のコローナ106とロックフィッシュゲーム!

今週(土曜)は、青物根魚を狙って出撃しました(`・ω・´)ゞ

本当は、仲間と南伊豆から西伊豆でロックフィッシュゲームを展開する予定だったのですが、諸事象により急遽予定が変わってしまったので、近場を攻めることになりました!


【状況】
釣行日:7月14日
潮周り:大潮 満潮下げから、上げ3分
風速:0~2m 西
天候:晴れ
気温:最大36℃、最低25℃
海況:凪

【ポイント】
場所:沼津周辺
水深:0~15mほどのエリア

【タックル】
ロッド:TULALA ハーモニクス コローナ106
リール:カルカッタコンクエスト200HG
ライン:PE2.5号
中間リーダ:PE4号10m
リーダ:ナイロン 25lb 5m

現着、開始が4時
突然の予定変更だったので、プランはなーーんも考えてない(笑)
とりあえず、よくやる深場の堤防で青物狙いを開始!

とわいえ、軽量なジグでソウダやワカシを狙っても、変わり映えしないので(笑)
ダメもとで、60gのジグで大物を狙ってみる!
DSC_2907
しばらく探るも・・・
まぁ、そう簡単には来ないよね(笑)

ってか、別のもの(者)が来た(笑)
ハーモニクス コローナ106を持ってな!!!Σ(゚Д゚;エーッ!
DSC_2908
ちっ(-_-メ)
エクスセンスDC付けてやがる・・・(笑)

実は、前回こいつと釣りをした時
沼津のライト ショアジギングからの~アカハタ捜索(`・ω・´)ゞ

自分のコローナ106を小一時間ほど、振らせてあげたのですが・・・
完全に惚れ込んだらしい(笑)

ニヤニヤしながら、コローナ振ってたからおかしいと思ったんだよなぁ
もともとは、8フィートくらいで十分だと言っていたのに、とんだ変わり様だ(#^.^#)


ということで、こっからは仲間と開始!


しばらくやると、GIG100Sの表層引きで
DSC_2909
ソウダさん
大型狙ってたんだけど、こいつはなんでも食うのね(笑)
しかし、表層でGIGに食って来るとは、なかなかヤル気あるやつだな(^^♪

こいつは、ダメージが大きかったので角煮へ(笑)

このままソウダが続くかなと思ったけど、無反応(;´∀`)
何やら、潮がよどんでで意外と潮が通ってないせいかもしれない。


場所を変えようかと思って、仲間を探したら・・・いないっ!!(゚Д゚;)
どこいったのかと思ったら、車で寝てやがった(笑)

まぁ、気温が尋常じゃなく上がっていたので仕方ない。
熱中症になっても困るので、近くの実家に寄って仲間と・・・お昼寝である(笑)


そこから再開が、15時半
かなり潮も上げ始めたタイミング
こっからは、ロックフィッシュ狙いで行く!

とりあえず先ほどと同じ、深場の堤防周りを撃つも無反応。。。
やはり潮の感じが、どうもおかしい気がする(;´∀`)
妙な濁りがあるし、右に流れたり左に流れたりを頻繁に繰り返している。

ちょっと、これ以上の深追いは危険だと考え、ポイント選択を一から考えなおす!
最近、ディープ隣接のエリアを中心に組み立てていた戦術を切り替え、試しにより潮の通るシャロー域に行ってみる事にした('ω')ノ
DSC_2919
手前で、50cmもない超シャロー(笑)

ここは、遠投して沖を探る必要があるため、ルアーは少し重め
スイミングテンヤ20g
+RUDIE'S ハタ喰い・魚子
DSC_2960
遠投して、着底からの巻きで探っていく!

一帯が浅いながらも、コローナ106とカルコン200HGの相性が素晴らしく、かなり先の駆け上がりや沈み根まで、ぶっ飛ぶ(笑)
隣でエクスセンスDCを付けたコローナを振っている仲間も、そのフィーリングに満足そう(^^♪


数投して、沖の駆け上がり沿いに打ち込み、着底を撮った瞬間!
「ゴゴゴッ!!」
っと抑え込む待望のアタリ!!

ガッツリと合わせを入れると、グングン!
力強い気持ちの良い引き(≧∇≦)/


シャロー域のため、根に潜られないように寄せてくるが、さすがのコローナ✨
ただ、長いだけでなく適度な粘りで、相手の突っ込みを受け止め、潜る隙を与えない!

安心して寄せて、ぶっこ抜き!
DSC_2911
美しい魚体のオオモンハタさんΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
サイズは、それほどじゃなかったんですが、非常にパワフルな良い魚でした!
何より、肉厚でなんとなく筋肉質なカッコイイ魚でした(愛しすぎて錯覚かも?(笑))

DSC_2914
いちよ、コローナも映しといた(笑)

そして!
その後すぐに、テキサスリグを遠投して探っていた仲間にも、重々しい魚信が!!

「きたーーーーΣ(゚∀゚ノ)ノキャー」

とか叫んで、確かに引いてるけど。。。
なんか、もっさりしたものが浮いてきてるぞ(笑)

まぁ、さすがのコローナで、沖で完全に浮かし切っているが、本当になんだあれ?!(笑)

上がってきたのは、
IMG_-vrqa77
鬼(イズ)カサゴ先輩!!
水面で、もさもさしてたから何かと思った(笑)
でも、けっこうな良型!
こいつ。。。カサゴはあんまデカいの釣らないんだけど、鬼退治はなぜか得意なんだよな( ゚Д゚)



さて、この後30分ほど続けたのだけど、残念ながら潮位が限界を超え、足元を洗い出したので、残念ながら納竿となりました。
このシャローは、他にアタリもあったし比較的反応が良かったです!
もう少し早く戦術を切り替えれば良かったです。*✧ヾ(。>ㇸ<。)ノ゙✧*。


ちなみに、非常に珍しい2本のハーモニクスコローナ106の絵面(笑)
右のカルコンのセットが自分ので、左のエクスセンスDCのセットが仲間のです(^^)/
DSC_2932
正直、コローナを買った仲間がかなり非力なので、買ってきたのを見てかなり心配しました。
コローナって、290gもあってショアジギロッド相当の重さなので、使いきれないんじゃないかと思いましたが意外とリールを付けるとバランスが良かったみたいです!


コローナ106のインプレは、また別途。
自分は、けっこう記事を書くのが遅いもので、公開に時間がかかりますが、少しずつ用意しています。
まぁ、用意というか、やっぱりある程度使い込まなきゃなと思いまして、もう少し魚をかけてからでしょうかね('ω')ノ

さて、後書きが長くなりましたが、これにて!
また、翌日(日曜)の記事を今週中にアップしますので、見てくれれば嬉しいです(^^♪

では、また!

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7376920971">



今回、使ったルアー

右のリンクをクリック⇒【楽天】RUDIE'S ハタ食い・魚子

先日、TULALAのハーモニクスコローナ106がついに届きまして!

過去記事⇒TULALA ハーモニクス コローナ106 降臨である!!!!

現在、様々なセッティングを試しつつ、どのようなリールやラインを合わせればどこまで出来るのかなどの、戦力評価をしてる状態にあります(笑)

最初は、グラップラー300HGを乗っけて比較的重めのジグやリグを磯で投げたのですが、重量級のルアーに対するフィーリングは非常に良かったです。
DSC_2840
DSC_2846
で、この前の土曜日(2018年07月07日)に「もっと軽量なルアーの操作性を試したい」と思い、RevoSXを載せてみました。

RevoSXは、マグネットと遠心のハイブリットなブレーキシステムのため、軽量ルアーから重量級のルアーまで幅広く安定してキャスト可能です。
ベンダバールに載せた場合は、下限5gから(上限の最大は分かりませんが)50g程度のダイビングペンシルまで扱う事を可能にしてくれたオールラウンダーです。

過去記事⇒Fishman Brist Vendavalのキャストをスローで撮影してみたら曲がりが凄かったw


購入してから、まだ半年も経っていませんが、アカハタ、オオモンハタなどの根魚やヒラスズキ、チヌ、マダイなど常に結果を出し続けてきたウチのエース選手です!

確かにエクスセンスDCのような驚異的な飛距離が出るわけではないし、カルカッタコンクエストBFSやアルデバランBFSのような、超軽量リグの扱いができるわけでもありません。
それでも、RevoSXがエース足り得たのは様々な環境の変化でも対応できる「驚異的なバックラッシュ耐性」と、魚種や状況が変化しても1台で何でも扱える「幅広いルアー適正」があったからです。


しかし、ハーモニクスコローナ106 に合わせてみたところ、思いもしなかった欠点が見つかってしまいました(;^_^A
それも、コローナ106に合わせる事だけを考えれば致命的なレベルの欠点です・・・

その弱点とは、
『30g以上のメタルジグをフルキャストした際に、遠心ブレーキのブレーキシューが勝手にONになってしまう』
というもの。
DSC_2903
言葉だけを見れば、完全に致命的ですが、簡単に発生するものではありません。
まず、発生原理をお話します。
(とわいえ非常に単純なことです。)


RevoSXの遠心ブレーキシステムは、旧SVS同様、内側(スプール回転軸方向)にブレーキシューを押し込むと固定され、ブレーキOFF状態になり、外側に押し出すとロックが外れてブレーキON状態になります。
ブレーキの原理としては、スプールの回転が高まるとブレーキシューが外側に押し出され、金属のフレームに触れてブレーキがかかる仕組みです。
DSC_2904
この時、当然ロックされているブレーキは動かないので、OFFにすればその分ブレーキ力を低下させることができます。

しかし、ハーモニクスコローナ106にRevoSXをセットしてキャストすると、キャストの瞬間にブレーキシューが勝手に複数個ONになってしまうのです。
当然、急激なブレーキがかかりルアーは失速してしまい飛距離は出なくなります。

なぜ、こんなことが起きるかというと単純です。
『コローナ106によるルアーの射出速度(スプール回転速度)が速すぎて、ブレーキシューをロックしている力の限界を超えた』
ということです。

ロックを解除するときも、遠心力がかかってブレーキをかける時も、力の向きは一緒です。
原理的には、驚異的な遠心力がかかればブレーキのロックは外れてしまいます。

この現象が、ハーモニクスコローナ106を使い、かつメタルジグをフルキャストした時にかなりの頻度で発生します。
前回記事では、メタルジグ30gを使ったことしか書いていませんが実はそれ以上も使っています。
ただ、使い物にならなかったのです(;´Д`)

前回釣行⇒沼津のライト ショアジギングからの~アカハタ捜索(`・ω・´)ゞ


とわいえ、これは普通のロッドではおそらく起こり得ないのではないかと思います。
事実、この数カ月ベンダバールでかなり使い込みましたが同じ現象は1度として、発生しませんでした。

この事から分かる事は、おそらくコローナ106のルアー射出速度はベンダバールを凌駕しているということです。
その性能に、残念ながらRevoSXは付いてくる事が出来なかったのでしょう。

これまで、自分の期待に常に応え続けてくれただけに少々残念ではありますが、さすがにロッドがリールに対してオーバースペックだったようです。


ちなみに、ベイトタックルの遠投と言ったらベンダバールですが(笑)
先日、コローナ106に友人のエクスセンスDCを乗っけたところ、やすやす100mを超えてしまいました(;^_^A
ラインカウンターで測ったので、写真を撮ってくれば良かった(笑)
今度、お見せしますね!

まぁ、さすがにエクスセンスDCは持っていないので、次はカルカッタコンクエストで試して見ようと思います。
DSC_2901
SVSインフィニティなので、物理的にRevoSXのような事は起きないのと、遠投に向いたリールなので相当な飛距離が出るんじゃないかと期待します(^^♪

では、また!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="9746957733"
data-ad-format="auto">



関連記事
【TULALA】ハーモニクスコローナ106の必要性とは?

TULALA ハーモニクス コローナ106 降臨である!!!!

【インプレ】ベイトリールが苦手な人こそ使ってほしい!新型Revo SX!

今回は、沼津で小型回遊魚を狙ったライト ショアジギングと、いつもの(笑)アカハタ ロックフィッシュゲームに行ってきました!


本当は、大雨後で状況が微妙だったのと、台風からのうねりが入り始めていたので、無理に行こうとは思っていなかったのですが、仲間がどーしても行きたいと駄々をこねやがりましたので(笑)
最近、好調に釣れている青物でも狙おうかと出撃しました!(`・ω・´)ゞ

とわいえ、沼津サーフ側は狩野川の影響を受けやすいので、さすがにパス。


小型回遊魚狙いとしては
淡水の影響が少なく潮の通りが良い、水深と地形を持った堤防周り!

ロックフィッシュゲームとしては、
西からのうねりを避けられるワンド状のエリアを攻めてきました!


【状況】
釣行日:7月7日
潮周り:小潮 上げ5分ほどから、干潮
風速:0~2m 西
天候:曇り
気温:最大30℃、最低23℃
海況:沼津は凪、西伊豆側うねり(大)
備考:沼津は水潮の激濁り

【ポイント】
場所:沼津~西伊豆
水深:2~15mほどのエリア

【タックル】
ロッド:TULALA ハーモニクス コローナ106
リール:アブガルシア RevoSX
ライン:ピットブル1.5号
リーダ:ナイロン 25lb 5m


現着、開始が10時頃
仲間がどうしてもと言ったので、出撃しましたが
正直、あの雨じゃ水潮で厳しいだろうと思っていたので、朝まづめを狙う気なし(笑)

DSC_2879
ポイントの水色的には、若干のササ濁りがあるものの、沼津サーフ側ほどの濁りではない。

とりあえず、ルアーは先日イシグロで買ってきた
ジグパラ30g

コローナ106で全力遠投すると着水点で、水深が15mほど
潮は、かなり走っている!

水面にベイトが見えないことと、雨後で潮が走っているので、表層に淡水層ができている可能性が高いので、中層からボトムを丹念に探って行く!


数投して、駆け上がり周辺の潮目にフォールさせていると中層くらいで、
「グイィーーン!」
っと、ラインが走った!!

すかさず合わせると、

「グーーン!グーーン!」
っと、気持ちよい走り(*^▽^*)

久しぶりに釣ると、なかなか楽しいっ(*^^)v
上がってきたのは、
DSC_2880
ソウダさん
こぎみよい引きで、楽しませてくれました(#^.^#)
ただ、ちょっと武装が強すぎなので次回はライトタックルで遊びましょ(笑)



続けていくと、駆け上がり周辺のボトムからの巻き上げで
DSC_2881
オオモンちゃん
小さいながらも、かなり浮いていたのでヤル気満点でした!



次の1投
着底の瞬間で
DSC_2882
エンピツえっちゃん(笑)
見た目とサイズ感は、完全にトカゲです(笑)



意外と魚の反応が良いので、試しにテキサスリグを入れてみると
DSC_2884
ガッシー(*´ω`*)
釣れはしたけど、なんかボトムでの活性は微妙な感じだ

残念ながら、ボトムでの反応は続かなかった(;^ω^)


ここで、沖目から不穏な色した潮が接近・・・Σ(゚д゚lll)ガーン
DSC_2885
ちょうど、足元を潮目が通り抜ける瞬間です。。。
右がもともとの潮、左側が沖から来た潮です。

これは、放水路などを解放することで急激に出た淡水が、海水と混ざり合わずに表層を滑る事で、こうゆう潮が起きます。

つまり、完全なる水潮(;´∀`)

とわいえ、潮が変わる間際に
DSC_2886
ソウダさん追加!
ピッカピカです(笑)

そして、これを最後に完全に激濁りの水潮になったので、納竿・・・

といきたかったのですが、
友人「せっかく来たし、アカハタもやりたい」

沼津は、水潮だし西伊豆側は大うねり・・・
自分「(いや、厳しいだろうな(笑))」


どーしてもやると、場合によっては東伊豆に行くとまで言ってるので、そこまで言うならとアカハタ戦に突入!(笑)

西寄りのうねりと風をブロックできる、ポイントに入る!
DSC_2892
うねってます(;^ω^)
それでも、ここ以外は水際に立てないほどの波なので、一番可能性があるとは思う。

セオリー通り、磯際から攻めて見るも、さすがに波で揺さぶられ過ぎてるせいか反応なし・・・

沖に潮目も出ていたので、手前を捨てて沖を中心に探っていく戦術に変更

ルアーは
シンカー37g
+オフセット1/0
+シザーコーム4.8
水深は、3~4mほどなので本来は根掛かりを避けるために、早いテンポでアクションさせていくのですが、状況が渋いので沈み根周りをじっくりと探っていきます(>_<)/

大きくリフトして、着底時にじっくりとステイさせて待つ!

潮目に絡む、根回りを丹念に探っていくと
根の際で
「ゴゴゴ!!」
っと抑え込むアタリが!!

水深が浅いので大きな合わせを入れ、ロッドを立ててゴリ巻きする!

さすがにロッドが長いので、一切潜らせる隙を与えずに寄せて、一気にぶっこ抜き!
DSC_2889
お腹でっぷりのアカハタさんだぁーーー(≧∇≦)/
正直、この状況で出るとは思わなかった(笑)
けっこう嬉しかったです!
サイズは満足いくものではないけれど、この状況で反応が取れたのは自分の中の引き出しとしても、大きな収穫でした(*^^)v



ここで、残念ながら波の方向が変わり始め、自分たちの立ち位置でもうねりが入り始めてしまったので、しぶしぶ納竿となりました。

今回は、厳しい状況ながらなんとか魚の顔は見る事が出来て良かったです(^^)/
先週は大雨続きでしたが、今週から梅雨も明け、晴れ模様になるようです。
次の土日には、海の状況もかなり回復しているでしょうから、青物やハタの調子も上向いてくると期待しています(^^♪
来週は、また仲間にハタを釣らせる約束になっているので、頑張りたいと思います!
連休で人も多いでしょうから、次は少し変わった場所でも狙ってみようかな(笑)

では、また!


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7376920971">




今回使用したルアー


成長因子