ちょっと書くのが遅くなってしまったんですが、仲間と磯のショアジギングと、最近始めた「するするスルルー」という釣りをするために行ってきました!



【状況】
釣行日:2021年10月3日
風速:北東5m
天候:曇り/晴
気温:最大27℃、最低20℃
潮周り:中潮
状況:うねり

今回の開始は、6時30分。
DSC_1418
ちょっと前まで夏だったのに、気が付いたらだいぶ日が短くなってきました。
ゆっくりめのスタートです。
DSC_1456
事前情報だと、潮はそこまで早くないって事だったんだけど、見事に激流(笑)
正確には、磯の外洋側が緩くて地方(じかた)向きが激流。
人数の都合で表側ができなかったので、裏を攻める事になりましたが、潮の速さより正面からの爆風が問題😅

するるー全然流せない(笑)

仕方ないので、ショアジキやりつつウロウロしていると、磯の窪みというかなんとなく風を避けれるスポットを発見したので、そこでスルルーを再開することに。

なんとか釣りが成立する状態になったのだけど、潮はどんどん早くなって来て、最終的には洪水みたいな状態に(笑)

まぁ、いつもの事と言えばそうなんだけど、今日は魚も全然当たらなくて昼まで無反応😅

ルアーの方は、たまにメーターくらいのシイラが食うけどそれだけって感じでした💦


そんな中、ショアジキをやっていた仲間が潮替わりのタイミングで何かをヒット!


「シイラかな?」
GOPR0489_1633678411729
と思ったんだけど、それにしては引き方がおかしくて・・・
最近あたってるワフーにしては、最初のダッシュが弱いし、カンパチにしては根に向かわないし、なんだこれ?
って感じだったんですが、まさかの鰤!!!
DSC_1423
しかも、99cmというナイスサイズで、現場は騒然となりました(笑)
時期的にも水温的にも鰤クラスが周るのは、ちょっと早いと思ってたので、全然頭になかったです(^^;

ちなみに、この魚が仲間にとって沖磯初の青物という事で、自分も凄く嬉しくて興奮しました(*^^*)
これは絶対逃がせないと思って、ギャフ打つ手が震えましたよ(笑)

沖磯での青物は彼の悲願だったので、自分としてもこの魚でほぼ満足してしまって、今日はもう良いんじゃねえかって気持ちになりました。



とは言え、この段階では自分はシイラで遊んだだけで本当に何もまともな釣果がなかったので、満足げに鰤の余韻に浸りタバコを吹かす仲間を尻目に、するするしていく(笑)

でも、全然反応なく・・・(つд⊂)エーン


「これは、久しぶりに坊主かもしれん。。。ハタでもルアーで釣って格好付けとくか・・・」

などと考えていた、14時07分(←割に正確に覚えてる(笑))


流していったウキが、根の張りだしの際で変な動きをして止まり、次の瞬間に「スボッ!!!」っと消し込んだ!!


「なんか来た!!!(どうせイスズミやろ)」

っと、仲間を呼びつつ根に擦れないように位置取りを変えながらやり取りしていくと、イスズミとは違う根に向かうような引き


なんか、おかしい・・・根魚のような雰囲気を感じる(;'∀')


アカハタではない事は確信しつつも、明らかに根に着く魚の引き方に、「”アレ”が来たんじゃないか?」という期待と緊張で、またも手が震える💦

見えた魚影は、黄色い!!
一気に浮かして、その勢いのまま抜き上げ!!
DSC_1447
思いっきり叫んだ!フエダイだぁーーーー!!って(≧∇≦)
-dtivv7
これを釣りたくてスルルーをやり始めたと言っても過言ではない魚。
それが、「フエダイ」。究極の美味(笑)
いやぁ、本当に嬉しかった!
九州の方だとけっこう狙って釣ってる方が多い印象ですが、伊豆とか関東エリアではそうはいかないので、めちゃくちゃ嬉しかったです(*^^*)

まぁ、今年は数が多かったみたいなので、チャンスをものにできたかなって感じですね。

これを最後に続く反応はなく、納竿となりました。


今回の釣行は、久しぶりというか磯では珍しく、仲間も自分も思い残す事がない満足できる釣行となりました(^^)
たいがい、何かしら課題が残るんですけどね(笑)
でも、お互いに狙ってた魚を見事に仕留めて、今回の釣行は今後の記憶に残る釣りになったんじゃないかなって思います。
磯でやってると年に何回か、記憶に残る釣りが出来たりするから、磯の釣りは堪らないですね!


今は、自分も身の回りの事がいろいろ落ち着いて、以前のようにガンガン磯に行けるので、これからも楽しみです。
スルルーは、まだ始めたばっかなんですが、そのうちタックルとかまとめていきますね(^^)/

という事で、今回はこれまで。
それでは、また!