9/17



今日は、先週に引き続きオオモンハタ狙いに行ってきました!!



先週の記事にはアカハタ狙いに行きたいと書いたんですが、一緒に行った仲間に拒否されましたw

まあ、オオモンハタは大好きなので全く問題ないのですがw







さて、今回のエリアは前回と同じ沼津エリア



十分に実績のあるポイントで、今日はサイズのみにこだわっていきました!!



が、



先に言っておくと

撃沈および一緒に行った仲間に大敗を喫しましたょ。。。(;一_一)s





まずタックルは、基本部分は前回と同じで



=============================

ロッド:

Rocksweeper NRC-762M-H Kizihata-SP MGS

GRF-TR85"PE special" Houri-Island



リール:

カルカッタコンクエスト200HG

セルテート2500R



ライン:

PE3号+ナイロン25lb(カルカッタ)

PE0.6+ナイロン16lb(セルテート)



リグ:

テキサスリグ(シンカー18~28g+フック1/0~5/0)、ペグ止めなし、ビーズなし

ジグヘッド(10g、14g + ラバースカート)



ルアー:

ドライブシュリンプ4インチ

ドライブクロー3/4インチ

アイシャッドテール3.8/4.8インチ

テナガスティック4.9インチ



今回は、ジグヘッドとテキサスを併用したかったのでスピニングを追加しました。



*一緒に行った友達は、よりライトなタックルセッティングで3インチ前後のルアーを中心にしたスピニング

=============================





エリアの状況:

天気は、一日曇りで風速0~2m

海を見た印象は、ささ濁りで沖目に若干ベイトあり









7:00開始



某堤防

60m程度投げたところで10~12m程度の水深があり、周囲にゴロタがある。沖の地形は、岩場交じりの砂地







まず、最初はテキサスから開始

ルアーはテナガスティック4.9インチ(海で使ってみたかったw)+フック5/0+シンカー28g



小型門前払いのリグですw


DSC_0658

ボトムのずる引きや、リフトアンドフォールで誘います。





ん~

かなり、アタリはあるが乗らない。。。





サイズを下げてスピニングでフォローを入れます!

静ヘッド14g+アイシャッドテール3.8インチ+ラバースカート

(ピントが合っていませんがw)

DSC_0659

ラバースカートは、ジグヘッドのフォールスピードを落とすために付けています。

(アピール力も変化するとは思いますが、体感できるほどではない)

これにより、

重いジグヘッドによる飛距離とスローなフォール(スローな誘い、根がかりのしにくさ)を両立させるのが狙い





実際、答えは早く、一投目で

フォール中にヒットし

DSC_0661

オオモンハタ21cm

(分かってたけど、小さいねw)





テキサスに戻し再開



広範囲に探っていくが

今度は、アタリが遠のいてきた。。。



仕方ないので、サイズを落としドライブクローに変更





ボトムステイで、抑えるようなアタリ

DSC_0672

カサゴ20cm

(いちよ、キーパーではあるがねぇ。。。^_^;)



というか、

カサゴはハタより断然臆病で、ルアーを追う距離も遥かに短いのでカサゴの反応が取れてしまっている段階でハタの反応が悪い状況なのでは。。。と一瞬思いましたが、



ここで、手前の根回りを撃っていた友達が、

25cm前後と30cmアップのオオモンハタをキャッチ!!





頭をよぎった悪い予感も反応が出てるなら大丈夫だ!と、続行









1時間。。。友達も共に釣れず。。。。。



近くの根についているハタが反応しただけで待てど暮らせど回遊のハタが来ない(;一_一)







車で近くのゴロタ磯へ移動





DSC_0663



とりあえず、様子見を兼ねて

静ヘッド14g+アイシャッドテール3.8インチ



沖目に見えた沈み根に向けて、フルキャスト

DSC_0662

オオモンハタ18cm



反応が続かないため小移動



DSC_0669
DSC_0670
DSC_0671



かなり潮通しが良い場所で、ベイトも多くシイラなどの回遊魚も出るポイント





ベイトはかなりいました。。。



友達は、ハタ5本釣りました。。。(小さいけど)

私は、0だけどw





全然、反応が出ないので、

夕まづめ狙いで最初の堤防に戻る。



ここで、もっとも大型の実績がある

静ヘッド14g+アイシャッドテール4.8インチ

で、広く流していく



ボトムのスロー引きで

DSC_0674

カサゴ20cm



テキサスもルアーローテーションしながら、打っていくが

アタリはあっても本アタリがでない。。。



濁りのためなのか、大きいサイズのワームには反応が悪い(;一_一)







友達は?



ハタ+4です。。。







17:00

ひとしきり探りましたが、友達の方にも反応がなくなったので納竿としました。









結果、オオモンハタ



友11  VS  私 2





ひどい結果ですw





ここ最近の雨で反応が鈍ってたのか、ベイトが小さかったのか

すこぶる反応が悪かったですねー





ちなみに、友達が釣ったルアーは全てOSPの『マイラーミノー

超絶リアル系のワームです。

見ればわかりますが、エサにしか見えないので食い渋り時には、

強力な武器になるのかもしれません。(単価が高い以外はwww)





こうゆう、いるけど食わないみたいなときに、出せる引き出しを作ることが私の今後の課題ですね!!!











次週も、平日はほとんど雨模様なので土日のハタの状況は読めませんが、次週もサイズの良いハタを狙いたいと思います!!

 


ロックフィッシング ブログランキングへ