ふふふ



ついに、行ってきましたょ!!!



沖磯へ!!



狙いは、、、、「アカハタ」

岸からだと、なかなか狙いにくいターゲット

今年のハタシーズンも、残り少ないだけにぜひとも釣っておきたいw





場所は、西伊豆

仁科港の渡船、龍弘丸(りゅうこうまる)さん



初めて利用させて頂きましたが、船長が話しやすく非常に印象が良かったですヽ(o´∀`o)ノ

「初めて利用します」って、伝えたら、あとは流れで自然にやってくれたので、助かりましたwww

特に、ルアーゲームに理解がある方なので、

我々のようなルアーマンには、大変おススメできると思います(*^。^*)







5:30 現地到着

(沼津からだと、伊豆中央道を通って1時間半ほど)





6:00 出航

ほとんどが、グレ釣り師の方々でしたが、非常に気さくな方たちでしたw

DSC_0249



乗せていただいた磯が、長さが20m弱ほどの長細い磯で

手前が浅くそこから10mほどの深さまで駆け上がっている磯(というか島)

DSC_0252
DSC_0253



まずは、周囲の海底の状況を探りたいので、

「巻物」から入りました

DSC_0255

ソルティーラバー30g(写真はないけど、ソルティーベイト20g、30g)



思いっきり遠投して、ひたすら巻きます!!!



が、



残念ながら、巻きで反応が出るほど甘くはない様子(-ω-;)





そこで、

テキサスタックルに変更



非常に当たりは多いが、ハタ系の反応はなし

さらに、ライトなタックルに変更すると

DSC_0256

エッちゃん

ヘビ似の顔に赤い目

ちょっと、怖いです(;゚д゚)





んー。。。。(;゚∀゚)

沖磯、、、さすがに11月では、

そう甘くはないな







10:30 磯替え

様子を見に来てくれたタイミングで状況を伝えたら磯を変えてくれました(^o^)丿

なんでも、潮が澄んじゃって反応が悪いとか^_^;



次の磯は、

切り立った崖の地磯のような場所(地続きでなく、でっかい島)

岬上に沖に延びる根が特徴的





始めに、手前の根回りを軽くテキサスで探るも反応はなかったので

ソルティーベイト20gで、手前から延びる岬の沖を撃ってみる



着底からの巻初めで、



ゴンっ!!!!!



ベンダバールが気持ちよく曲がる(p*'v`*q)

DSC_0258
DSC_0260

アカハタ(約30cm)



「釣らせてもらいましたヽ(o´∀`o)ノ

船長ありがとう!!!」




あまり、港周りじゃ狙って獲れないので嬉しかったですw



ちなみに、ベンダバールを使うようになって

当初、ベンダバールは曲がるのでハタゲームには不向きだと思っていましたが、今回磯場で使ってみて

ことごとく、ハタの突っ込みを抑え込んで浮かせられましたw

そのうえで、曲がるので楽しいですねー(*^。^*)







1本目を釣った後すぐ、テキサスで岬の周りを探っていた仲間がヒット

DSC_0270

アカハタ(同じくらいのサイズ)



苦節6時間、お互いに釣れた時には大変な騒ぎようでしたwww





その後、

連発するかなーって思ったけど、反応がなくなる^_^;





12:00

ここで、西風が強くなり海が荒れてきて早上がりになりそうな雰囲気になってくる





ここで、ソルティーベイト+ドライブシュリンプで探っていた仲間がヒット

DSC_0280

上の写真は、足元の根際に潜られていますwww

DSC_0290



ひたすら撃っていたポイントで出たので、

回遊してきたのかもしれませんねw







その後、さらに西風が強くなり迎えの船が来てしまった(;゚Д゚;)

残念ながら、早上がりです。





港に戻る最中なかなかの荒れようでしたが、

自分たちのいた磯場が、それでも普通に釣りができていたのは

船長が風を読んで風裏に案内してくれていたのだと気付くw

ありがたいことです(^u^)



まあ、帰りの船でかなりの潮をかぶりましたがwww









今回の、沖磯釣行

正直、なかなか厳しい釣りでしたw

まあ、シーズン終盤に行ってるので楽ができるとは思っていませんでしたが、それでも型が見れたし、渡船屋さんもすごく感じが良かったので

なかなか楽しい釣りでした(*^。^*)



もし、可能なら11月中にまた同じ渡船屋さんでハタ釣りに行ければいいなと思います(。ゝ∀・)b









次回、今回釣ったアカハタを使った料理ログへ続く


ロックフィッシング ブログランキングへ