今回は、仲間と磯にヒラスズキ狙いに行って来ました!
いちよ名目上は、青物狙いで行ったんですが、当日の風向きやウネリの状況などを見るとどう考えても平鱸って感じの予報(笑)

つまり...心の中は、完全に平鱸一色!
青物はおまけ程度に狙いつつ、平鱸を求めて行って来ました!(^^)


【状況】
釣行日:2020年2月1日
風速:3m 西~西南
天候:曇り/雨
気温:最大12℃、最低6℃
潮周り:小潮
状況:大ウネリ

【ポイント】
場所:南伊豆 中木 沖磯
渡船屋:重五郎屋

【タックル(平鱸)】
ロッド:ワイルドブレーカー109HRB
リール:グラップラー300HG
ライン:PE4号
リーダ:ナイロン50lb 5m

【タックル(プラグ)】
ロッド:ミュートス Duro 100H
リール:キャタリナLD
ライン:PE5号
リーダ:フロロ100lb 10m

この日の海況は、風こそ弱いものの前日まで数日間吹いていた西風によりウネリが残る状況。
予報では、西からの波1.7m程度。

渡った磯は南北に細長く伸びる磯で、西面はウネリをもろに受けて釣りづらい様子...
DSC_5408
仲間と分かれとりあえず自分は、磯の東面(磯裏)から攻める。
DSC_5393
まず様子を見ると、磯裏にある石鯛狙いで使われるスポットに適度なサラシができ、そのまま沖に向かってサラシが払い出しているのが確認できた✨

どうやら、南北に延びる磯にぶつかった西からのウネリが、磯の両端から回り込んで、ここにぶつかり潮目のようなものを形成している様子。

しかも、このスポットは、足元がサラシていて水中の様子が見えないが、テーブル状の張り出しがあり、少し先から階段状に落ちて行っている。

この様子なら、ウネリで押されてきたベイトも潮目で溜まり易く、地形変化や根際に定位する事が多い平鱸を狙うには絶好のスポット(^^♪

さっそく攻めていく!
ルアーは、
アドラシオン125F

今まで一番平鱸を釣り上げたお気に入り中のお気に入りのルアー

波とサラシのタイミングをよく見て、サラシの奥に放った1投目!
着水したらアドラシオンをしっかりと水に噛ませ、足元の張り出しの落ち込みを漂わせるイメージでゆっくりと引いていくと...

唐突に、
『ゴンッ!!!!』
っと手元に伝わる衝撃!

向こう合わせ気味に巻き合わせしていくと、ガンガンと強い引き込みで突っ込む!
水面で見え隠れしながら暴れるそれは、完全に愛しのあの魚!
針の掛かり方を確認し、丁寧にぶっこ抜くと
IMG_20200202_130029_362
ヒラスズキきたぁーーー!!!!(≧∇≦)b
体高と厚みのある素晴らしいコンディション!
何より、このいぶし銀がめっちゃカッコイイ!!

ここ最近、ずっと狙っていたんですが、やたら高水温で推移してきているせいか、反応が薄く苦戦しておりました…
正直、年明けに釣れなかったので、シーズン的に釣れるのは3~4月頃の産卵回復期になるんじゃないかなと思ってました。
まさか、厳寒期の一番難しい時期に釣れるとは思いませんでしたね(笑)


この後、一緒に来た仲間がヒラスズキを釣ったことが無い方だったので、すぐに釣れたポイントに入ってもらいました(*^^*)
しばらく反応が無かったんですが、少しタイミングが変わった所で、同じスポットで見事にヒット!
IMG_20200202_130029_361
DSC_5381
このヒラスズキも、凄くコンディションが良いナイスな個体!
本人も初めて釣ったせいか、もの凄い興奮しておりました(#^.^#)
写真からも、満足感が伝わってくる良い顏をしています(笑)

おめでとうございます(≧▽≦)b


この2本目のヒラスズキ、さんざん打ち倒したポイントで釣れているんですけどね。
けっこうヒラスズキゲームでは、なるべく少ないキャストで、ルアーをあまり見せないようにして釣っていくのが良いとされています。(下手にスレさせないようにするため)
また、いれば簡単に釣れるという意見もあります。

しかしながら、自分の経験的にはさんざん打った場所からでも、このようにタイミングが変われば急に釣れるという経験を頻繁にしてます。
必ずしもサラシを数投して出なかったからと言ってその日のヒラスズキ狙いを諦めるのは、もったいないかなと思います(笑)

何が言いたいかと言うと、今回は仲間の粘り勝ちだったなと思うわけですよ(^^♪
けっこう、朝まづめにサラシを数投して終わる方も多いですからね。
諦めずにやり切った勝利だと思います!


ちなみに、この後は仲間と共に青物も狙ったのですが、午後にボアー195に90cmくらいのワラサがチェイスしてきただけで終了(^^;
DSC_5409
納竿時刻となりました!

釣果的には、ヒラスズキ1本という事で、一般的には微妙な感じもしますが(笑)
ヒラスズキが全然獲れてなかったので、まず2020年の最初の1本が取れて十分に嬉しかったです!
仲間にも、人生で初の磯ヒラを釣ってもらえたので、自分としても非常に感慨深い釣行となりました。

ヒラスズキも、シーズンが遅れているようで、この時期にしてはめちゃくちゃコンディションが良いので、しばらく集中して狙っていきたいなと思います!

それでは、また!