今回は、約1カ月ぶりとなる南伊豆沖磯へ行って来ました!
狙いとしては、ハタなどの根魚と、大好きなカンパチ✨
そして、翌週に大人数で沖磯に渡る予定のため、状況の下見と同時にマグネットブレーキ化したソルティガ35NHの最終調整のために行って来ました('ω')ノ



【状況】
釣行日:9月28日
風速:2m 東
天候:曇り
気温:最大27℃、最低21℃
潮周り:大潮
状況:ややウネリあり

【ポイント】
場所:南伊豆 中木 沖磯
渡船屋:重五郎屋

【タックル(プラグ)】
ロッド:ランナーエクシード B105HH
リール:キャタリナLD
ライン:PE5号
リーダ:ナイロン100lb 10m

【タックル(ジギング)】
ロッド:ミュートス Duro 100H
リール:ソルティガ35NH
ライン:PE4号
リーダ:フロロ80lb 10m

久しぶりの南伊豆
DSC_3689
当日は、風もなくべた凪かと思っていましたが、ややウネリがある状況。
DSC_3702
なにから行こうか悩みつつ、先日買ったマリアのボアー195を試したかったので、まずはそれから始めていく!

とりあえず、ただ巻きで広く打っていくも、開始直後は反応が無く...
それでも、朝まづめなので、しばらく丹念に打っていくと、先に反応を得たのは隣でやっていたヒラスズキ狙いの方!
投げていたプラグに大型のシイラがヒットし、ビッグファイトに!
手前まで、寄せたのは見えましたが、残念ながらラインブレイク...

いかにシイラとは言え、今回の磯は激流なので、その中でのやり取りともなれば、ヒラスズキ用やサーフショアジギタックル程度だと魚の頭をこちらに向ける事も、なかなか難しい。
悪戦苦闘している感じでしたね(^^;

このシイラの反応を皮切りに、トビウオも跳ねだし良い雰囲気に!
直後、自分が投げていたボアー195がウネリの波間で
『ガンッ!!!』
っと強烈にひったくられる!

すぐに水面で跳ねて、メータクラスのシイラだと確認(≧∇≦)
シイラも一気に走ろうとするも、こちらはランナーエクシードB105HHにLDリール
激流の中のメータクラスのシイラでも、成す術がないほどのタックルパワーだ(笑)

走りだそうとする頭を強引に抑え込み、ドラグなど出さずに一気に寄せきる!
ウネリがあるので、波を使って足元のタイドプールにずり上げランディング
DSC_3694
ボアー195入魂である(*^-^*)b
シイラはともかく、ボアーで魚が釣れたのが、なかなか嬉しい!

30秒とかからず一気に寄せ切ったので、シイラもおとなしくポカンとしていて、何が起きたのか分かっていないような感じ(笑)
それでも、シイラが暴れて岩でダメージを受けないように注意しながら、状態を確認してリリース。
元気に帰って行ってくれました('ω')ノ


その後、探っていくも上はシイラばかりなので、ジギングタックルに変更しボトムから探る!
最初は、120gのジグで底が取れていましたが、段々早くなっていき、150gのジグでもかなり流される状況に...💦

厳しい状況ながら、しばらくやっていると潮が緩んだり早まったりするような状況になってきたのを確認✨

ここぞとばかりに、潮が緩んだタイミングで足元近くの地形変化を、120gのジグでややスローピッチに探ると、ボトムから3シャクリくらいで
『ゴンッ!!』
っとヒット!

来た!!!
と思いつつも、最初の突っ込みが無かったので、かなりサイズの良いハタ系の魚か?
と別の期待をしながら浮かせてくると、足元のテラス状の張りだしで急に引き込みだす!

気持ちの良い引きだけど、それでもタックル的には全然余裕の魚で(笑)
水面まで浮かせたところで、ぶっこ抜き!
DSC_3701
50ほどのショゴちゃんでした(*^-^*)
まぁ、でも美味しい大好きな魚!
今回は酒のつまみになって頂く事にしました(笑)

この後は、一日探っていきましたが、メータ前後のシイラはポロポロと釣れるも、残念ながら他の魚の反応は無し。
15時納竿となりました。

今回の沖磯は、晩春頃から数えて、3回目。(予約自体は、15回してる...)
海は荒れすぎていて、なかなか機会が得られませんが、毎回ショゴ~カンパチの反応は得られているし、カンパチの状況は良いのかもしれません。


また、今回は、以前までにマグネットブレーキ化して検証していたソルティガ35NHの実釣での試験。


120g以上のジグをメインに投げましたが、驚異的な安定性を見せてくれました!
正直、ジグを投げているのもありますが、プラグ用で使っているキャタリナLDより投げ易い印象もあります(笑)
いちよ、60gのジグでも扱えるように、チューニングしたつもりですが、今回は潮が速すぎて試す間がなかったですね(笑)
その辺は、今後試していきたいと思います。

それでは、また!