日曜日(2019/07/21)

前回(前日)は、磯に入ろうと南伊豆まで行ったのですが、残念ながらの大荒れで磯には降りれず💦
西伊豆から沼津でライトゲームをしておりました。
不幸中の幸いか、なかなか珍しいハタが釣れたので良ければご覧ください(笑)


明けた日曜日
この日は、仲間とのハタゲームに行って来ましたが、海にはウネリがまだ残り、前日の大荒れで底荒れと思われる酷い濁りが入っておりました(゚Д゚;)

最初のポイントには細かいベイトが見えたものの、ワームを中心に根回りを探るも反応薄く、仲間の一人と自分にアタリのようなものがあっただけで、ヒットはなし💦

しばらく、回遊を待って粘るも反応が獲れなかったため、干潮潮止まり直前に最初のポイントを見切り、より潮の通る岬が絡むスポットへ移動
ディープ隣接のシャローで、急激な駆け上がり際をハタが回遊するスポットだ
先日、40アップのアカハタを獲ったポイントでもある


しかし、沖目や駆け上がりを探るも、誰にも反応はなく...
そのまま迎えた、干潮からの上げ潮が動き始めたタイミング

ワームでの釣りを見切り、メタル系での遠投の釣りに変更
マキッパ30g
小さいベイトが多いのでブレード系なのと、飛距離を上げて探る範囲を拡大するのが狙い✨

数投後、岬状の張り出しの先に投げ、駆け上がりの際を丹念に巻いていくと、沈み根にカツカツ当たった瞬間に、
『ゴンッ!!!』
っと重さのあるバイト!


掛けた場所が非常に根が荒いスポットなので、ロッドに溜めを作りゴリ巻きで一気に寄せる!
なかなかの重量感!!
上がってきたのは・・・
IMG_-2m4mwy
良型のアカハタ!!超でっぷりさん(笑)
状況は悪いながらも、良い魚が出てくれました!
ウネリは入っていましたが、かなりシャローにさしていたので、ベイトを食いに入ってきていたのかもしれません。

この次の、一投で追加でヒット!
IMG_-wlnkqd
イトフエフキダイさん(^^♪
個人的には、夏の風物詩的な魚で、ルアーにも好反応だしけっこう好きな魚(笑)


いやーやはり、シャローのマキッパは強いな!!
本来シャローエリアを攻めるなら、メタル系はボトムを擦ってしまいやすく使いにくい。

しかし、マキッパはリトリーブの際にその形状とブレードの抵抗で、やや頭上がりになるのと、ルアーの腹の部分に何も付いていないので上手く根を回避してくれる。
その上、ブレードの巻き抵抗でレンジトレースがしやすく、かつゆっくりと引く事ができるのだ(^^)/

狙ってるエリアは、1~2mほどの水深であり、30gのメタル系なんて普通に考えたら使えないが、マキッパなら遠投した上でボトムを擦らずにスローに探る事ができる!

シャローの岩礁隊は、根魚にとって餌の宝庫であり、魚影が非常に濃いエリアだが、根掛からずに広く安定して探れるルアーというのは意外と少ない。
メタルジグ並みの遠投性能とシャローレンジをスローに引けるサーチ性能は、シャローの根魚ゲームにおいて最高のメリットになり得るだろう。

もちろん、磯などの深場で鯛ラバの様に巻いて落としてを繰り返す使い方でも凄く強いし、伊豆のゴロタでのハタゲームとかでも有用だと思うので、興味がある方はぜひ使ってみると良いんじゃないかと思います(=゚ω゚)ノ


さて、このポイントは非常に反応が良いので、同行した仲間に譲り自分は他の立ち位置へ移動。
しばらくして、仲間が同じスポットでハタと思われる魚を掛けるも、根に擦られたのかPEをラインブレイク(^^;
本当に悔しそうでした…何より、連れてきた自分が地味に悔しかった💦
ぜひとも、またリベンジに来てほしいものです!



この後、移動もしたりしつつ探っていくも、残念ながら反応得られず・・・納竿となりました。
状況渋く仲間に釣らせられなかったのは残念ですが、また次回も懲りずにビッグサイズのハタを探していこうと思います!

それでは、また!

今回、活躍したタックル