沖堤防での、20時間以上もの釣行を終えて、ゲストハウスに帰ってまいりました(^^)/
これで、今回の奄美遠征の全ての釣りの日程が終了となります…
DSC_1402
4日間に渡る奄美遠征釣行を付き合ってくれた、道具たちに感謝!
なかなか厳しい状況ながらも、奄美独特の魚たちに出会わせてくれました(#^.^#)

この日は、タックルの洗浄・整理と翌日の荷造りをした後、奄美で最初で最後になる宴会です🍺
ゲストハウスのお母さんが、奄美沖堤防で釣れた魚たちをさばいてくれました!

最初は、自分たちでやろうと試みていたのですが、手際に見かねたのか途中から代わってくれまして(笑)
綺麗にさばいてくれました!!
IMG_r1qfps
ゲストハウスということで、他の宿泊客の方達と共同で生活します✨
なので、他の方々にも釣ってきた魚たちを振舞って大宴会になりました(≧∇≦)/
IMG_-lpyiz8
右が、ナンヨウカイワリ。左が、頂いたイシガキダイです!
IMG_-5z1o71
これも、ナンヨウカイワリです(^^♪
魚の量が多すぎて、キントキとかはさばき切れなかったようです(笑)
まぁ、カイワリとイシガキダイだけでも相当な量ですので、全然OKです(^^)/

正直、釣りたての魚だし、高水温の南の海の魚は味わいとしては微妙かなと思っていたんですが・・・
申し訳ございません!!(笑)
めちゃくちゃ美味かったです!
脂の乗ったナンヨウカイワリの旨味とか堪んない。*✧ヾ(。>ㇸ<。)ノ゙✧*。
イシガキダイなんて、当たり前のように最強でした(笑)

IMG_w0u1to
そして、それらの奄美の魚に合わせるのは、奄美の黒糖焼酎🍶
いろいろ種類はあるんですが、みんな味わいがはっきりと違います。
でも、このすっきりとしてしつこくない味わいは、非常に飲みやすくてグイグイいっちゃいますよ(#^.^#)
すっきりしてるので、脂の乗った魚との相性も非常に良い感じでした!

こんな感じで、奄美の魚に舌鼓を打ちつつ、他のお客さんといろんな話をしながら宴会を楽しみました(^^♪
実は、自分は疲れと飲み過ぎで途中でダウン(笑)
なんか知らないけど、一緒に行った仲間は深夜2時頃まで飲んでたようです(゚Д゚;)

とわいえ…
非常ににぎやかで、方々から来られたいろんな方達の話を聞けて、奄美最後の夜は最高に楽しい時間を過ごす事ができました(´;ω;`)ウゥゥ
釣りだけを考えたら、なかなか厳しい部分もあったのだけど、総合的に見たら本当に素晴らしい遠征だったなと思います。

また、今回ゲストハウスを使ったのは初めてだったのですが、なんというのか田舎の実家に帰ってきたかのような懐かしい感じがして、凄く落ち着くことができました。
『魚を釣りに来たんだ!』って気を強く持っていないと、あまりのアットホームな雰囲気に酒を飲んで終わってしまいそうでした(笑)

そして、翌日は静岡へ
DSC_1406
奄美空港✈
DSC_1408
IMG_-yr5wm5
凄く名残惜しいです( ノД`)シクシク…
まだまだ、やりたいことがたくさんあったし、釣りたい魚も山ほどいます…
スジアラ、コクハンアラ、GT・・・言っていったら切りがありません。
夢にまで見た奄美の海…来てみたらさらに夢が膨らんで帰ることとなりました。
今年中、もしくは来年、必ずその夢の一端でも掴みに戻ってきたいと思います!


DSC_1410
成田空港🚌
DSC_1411
三島駅🚃
けっこう道中、大変だったのですが、なんとか地元の三島駅まで帰ってきました!
いや~大変ながらも、最高の遠征でした。
今回、奄美遠征を紹介してくれて一緒に行ってくれた仲間には、旅の間非常に気を遣わせてしまいました。この場を借りて、再度お礼を言いたいと思います(人''▽`)ありがとう☆
今年は、まだまだ遠征の計画がありますので、また一緒に行く機会があれば良いなと思います(^^)/


さて、延々と⑦記事ほど書かせて頂いた、奄美遠征記事もこれで最後となります。
最後まで見て頂いた方は、本当にありがとうございました。
最後に、この記事とは別に、かかった費用や必要な荷物等をまとめた記事をあげたいと思います。

奄美大島は、本当に自然豊かで最高の場所です。
ぜひ、これらの記事を見て、遠征に行ってみたいという方が出てくれれば嬉しいなと思います。


それでは、また!