遊びに行ったついでに、キャタリナLDのキャスト動画を撮ってきました!
1548860118099
キャタリナLDは、チューニングを施していないノーマル機
メインラインにPE5号
リーダーは。ナイロン100lb 10m
ルアーは、パンプキン130(43g)
風向きは、横風で2~3m程度。

飛距離は、60m前後といったところ。
スピニングにPE5号を巻いて扱う事を考えると、割と飛んでる方らしい(笑)
スピニングのように、スプールから糸が回転しながら放出されるわけではないため、ラインに摩擦抵抗がかかりずらく、太糸での飛距離の減衰が少ないのでしょうね。

ただ、個人的にはフルキャストではないので、まだ飛ばせる感覚があります。
まぁ、磯の場合、沖で魚をかけるほど、自分が不利になるので飛距離が正義とは思いませんが、せめて70m台には乗せたいところです。

また、無改造のためブレーキが心もとないが、自分の場合、普段ほとんどベイトしか使わないので、サミングの技術で投げれないことはない。

しかし、通常の小型ロープロベイトリールと比べ、いったん立ち上がったスプールの慣性力が尋常ではなく、ベイトタックルユーザーでもベイトフィネスしかやらない人とか、今までスピニングを使ってた人は、間違いなく投げれないでしょう。
そうゆう方は、30mも飛ばしたら良い方だと思います。
(そのあたりからサミングで慣性力を制御しないといけない)

それに、投げれはするものの、やはり安定性が悪すぎて、テクニックに寄りすぎているのが問題。
これでは、磯で上手く運用できない。
風や波、足場の悪い環境でも、安定して投げれるようにしないといけません。

ということで。
これから少しいじって、この辺を改良していきたいと思います('ω')ノ
進捗があれば、またブログや動画等をあげていきますね!

では、また!