今回は、INX.label(インクス レーベル)よりモニター品として頂きました
この冬発売予定のライトゲーム用ワーム
ベイティ 1.8 &2.3
が届きましたので、さっそく伊豆の海に投入してみました(^^)/

初見で、想像以上の活躍をしてくれたので、ご覧ください(*^▽^*)



【状況】
釣行日:11月25日
潮周り:大潮 下げ5分~満潮
風速:1m 西
天候:晴れ

【ポイント】
場所:伊豆 堤防、ゴロタ
水深:0~10mほどのエリア

【タックル】
ロッド:Fishman Beams inte7.9UL
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:PE0.6号
リーダ:ナイロン4lb 3m


まずは、水温が未だに高いので、小ハタゲームから試して行く!
ベイティ1.8
+ジグヘッド3g
まずは、基本の着底からのただ巻きで探っていくと、
『ゴンッ!!!』
っと、幸先よくヒット!!

DSC_0260
オオモンハタさん(^^♪
DSC_0261
ガッツリと美味しそうに頬張ってますねぇ(*´ω`*)

続けていくと、
DSC_0258
DSC_0278
連発!
この時期だと、比較的ベイトが小さくなり、魚の追いも悪くなるので、こういった小型のベイトフィッシュライクなルアーは抜群に効きますね(^^♪

他にも、着底と同時に飛びついた
DSC_0262
手乗りガッシー(^^)/
DSC_0295
アカハタさん(極小)も釣れてくれました!(^^)/
ワーム自体も確かに小さいのですが、魚は驚くほど小さいので、食い込みの良さも申し分ない様子ですね!

この後、INX.labelのFXB-TS79UL Tres SABIO(サビオ)を使っていた友人がカマスを釣り始めたので、カマス狙いに移行(≧∇≦)/
DSC_0286
日中で、レンジがボトムべったりのため、ボトムワインドで探っていきます!
尺ヘッドD 4g
+ベイティ1.8
ボトムから、1m以内を探るイメージで、3,4回ほどアクションさせて、ゆっくりとカーブフォールさせていきます!
アタリは、カーブフォール中に糸がふけたり「コンッ」っと当たったり「スッ」っと糸を引っ張ったりするような意外と繊細なアタリが出ます(笑)

集中して、探っていくと
DSC_0281
DSC_0283
DSC_0287
DSC_0288
これまた、連発Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
カマスは、日中だとなかなか活性が低くて難しい場合もあるんですが、非常に深いバイトです!

シャッドテール系ワームは、テールが抵抗になるため非常にスローなカーブフォールをすることができます。
そのため、激しいダートで誘った後に、食わせの間を長時間作りやすいです(^^)/
バイトが浅くなりがちなカマスには、非常に有効な王道のメソッドですね!

それと共に、ベイティは非常に針持ちが良く、体感でカマス5~7本は、1本のベイティで釣る事ができます!

カマスって、ワームで釣ってしまうと次々ダメにされてしまうので、コスパが合わないんですが、これくらい釣れるなら、申し分ないんじゃないでしょうか(*^▽^*)
ハードルアーなんかも併せて、ローテーションで狙っていけば、かなりコスパが良いルアーだと思います。

今回は、終始ベイティで釣りまくり、ド日中ながら非常に満足いくカマスゲームでした(笑)
DSC_0296


ここで終わっても良いんですが、実は初投入のベイティさんの活躍は、まだ続きます✨
この日、カマスを釣りすぎて途中で飽きて他の魚を探していたのですが、ちらっと見えたのですよ・・・メバルが!!

まぁ、伊豆の日中のメバルは超スーパータフメバルなので、反応したとしても、ほとんどが好奇心旺盛なマイクロサイズ(;^ω^)
ダメもとで、表層をベイティのスローリトリーブで、誘ってみたら・・・
DSC_0267
釣れちゃったーーーΣ(゚Д゚;エーッ!
超美しいブルーバックの伊豆メバル!!
DSC_0271
メバル自体は、中層にいたのだけど、ベイティを見つけると急浮上してきて、引ったくるようにバイトしていきました(*^▽^*)
反応だけ見れば、「餌を見つけた!」って感じの爽快なバイトでした!

しかも、けっこうアタリも出て、
DSC_0291
追加(*´ω`*)/
最終的には、これの他1本獲って3本の釣果でしたが、伊豆のデイメバルの厳しさを知っていれば、なかなか興味深い結果だと思います(笑)



さて、今回の釣りとしては以上になります!
一日のライトゲームとしては、なかなかに釣れたんじゃないでしょうか(^^)/

伊豆における、ベイティの初陣としては素晴らしかったと思います!
特に、伊豆メバルをド日中に反応させた事には驚かされました(;^ω^)

他の地域では、メバルのデイゲームが確立されているかと思いますが、伊豆のデイメバルは小手先の技で釣れるような魚ではありません。
潮周りや時合、ベイトなどの要素を積み重ねていって初めて釣れるのが『伊豆メバル』という認識なので、日中に複数本食わせてしまったベイティには、秘めたるポテンシャルの高さを感じさせられました!

まだ、水温も高くメバルの活性もイマイチの状況ではありますが、これからメバルのハイシーズンに向けてガンガン使い込んで行きたいと思います!

店頭にベイティが並ぶのは、そう遠くない予定なので、読んで頂いている皆さんも、是非試して頂ければなと思います!

それでは、また!