今回は、久しぶりにシャロー域での
オオモンハタゲームをしてきました!

7月頃では、伊豆のシャローを狙ったゲーム展開で非常に良い手応えを得る事が出来ていました。
7月の記事

しかし、8月に入って台風が想像以上に多く、底荒れと水潮の影響なのかシャロー域は不安定な状況が続いていました。
当然ながら、地磯、沖磯も荒れの影響が濃く、なかなか狙いに行きにくい状況でした。

しばらく堤防周りのライトゲームなどでお茶を濁していましたが、ここに来て
久しぶりに台風が隙を見せてくれたので、ここぞとばかりにシャローエリアに挑戦してきました!(`・ω・´)ゞ



【状況】
釣行日:9月22日
潮周り:中潮 下げ6分~干潮
風速:3m 北東
天候:曇り/雨
気温:最大29℃、最低20℃
海況:凪

【ポイント】
場所:伊豆
水深:0~5mほどのエリア

【タックル】
ロッド:TULALA ハーモニクス コローナ106
リール:カルカッタコンクエスト200HG
ライン:PE2.5号
リーダ:ナイロン25lb 5m

開始は、6時前
干潮まで3時間弱といったタイミング

本命のポイントがまだ、潮位が高いため近くの岬状のポイントで開始
DSC_0477
見れば水面に小さな波紋が確認できるので、ベイトはかなり入っている様子
「(回遊を待たなくとも夜のうちに入ってる個体がいるかもなぁ~)」
と思い初手はジグヘッドで丹念に攻めていく事にする!

ルアーは
ジグヘッド14g
+スワールテールシャッド4.8

地形変化とベイトが絡むコースを攻めていくと、
巻きからのフォールで
「ヌンッ!!」
っと引っ張るようなアタリ!

いやいやいや、これはおかしい(笑)

なんて思って巻いていくと、また
「ヌンッ!!」

これは・・・完全にイカだな(笑)
スワシャのプニフワ触感にお触りしたい気持ちは分かるが、けしからんやつだ(笑)

この後、全方位巻いていくも当たるのはイカのみ(;^_^A
どうも、潮の動きが悪い様子。
翌日は大潮だし、かなり流れても良いはずなのに(-ω-;)ウーン

こんな時は、波動強めが効くことがあるので
ロックンチャター21g
+スワールテールシャッド4.8
を投入するも、周囲にやたら溜まっているボラが、波動に驚いて暴れてしまうので、仕方なく断念Σ(゚д゚lll)ガーン

(まだまだ引き出しはあるよ(笑))

次にロックンチャターより波動を少し落とすべく投入した
スピナーベイト
+スワールテールシャッド3.8
DSC_0476
どうでもいいが、ブレードの回転とスワシャの回転波動の、『ダブルサイクロン的な何か』が良いんじゃないかと思ってる(笑)
まぁ、本当のイメージを言うと、スワシャの波動と平行に付いたブレードの波動で、群れで泳ぐベイトの波動を再現できないかという考え。
よくあるブレードチューンは、ジグヘッドかワームに直接付けて、ワーム自体のアピールを強化しようって感じだけど、それとはちょっと違うイメージ。

使い方はジグヘッドと同じように、遠投してボトムから巻いていく!
10回ほど巻いて、再着底からの巻き上げで
「ガンッ!!」
っと、アタルもワームだけ千切られて乗らず💦

カラーを変えて再投入すると、
「ガンッ!!」
っと再びヒット!

やたら、首を振っていてどうにもおかしい(笑)
上がってきたのは、
DSC_0464
えっちゃん( ゚Д゚)
分かってた!!
釣れてくれたのは嬉しいけど、君じゃない(笑)

続けていくと・・・
DSC_0466
えっちゃん!
DSC_0468
えっ・・・ちゃん(;´Д`)

連発である(笑)
ルアーを変えて、明らかに魚の反応は変わったけど、どうやらはめる方向性を間違えたらしい(汗)

しばらく続けていくも、エっちゃんの猛攻の割に、潮が動かない。
本来なら、潮が走って良いタイミングなのに、全然動き始めないので、
「(朝まづめに、ここで回遊を待っても来ないかもしれない)」
と、早々に見切って移動を決断。

そんなに大移動はしていないけど、先ほどよりは潮の当たるポイント
先ほどの場所より、遥かに浅い岬周り

立ち位置は岬の根本付近。
沖目を見ると、
立ち位置から60mほど先
岬の先にベイトの群れがざわついているのが見える。


さすがに、ジグヘッドでは届かないので
撃投エアロ30g
(メタルジグ)
に変更!


ベイトの先80mほどの距離に着水させて、ボトムから1ピッチジャーク数回と再着底を繰り返しながら探っていく。
ベイトの群れに近づいた時、再着底からの3回目位のジャークで

「ゴンッ!!!!!」
重厚感のある強烈なバイト!!


合わせた瞬間、微動だにしなかったので「根掛かりか?」と思ったのもつかの間、
即座に強烈な横っ走りを初めて、根に向かって突っ込んでいく!


ドラグフルロックで、魚の力をまともに受け止めている事もあって

「体に感じるパワーは半端じゃない」


自然と、コローナのバット部分にある
ファイティング用のグリップを握らされてしまった(;'∀')
ここを使うのは、南伊豆のウミ〇メさん以来(笑)

ドラグを出されずとも下方向へのトルクが凄く、遠方で掛けてしまった事もあって、
3m以下の水深なのに浮かしきれない(;´Д`)


ファイト時間2~3分だろうが、その中で多くの根をかわし、乗り越え、激戦の末見えたそれは・・・

「デカイ!!💦」

想像以上のサイズに、久しぶりに気持ちが焦る
抜けるだろうか...糸のダメージはどうか...フックのかかりは...
頭の中はぐるぐるしていたけど、日々の鍛錬の成果なのかランディングは体が勝手にやってくれた(笑)

岩の上にずり上げたそれは、
DSC_0494
超良型オオモンハタ!
サイズにして、
DSC_0475
46cm!!

スーパーカッコイイ!!!
なんというファイター!なんという美しい魚だろう!
本当に感動できる1尾でした!

台風の連打で、悶々としておりましたが、我慢した分のプレゼントが用意されていたようです( ノД`)シクシク…

さらに、続くか?!と期待しつつ
この後、ジグをベースにワームなどを織り交ぜながら探りましたが
DSC_0481
DSC_0482
良型は続かず。
まぁ、2匹目のドジョウがいるほど現実は甘くはないな(笑)
そして残念ながら、ここで潮止まりのため納竿となりました。


さて、今回の魚でまた少し研究が進みましたよ(笑)
以前にも書きましたが、自分が求めるのは「ショアから50UPを獲れるパターンを見つけること」
時折、交通事故的にショアから上がる50UP。
過去には、自分も獲っているけど、その釣れる原理が分からない。
でも、何か理由なり法則なりがあって、そいつらはそこにいるはず。

既に過去の実績から、良型のオオモンが回遊するタイミングに、ある程度の共通性が見えてる。
『多分、ある。』
50UPが獲れるパターンないし、50UPが回遊しやすいパターンというものが(^_-)-☆
少なくとも、自分はそう信じています。

まだまだ、オオモンハタの研究は続きます(笑)

それでは、また!