さぁ!
待ちに待った時が来ましたよ!(*´▽`*)
【INX.label】 スワールテールシャッド
ついに、発売になりました!!
DSC_3215
発売までの道のりがずいぶん大変だったみたいですが、無事発売になって良かったです(*´ω`*)

そして、待ちに待って着弾したそれは、
非常に生めかしく素敵じゃないかっ(≧∇≦)/
ラメの入れ方なんて、カラーによって変えているようだし作り込み方が凄い!
DSC_3237
なにより、超感触が良い!完全に耳たぶです(笑)

いや~これが、本当に欲しかったんです!!
別に、触りご心地が良いからではありません(笑)

今回は、その辺の話を踏まえつつ、実釣&初見インプレを書いていきたいと思います!



まず、
『スワールテールシャッドをなんで欲しかったのか?』

今、ハタゲームの巻きの釣りでメインに使っているワームに、
様々な状況で『オールマイティーに使える物』が
欲しかったんです(^^♪

実は、自分が巻きでメインに使っているワームの種類は、現在わずか2種類しかありません。
1つが、大ボリュームと強波動で魚を引き寄せるバルト(エコギア)
t2p2dwfgtjzr4pdicv2d-c2aed25c
もう1つが、微波動でベイトフィッシュライクなアイシャッドテール(ジャッカル)
DSC_2945
この2種は、状況によって使い分けていて、ざっくり言うと、大場所や魚の付き場が分からないポイントでは強波動のバルト。
ピンスポットや渋い状況では、食わせの能力を意識した微波動系のアイシャッドテールです。

一見すると、強波動系と微波動系で使い分けられているように見えますが、その実
アクションの強さに開きがありすぎるのです。
それぞれが極端すぎて、使う場所を選ぶ傾向を感じています。
例えば、堤防では微波動のアイシャッドテールは強いですが、磯のような大場所ではあまり効果を感じません。強波動のバルトは、逆です。


これだと、けっきょく現地で使える戦術に限りができてしまうため、
獲り切れていない魚がいるのでは?
とずっと思っていたのです。

強波動と微波動、誘いと食わせ、その要素の間を埋めれて、
ショア~オフショア、堤防~沖磯でオールマイティーに使える万能性がある
食わせの要素と適度な波動を持ったワームを求めていたのです!


それゆえの、スワールテールシャッド!!
DSC_3235
このスワールテールシャッドをネットで初めて見た時に、
『ビビッ!!』っと来たのです(≧∇≦)/
素材が柔らかで、食わせ重視のアピール弱めなのかと思いきや、スプーンのようなしっかりとしたテールに、適度な体高とボリューム感があり、アピール力も期待できそうだと(^^♪
DSC_3233
ちなみに、1軍で使っている前線メンバーと、サイズ感を比べるとこんな感じ!
DSC_3242
(上)アイシャッドテール3.8
(中)スワールテールシャッド3.8
(下)バルト4

テールのサイズ感は、こんな感じ!
DSC_3243
(右)アイシャッドテール3.8
(中)スワールテールシャッド3.8
(左)バルト4

伊豆では、割と使われているバルトほどのボリュームとテールの強さはないが、ストレート系のシャッドとしては一般的なサイズである、アイシャッドテールよりは強い。

非常に幅広く使い勝手が良さそうで、オールマイティーに活躍してくれそうでしょ!(^^)/

ということで、
さっそく海に持って行って使ってみました(#^.^#)
DSC_3223
当日は、残念ながら台風の接近もあり気候が不安定で、良いとは言えない状況。
とりあえず、巻きの釣りから試していく!
ジグヘッド7g
+スワールテールシャッド3.8
水深にして、10m以上あろうかというディープエリアの着底からの巻き上げ
ボトムから、1~2mほど浮かした所で『ゴンッ!!!』
DSC_3222
オオモンハタさん(#^.^#)

ふむ(。-`ω-)
非常に適度な巻き抵抗で、巻き心地は良い感じですね!
ハタの反応にも、違和感を感じないし使いやすいですね👍


キャストの飛距離としても、失速しやすいシャッドテールタイプながらよく飛びます!
素材が柔らかいため、抵抗になりにくいのかもしれませんね♪

次は、シャローエリア!
同じセッティングで、リフト&フォールで誘っていくと、着底の瞬間に
『グンッ!!』っと抑え込むアタリ!
DSC_3224
ちびモンちゃん(*´ω`*)

サイズは、小さいけど・・・この丸飲みバイトは、素晴らしい✨
よく見ればわかると思うけど、テール部分が折り畳まれた状態で口に収まっています!
この食い込みの良さは、想像以上です。

バルトならまず有り得ない(笑)

こんな小さい魚も違和感なく食い込めるなら、サイズのある魚なら何の問題もないでしょう(#^.^#)

DSC_3227
他にも、引ったくりバイトの横ぐわえオオモンハタさん
IMG_b3qicu
少しサイズアップのオオモンハタさん(#^.^#)
DSC_3230
ガップリ行ってます!

非常に反応がよく、リフト&フォール入れ食い(笑)
スワールテールシャッドは、軽量ジグヘッドのリフト&フォールでも、ちゃんとテールが動いてアピールできるようです!

当たり前だろ?って思われたかもだけど、しっかりした強めのテールが付いているワームって、軽量ジグヘッドのフォールだとテールが動きにくいんですよね(;^ω^)

ワームには相性の良いジグヘッドと重さってものがあると思うんだけど、意外とそうゆう部分でバイトチャンスを減らしてる人もいるんじゃないかな(^^)/

スワールテールシャッドは軽量から重めのリグまで、対応幅が広いという点で、渋い状況から食いが良い状況まで、幅広く使えそうです(*^▽^*)


さて!
まぁ、これ以外にも使い方として色々気が付いた事があるので、書きたいことは山ほどあるのですが、だいぶ記事が長くなってしまったので、それは今後の実釣の中で紹介&研究していこうと思います。

今後スワールテールシャッドは自分の中の新しい引き出しになってくれると思います(^^♪
試してみたい事がたくさんあるので、これから使い込んでいくのが楽しみですね!



ちなみに、INX.labelのFish.inの方でスワールテールシャッドの販売が始まったみたいなので、良ければ試してみてください(#^.^#)

以下、販売ページへのリンク↓
Fish.IN- スワールテールシャッド販売ページ

楽天とAmazonはこちらをどうぞ!

それでは、また!