さて!!



せっかく沖磯まで行って釣ったアカハタは、おいしく食べてあげよう!!

ということで、料理のログを書いてみようと思います(*^。^*)





作るのは、、、、「アカハタ飯」



鯛めし的なw

まあ、赤いし?w

白身だし?w

いけるんじゃないかなーってことで、作ってみました( ̄ー ̄)





どうせだから、作り方を書きますねw





1.出汁づくり

水に、昆布を入れて弱火で火にかけます

DSC_0295
DSC_0298

沸騰する直前に、昆布を引き上げます。

昆布は、後で使うので取っておきます。



あと出汁は、少し多めに作っときます。

後で、お茶漬けに使うので(^u^)





2.米を洗って水に漬けとく

DSC_0314

2合の米を洗って30分ほど水に漬けておきます。

火が通りやすくなって、美味しく炊けます(ざっくりといってますがw)







3.アカハタをさばきます(下処理済み)

DSC_0301
DSC_0304

ハタは、尻尾以外全部使います。

写真はありませんが、頭を落とし出汁が出やすくなるように下あごを割ります。

尻尾は、付け根のあたりで切り落とします。(炊飯器に入らないのでw)





4.熱湯をかけて汚れや臭みを取ります

DSC_0307
DSC_0309

ぬめりや臭みも落ち、取りそこなった鱗が浮いて取りやすくなります。





5.切り身を焼きます

DSC_0312

香ばしくなりますwww

(いよいよ、書き方が適当になってきたwww)





6.米と調味料とハタを合わせて炊きます

DSC_0319 - コピー

酒:大さじ2

みりん:大さじ2

薄口醤油:大さじ2

さっき出汁を取った昆布

さっき取った出汁を2合の目盛りまで入れます。



焼いたハタをぶっこみます!

DSC_0320 - コピー

すでに、いい感じです(*^。^*)

そして、炊きますw






7.炊きあがり

DSC_0329 - コピー

良いんじゃないでしょうか(ノ)゚∀゚(ヾ)



湯気がなんとなく映ってるのが良いよねw



頭とヒレと骨を取り除き、身をほぐして全体をざっくりと混ぜ合わせます





8.盛り付け

三つ葉と小口ねぎを用意して

DSC_0326

三つ葉は、ざっくりと切り分け

ねぎは、細かく切ります。

男料理なので、切り方は、好みでいいと思いますw



ハタ飯をお椀に盛って、ねぎと三つ葉をかけます。

DSC_0333 - コピー
DSC_0335 - コピー

ヤバいです(p*'∀`*q)盛り付けの下手さがwww



8.食べます

盛り付けは、あれですがw

味は、すっごい美味しかったです!!



なんというのか、身はふっくらしてて甘みもあって

獰猛な魚の割に、すごく優しい味でした(*^。^*)

素晴らしいです!!!

(表現力の無さは許してくださいw)




9.お茶漬け

一杯食べたら、

最初にとった、昆布の出汁をかけてお茶漬けを楽しみました(´゚∀゚`)

DSC_0339 - コピー

わさびが、練りワサビなのが残念ですが

これもまた美味い!!



鯛飯で作った鯛茶漬けも好きですが、これも負けず劣らず美味いです!



もう何本かあったら、これに刺身と煮つけと塩焼きと

。。。って付けるんですが残念です



とはいえ、2合全部食べたので大満足ですがねwww









どの魚でも、釣ってきた魚を食べると思うんですが

また釣りに行きたいなーって思います(^u^)



釣りは、計画から実際の釣行、釣り後の魚料理で楽しむまで、

一貫した楽しみ方ができるのが、一つの魅力だと思いますd(ゝ∀・*)





それに、本当にうまい魚を味わえるのは、釣り人の特権ですよねw









さあーて、次は何を釣ろうかなw

たぶん、、、ロックフィッシュだけどwww

 


ロックフィッシング ブログランキングへ