伊豆には、非常に多くの渡船屋さんがありますが
自分が実際に行った(行っている)中で、人に安心して勧められるものを紹介します!




さて!
初見で、渡船屋さんに行こうと思った時に誰もが気にするのは大きくわけて
・渡船屋さん(船長)の対応/人柄
・渡船屋さんでの作法
じゃないでしょうか?


渡船屋さんでの作法は、現地に行ってお店の人に聞けば、どうとでもなるので渡船屋さん選びとは別物でしょう。
(最低限、準備しなければならない物等がありますが、それは別記事でまた書こうと思います。)

やはり、最終的に渡船屋さんを選ぶ上での最大のポイントは、渡船屋さんの特に船長の人柄が重要になると思います。
意気揚々と、期待に胸膨らませて行ってはみたが、船長の対応が悪くて気持ちよく釣りができなかったのでは、わざわざお金を払ってまで沖磯に行ったのが無意味のように感じてしまいます。
逆に、良い渡船屋(船長)に出会えれば、ネットを見ているだけでは手に入らない鮮度の良い情報を得られたり、現地で出会った釣り人や船長との釣り談義を楽しめるなど、ただ釣りをする以上の付加価値を得ることができます!
(意外と、タチの悪い店もあるのですw)


今回は、このようなポイントを考慮して3つの渡船屋を紹介します!
(他にも、良い渡船屋さんはたくさんありますが、それは追々紹介します)


1.龍海丸


西伊豆の仁科港にある龍海丸さんです。
龍海丸HP
場所は、ここです。
龍海丸
沼津から、1時間半ほどで行けるので比較的アクセスの良い渡船屋さんです。
駐車場は、漁港に無料で止めれて、車のすぐ目の前から船に乗ることができます。

乗船する際には、乗船時間に船の前で待っていれば、船長が来て乗船名簿を回してくれるので、名前や連絡先等を記載して、船に乗ります。
渡る磯は、船長が選んでくれるので、船で指示を待ちましょう。
(予約する際に、狙う魚と釣り方を伝えるので、それによって選んでくれます。)
DSC_0249
重要な船長の人柄ですが、非常に優しげのある良い人です!
船長と言うと『我こそは』みたいな、男気のありそうなイメージがあるかもしれませんが、若干腰の低さも感じるような人で、悪い印象を覚える方は少ないんじゃないでしょうか。
若い息子さんも、一緒に乗っていて素敵な好青年ですw
いずれ、船長が交代される日が楽しみですね(^^♪

また、ここは自分が最初に行った思い出のある渡船屋さんでもあります。
その時は、(もちろんw)アカハタを釣りに行きましたが、思わぬ大苦戦でした・・・
しかし、船長のはからいで移動した磯で何とかアカハタを出すことができました!
詳細はこちらのリンクをそうぞ!
西伊豆の沖磯アカハタゲーム

非常に釣りのしやすい磯が多く、船長の感じも良いので非常におすすめです!
初の渡船ということであれば、龍海丸さんは良い選択だと思います!

2.愛海丸


西伊豆は、松崎の先にある雲見
という場所の愛海丸さんです。
愛海丸HP
場所は、ここです。
愛海丸
沼津からだと、2時間くらいですね。
西側の海沿いを走ると松崎から先は、曲がりくねってるので若干行きづらい感じがあるのですが、非常に海が美しい場所で、ダイビングスポットとしても有名な場所なので、ぜひ一度は行ってみて頂きたい渡船屋さんです。

ここは、店の前に駐車場があり、そこに止める事ができます。
乗船時間の少し前に、店内で乗船名簿に名前等を記載します。
(サービスで、お茶をもらえますw)
この時に渡船屋さんのトラックに荷物を載せてもらえるので、クーラーやバッカン等を船まで運んでもらえます。
壊れてこまるようなロッドなどは、ケースに入れるか手で運ぶと良いでしょう。
(港までは、5分ほどです。)
愛海丸_徒歩

この渡船屋さんも、磯は選んでくれますので、釣り物は電話で伝えましょう。
また、100円でお弁当も付くので、予約の際にぜひ利用してみると良いです。
(けっこうしっかりした、お弁当ですw)

船長が、どんな人かと言うと・・・非常に気さくな面白い人です!
むしろ、勢いに飲まれるかもしれませんw
でも、そのせいか集まってくるお客さんも、気さくな人が多い気がしますw
凄く気持ちよく釣りができます!

また、ここはハタのルアーゲームを推している渡船屋さんで(エコギアの策略w)非常にルアーゲームに理解があります!
そのせいか、分かりませんが磯替わりを三回もしてくれましたwww
(普通の渡船屋さんは、1回程度)
最初に行った時はまさか、沖磯でランガンをするとは思いませんでしたね!

この渡船屋さんは、何も気にする事無く気持ちよく利用できると思います(^^)/
非常にオススメできる渡船屋さん(特にハタ)なので、ぜひ利用してみてください!

3.重五郎屋 中木丸


南伊豆の中木という場所にある重五郎屋 中木丸です。
重五郎屋 中木丸HP
場所は、ここです。
重五郎屋
沼津からだと、2時間弱といったとこでしょうか。
とわいえ、沼津方面からだと天城越えが面倒ではありますが東伊豆に出れば、道路はしっかりしてるので意外と行きやすい渡船屋さんです。

駐車場は、店の前に広大なものがあります。
(夏は、砂浜への渡船客が多いので早めに行った方が良いです。)
DSC_0611
この渡船屋さんは、だいたい出船時間の30分前にお店の電気が付くので、そこで乗船名簿に記載をしましょう。
乗船は、駐車場の奥に船が付くので、車のすぐ近くから乗れます。
出船前に、常連の方とかが道具を海沿いに並べるので、それを見て荷物を近くに持っていきましょう。
ルアーをする方は、できれば最後の方に乗るのをおすすめしておきます。
(これは、ローカルルールとかではない)
中木に行くルアーマンは、青物が多いと思いますが、青物狙いの一番のポイントであるカツオ島は他の渡船屋さんとの競合が激しいので最初に付けます。
なので、最初に青物狙いのルアーマンが下りることになるので、船には最後に乗った方が都合が良いというわけです。

ここの船長ですが・・・お客に魚を釣らせることに本気な熱い船長です!!
若い船長なんですが、なんとかして1本を釣らせようという熱い想いが伝わってくるので
私は、特に好きな船長です(*^▽^*)
でも、適当な事してると怒られますよw

ただ、中木は少々上級者向きかもしれません。
潮が速いし深いので、ちゃんとした安全管理ができる人でないと危ないです。

でも、私は中木の沖磯が一番好きです!!
東伊豆や西伊豆とは、一線を画す地形と潮で非常に面白いです。
詳細は、過去の記事を見てください。

南伊豆『重五郎屋』さんで、沖磯アカハタ調査('◇')ゞ

南伊豆の沖磯ハタゲーム!ナイスなオオモンハタが出たぞ!



それに、非常に夢のあるエリアで、モロコがジグに食ってきたり、10キロ越えのヒラマサが上がったり、超大型のホウセキハタが釣れたりと言った事件がちょくちょく起きますw
ロマンが他の磯と違うので最近は、もっぱら中木通いですね!

あと、ここの船長との談義は非常に面白いです!
今までの様々な中木の伝説を聞くと、胸が高鳴ります(*´ω`*)
毎回ついつい話し込んでしまうので、磯上がり後1時間くらい話してるのも、ちょくちょくですw

個人的には、一押しの渡船屋さんですので、ぜひ夢を追う釣り人には行ってみてほしい場所です!



以上です。
これ以外にも、様々な渡船屋さんがありますので、またいずれ紹介したいと思います!!
これから沖磯に挑戦しよう!他の渡船屋さんを利用してみよう!という皆さんに、少しでも助けになれば幸いです(*^▽^*)

関連記事
渡船屋さんの予約の仕方から当日の作法まで解説します!
沖磯に渡る上で、最低限必要な装備!