根魚探しのメモ帳【裏紙】

海でのロックフィッシュをメインに、ルアーで狙えるものをいろいろ狙っていきます!
フィールドのメインは、静岡・伊豆周辺です。
また、ベイトタックルが大好きで最近ではほとんどベイトでやり通しています!
ベイトタックル好きの方、ロックフィッシュ好きの方は特に歓迎です(*^▽^*)

このブログでは、釣行記や魚、釣りに関する記事をメインに書いていきます。
ときどき、日常の雑多な記事や食べ物、料理なんかの記事も書いたりします('ω')ノ
fimoの方にも記事があるのでよろしくです!
‣根魚探しのメモ帳
徐々にfimoからこちらのブログに記事を移設していくので、最終的に統合します。

【掲示板】

【チャンネル最新動画】

2018年2月25日(日)

前日は、沼津でのカサゴゲームでしたが(笑)

記事:沼津のカサゴ!穴打ちゲームが面白い(#^.^#)

今回は、『伊豆のムラソイゲーム』

ムラソイとカサゴは、非常によく似ていて初心者では見分けがつかないかもしれません(笑)
しかし、習性といった部分には微妙な違いがあり、生息数は沼津界隈ではカサゴに比較して少なめな印象。
沼津界隈で釣る事が多い私は、カサゴに比べれば圧倒的に釣った数が少ない魚です。

時期的には、少し早いですが久しぶりに会いたくなったので、伊豆のソイエリアへ出かけてきました('ω')ノ
DSC_2129
狙うのは、このような岩場

狙い方は、カサゴと同じく岩影を狙いますが、カサゴよりさらに奥へタイトに狙うことを心掛けると良いです!

かなりアグレッシブな魚で、(個人的には)カサゴより勢いよく襲い掛かってきます!!
そして、次の瞬間には岩の奥に潜り込んでしまいます(笑)

なので、使うタックルは根ずれに強い太めのフロロなどが使えるベイトフィネスタックルがオススメ!

ワームや各種プラグ類を岩影の奥に、フリップキャストなどで潜り込ませて誘います!
非常にパワフルな魚なので、小型でもけっこう楽しめますよ!
DSC_2126
DSC_2119
これから、春シーズンあたりからが面白くなってきて、尺クラスなんて相当なパワーですよ(笑)
ぜひ、楽しんでみてください!

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">


関連記事
沼津のカサゴ!穴打ちゲームが面白い(#^.^#)

【インプレ】Fishman Beams inte 7.9ULを語ろうじゃないか

2018年2月24日(土)

仕事のストレス解消を兼ねて、
癒し『カサゴ穴打ちゲーム』に行ってきました!

沼津は、穴打ちのできる適度な岩場が多く、非常に楽しめます!
特に日中に潮がよく引く、春から秋の暖かいシーズンは最適です(*´ω`*)

狙うのは、こういった岩場
DSC_2109

岩と岩の間を、ワームやプラグ類で探れば飛びついてきます!
DSC_2108

プラグは、ミノー類でも釣れますが、オススメは『ミニマル』(笑)
特に視認性の高い白系のカラーがオススメ!!
岩の際に打ち込んで、ボトムステイでユラユラと揺らめく動きで誘います。
カサゴは、けっこう臆病なのでルアーの直前まで見に来ても、食わないこともあります。
そんな時は、小さくクイックに5cmくらい跳ね上げると反応して飛びついたりするので、面白いですよ~(#^.^#)

こんな小さなカサゴも、プラグに好反応を示すので、プラグであまりカサゴを釣ったことがない方も、容易に楽しめますよ!!
DSC_2104
様々なルアーや釣り方で楽しめますので、ルアーに対する反応を見るという意味でも、面白いです!
ミノーのトゥイッチングや小さなクランクでのクランキングなど、非常に楽しめる幅が広い釣りです(*^▽^*)
DSC_2107
DSC_2106

普段、狙っている魚が釣れないときや短時間で遊びたい時などは、特にオススメなのでぜひ遊んでみてください!

ただ、魚をもし持ち帰るなら『必要最小限』にするようにしてくださいね!
根魚は、イワシやアジなどのように大きく回遊する魚ではないですから、抜けば抜いただけそのポイントから数を減らしてしまいます。
その点、注意して楽しく遊んでくださいね(笑)

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">


次の記事
カサゴとは違う釣り味!伊豆の穴打ちムラソイゲーム!


関連記事
2/17 西伊豆の『メバルゲーム』と『プラグのアジw』

【動画付き】連日の西伊豆 メバルゲーム!第2戦!!

ついに、届きましたよ!
アブガルシア2018年期待の新作リール『RevoSX』

さっそく、試投してきたのでインプレを書きたいと思います(>_<)/
DSC_2114
ちなみに試投した際の様子は、前回の記事を!(下)
Fishman Brist Vendavalのキャストをスローで撮影してみたら曲がりが凄かったw

また、スペックなどの考察については過去記事にもあるので(以下)見てみて下さい!
【AbuGarcia】2018年新作ベイトリール Revo SX がもうすぐ発売だぁ(≧∇≦)

ロックフィッシュに期待の2018年新型『Revo』が発売されたぞ!



さて、それではインプレを始めます!
とわいえ、細かなインプレ記事は他の方のブログや実釣した後の次回以降の記事に回すとして(笑)

封を開け、キャストしてみて特に気になったポイントを書きますね!!
DSC_2097

スプールが重い!


持った瞬間に、スプールが重いと第一印象で感じましたw
DSC_2132
それこそ、今回PE2号を200m(巻きすぎw)巻いたせいで総重量は・・・
DSC_2133 (2)
30g!!!

これが、どれくらい重いかというとPE2.5号を巻いたカルカッタコンクエスト200のスプールが、
DSC_2135 (2)
24g(;^ω^)
巻いてある糸の量や太さが違うので、一概には比較できませんが仮にカルカッタコンクエスト200のスプールに糸を満タンに巻いても30gには及びません(笑)

『これって、どうなの?』
と思うでしょ?(笑)

最近は、ベイトフィネスが流行りなので軽量なスプールがもてはやされがちですが、重量級のスプールが悪いわけではありません。

スプールを重くすることで得られるメリットは大きく分けて2つ!

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7376920971">


1.キャストした瞬間のバックラが激減する!
重たいスプールは、キャストした瞬間の回転の立ち上がりが滑らかなため、ベイトタックルにありがちなキャストした瞬間の「ガッ!」というバックラが激減します(*´ω`*)

最近、(Fishmanの西村さんが火付け役な気がしますが)シマノから出ているグラップラー300というオフショア用のリールのハンドルを変えて、キャスティングに使うというスタイルがコアなベイトアングラーの中で人気が出ています!(私も持ってます(笑))

人気な理由は、いろいろありますが、一つには大容量のスプールによる(重さによる)立ち上がりのマイルドさによってキャストがし易くなるためです。

『Revo SX』には、グラップラーほどの糸巻き量はありませんが、スプール自体の重量が重いのでそれと同様の効果をもたらしてくれるはずです!


2.ロングキャストがしやすくなる!
ベイトリールには『太糸が巻ける』というメリットがあります。
これは大きなメリットなのですが、キャスト後に糸が放出されるにつれ、スプール重量が急激に目減りしてしまいます。(スプール重量に占める糸の割合が大きくなるので)
これによって、キャスト後半でスプールの慣性が弱まって、飛距離が伸びにくくなります。
(セッティングによっては逆に、速度が立ち上がりすぎる)

ですが、その点『Revo SX』はスプール自体が重いので、安定したロングキャストがしやすくなります(>_<)/

ただ、私のようにPE2号を200m巻くというような無茶をすると、キャスト後半で速度が落ちてこないのでロングキャストができる反面、着水サミングをしっかりしないとバックラに繋がります(;^ω^)
慣れるまでは、150mほどに抑えておく方が良いかと思います!


また、ロングキャストという点で見ると今回の試投で使ったロッド(Fishman Brist Vendaval 89M)のようにキャストした瞬間の反発力が異常な(笑)ロッドとの相性は抜群!
Untitled
最初のスプールの立ち上げに必要なエネルギーをロッドが補い、スプールの回転を立ち上げ過ぎてしまう反発力の強いロッドの欠点を、逆に補ってくれます(#^.^#)
(今回投げた、20gのジグで70m前後くらいの飛距離でした)

これらの点を見ると、もちろんヘビーユーザの期待に応えられる性能なのは間違いないですが、まだベイトタックルが苦手な方が使っても、安定した性能を発揮できるんじゃないかと思います!

ぜひ、ベイトタックル初心者の方や苦手な方にこそ使ってもらいたいリールです!!



ヘビーユーザの方には、ぜひ重たいルアーなどを思いっきりぶん投げて頂きたい!(笑)
今回、試投では使いませんでしたが(忘れたw)30g、40gのジグを投げたら、驚異的な飛距離が出るんじゃないかと思います!


そして最後に、このリールの大きなメリットは、価格が非常に安いということ!
現在、15000~16000円で購入する事ができます!(値段はURL参照)
https://hb.afl.rakuten.co.jp/revo_sx

アブガルシア(Abu Garcia) REVO SX(レボ エスエックス) 1430427【あす楽対応】
by カエレバ


個人的には、もう一台用意してハタの釣りで『巻き用』『テキサス・ボトム用』で揃えたいですね(笑)
いや~今回は、非常に良い買い物でした(≧∇≦)
また『週末に、ぶん投げるのが待ち遠しいぜ!!!』

今回紹介した、『Revo SX』に関連する記事は他にもあります('ω')ノ
ぜひ、ご覧ください!
【AbuGarcia】2018年新作ベイトリール Revo SX がもうすぐ発売なので性能を考察するよ!

ロックフィッシュに期待の2018年新型『Revo』が発売されたぞ!


【初心者向け】ギア比=巻取り速度じゃない!?リールのギア比とは!

Fishman Brist Vendavalのキャストをスローで撮影してみたら曲がりが凄かったw

Twitterの方には、書いたんですが
『新型Revo SX』を購入したので試し投げに行ってきましたw

Revo SXのインプレ記事は、現在執筆中なのですが
試し投げで撮ったベンダバールの曲がりが、思ったより面白かったので動画にしましたw


もしかしたら、ベンダバールのキャストが苦手の人がいたら、参考になるかもですw
この動画のスロー部分は、20分の1の速度に落としています。
投げている自分には、意外と自覚がないのですが振り切る瞬間の曲がりが凄まじいのと、振り切った後のロッドの安定性が「ピタッ」と止まって凄いですね~(*^▽^*)
投げるのが楽しくなる非常に面白いロッドです(*´ω`*)

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">



今回の試投で使ったタックル
ロッド:Fishman Brist Vendaval 89M
リール:Revo SX
ライン:パワープロZ 2号200m
ルアー:スメルト20g、別注ヒラマサ145F

こちらの関連記事も、ご覧ください!
【AbuGarcia】2018年新作ベイトリール Revo SX がもうすぐ発売だぁ(≧∇≦)

ロックフィッシュに期待の2018年新型『Revo』が発売されたぞ!


【初心者向け】ギア比=巻取り速度じゃない!?リールのギア比とは!

身近なお店では見つけられなかったので、
デザインをリニューアルした『ナチュラム』で購入いたしました!
web_revo4_sx_04
以前見た時は、16000円台だった気がしますがセール中なのか15000円台まで下がっていたのでラッキーでした(笑)
ついでに、セール中だったエクスセンス エスクリム99F1350円で購入(笑)
036_1
ちなみに大好きな、レンズボラとチャートを買っておきましたΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

いやはや、ダブルラッキーでした(#^.^#)

まだ、品物は到着していないんですが、土曜日くらいには来そうなので
そしたらレビューなどの記事を書いていきたいと思います!

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">


また、これとは直接関係ないのですが
動画の編集作業が仕事が忙しく進みません(;´Д`)
その上、撮影した動画の容量が既に100GB以上(笑)

先々週行った磯場の動画は、もうすぐ公開できそうなのですが
ベンダバールなどの道具のインプレ動画は、もう少しかかりそうです(;^_^A
釣りの時間を減らせば、やれんことはないんですが、それでは本末転倒・・・
結局、釣りに行くたびに動画を撮っているので入力過多で編集が間に合わないんですね(笑)


ちなみに、まだ売ってるかわかりませんが
「エクスセンス エスクリム」を探している人は見てみてください(>_<)

若干、以前より値が下がってる『Revo SX』は在庫が残り僅かなようです。

関連記事
ロックフィッシュに期待の2018年新型『Revo』が発売されたぞ!
【初心者向け】ギア比=巻取り速度じゃない!?リールのギア比とは!
【AbuGarcia】2018年新作ベイトリール Revo SX がもうすぐ発売だぁ(≧∇≦)


2018年2月18日


前日、全く釣り足りない感じだったので(笑)
立て続けに再度!
西伊豆へメバル探索に行ってまいりました!

前日に行った釣行記事はこちら!
2/17 西伊豆の『メバルゲーム』と『プラグのアジw』



この日の風は、前日ほどではないまでも西風最大風速8m(;´Д`)
通常であれば、前日荒れすぎていたので底荒れを考えて翌日は、大きくエリアを変えた方が良いと思います。
しかし、前日の感じだと一部のエリアは風がほとんど当たっていなかったので、場所を選べば底荒れなどの悪条件の影響をうけてないと予想。

それに、風が当たっていた面はベイトも吹き寄せられ、溜まりやすいので風は必ずしもデメリットばかりではない。

ということで!
連日となる『爆風の中のメバルユートピア探し』に行ってきました!!(笑)

あっ(笑)
そうそう、忘れるとこでした!
この時に撮ったGoPro動画がありまして(^^)/
なかなか丁寧に編集してる時間がないので、部分的に切り出してダイジェスト動画にしておきました!
初心者が作った2作目にしては、頑張ったと思っています(笑)
文字だけでは伝えられない、当日の雰囲気をぜひご覧ください!



【状況】
潮周り:中潮 上げ2分~5分まで
風速:西風5~8m
気温:最大11℃、最低ー2℃
備考:
前日の最高気温が11℃。しかし、最低気温が氷点下まで下がってしまった事と強風後のため表層水温はかなり低下していると思われる。

【ポイント】
場所:堤防周り
水深:1~推定10m

【タックル】
ロッド:Fishman Beams inte7.9UL、エラディケーター611MLS
リール:カルカッタコンクエストBFS、ツインパワー2000HG 
ライン:ラピノバ0.4号
リーダ:フロロ3lb 5m


今回も、現地到着・開始は深夜2時🚙
前日と同じ時間だけど、潮周りが変わり干潮からの上げ始め
まだ、かなり潮位が低く、散発的なライズは起きているものの数は前日より少ない印象

まずは、Fishman Beams inteを使い
inte
ライズが起きている事もあって『メバペン』から始める!
mebapen
ライズの起きるポイントを攻めていくが、残念ながらバイトなし(;^ω^)
やはり、水温低下の影響を受けているのか・・・昨日より僅かに渋い

このような渋めの状況なら、微波動系のシンペンなどを入れて様子を見るのだけど
今回は、ひじょ~に珍しく『スピニング』タックルを持って来ているので、使ってみることにする(笑)
私のfimoのブログを読んでくれていた方がいれば、どれほど珍しいか分かるんじゃないかな(*´ω`*)


まずは、暗がりのストラクチャー周りの水面直下をワームの軽量リグで攻める!!
最初の1投目!
ストップ&ゴーで誘った止めの瞬間にバイト!

『ジリジリ』とこぎみよく引いて、上がって来てくれた・・・
DSC_2066
メバちゃん(*^▽^*)
ちょっと可愛いサイズ
でも、暗いせいか割と貫禄があるように見える(笑)


同様のメソッドで、ライズの起きているポイントに流し込んで・・・
DSC_2070
サイズアップのメバちゃん(*^▽^*)
20cm弱
このサイズが見た目的にも非常に素敵可愛い!


非常に軽いリグ(必殺の秘密リグw)なのだけど、
潮位が低いのでボトム付近まで落とし込んでみる!
(いつか語る時もあるでしょうw)

着底まじかに、近くの岩影から『ナニか』が猛烈な勢いで襲い掛かってきて、即座にバイト!
メバルとは、また違った重々しい引きで上がってきた黒いソレ!
DSC_2062
クロソ・・・ムラソイである!! (;´∀`)
暗がりで見たら、完全に黒ソイだと思い震えました(笑)
ナイトゲームで、こんな風に釣れてくるのは珍しいですね('ω')ノ



この後、若干移動してみると広く散発的にライズのできるエリアを発見!
だが、ライズの出る位置がいろいろな場所に発生してどうもメバルらしくない・・・

とりあえず、ビートイートで表層を探っていくが反応がない(-ω-;)ウーン

どうも、おかしい(笑)
メバルであれば、潮やストラクチャーなどに着いてベイトを襲うので、
よほど群れが入っているならともかく、あっちへ行ったりこっちへ行ったりするのはあまり多くない。

『もしや』と思いシラスミノーで、細かいトゥイッチと止めのリアクションで誘ってみる!
sirasu_mino
(ダイジェスト動画の後半)
数回のキャスト後、岸から5mほどの所でトゥイッチからの止めで『カンッ!』とバイト!
しかし・・・・動画では暗くて見えなかったと思いますが、水面で大暴れして、ものの見事にラインブレイクΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

カマス先輩である(笑)

30cmいかないくらいではないかと思いますが、若干かかり所が悪かった(;^ω^)

動画には入っていませんがこの後カマス先輩をなんとか釣ろうと、頑張りました・・・
しかし、非常に渋くヒットには持ち込めず、歯切れの悪い最後になってしまいましたが終了となりました_| ̄|○

非常に悔しい最後となってしまいましたので、また次回頑張っていきたいと思います!
2月の厳寒期ということで、気温も水温も非常に低いですがライトゲームのターゲット達は凄く元気です!!
こたつの中で丸くなりたい気持ちも、私の中にはありますが(笑)
この時季は、釣り人も少なく釣り自体はしやすいので、皆さんも頑張ってみてはいかがでしょうか(*^▽^*)

では、また!!

関連記事
2/17 西伊豆の『メバルゲーム』と『プラグのアジw』


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">


2018年2月17日
西伊豆へ、『メバル』を狙いに行ってきました!


最近仕事が忙しく、なかなか狙いに行けていないが・・・
大好きなメバル!どうしても釣りたいw

だが、この日の西伊豆は大荒れで、西寄りの風で最大風速11m
西伊豆~沼津のオープンエリアは、まったく釣りにならない状況(;^ω^)

普通なら、この状況で西伊豆側で釣りをするという選択をする人は少ないでしょうw
しかし、海が大荒れなら魚はどこかに逃げ込むはず・・・

沖に出たり、深場に沈む場合もあるでしょうが、
大荒れの中で部分的に波風の影響を受けないエリアがあれば、魚が集まっている可能性があるんじゃないか?
(人間で言えば、災害が起きたときの避難所w)

あえて、風裏に逃げるより、そういう場所を見つけた方が釣りやすいのではないか?

と、考えて!!
今回は、
大荒れの中のユートピアを探して釣りに行ってきた(^^♪


【状況】
潮周り:大潮 上げ3分~満潮まで
風速:西風8~11m
気温:最大11℃、最低2℃
備考:
前日の気温が17℃、そこから急激に下がっているが夜の強風が吹きだすまで無風だったことと、最低気温は前日と変わりない事から、水温への影響は大きくないと思う。

【ポイント】
場所:堤防周り
水深:1~推定10m
西よりの風を避けられるエリアで、かつ周辺のエリアから魚が逃げ込みやすく、荒れにくい十分な水深があるポイント。

【タックル】
ロッド:Fishman Beams inte7.9UL
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:ラピノバ0.4号
リーダ:フロロ3lb 5m


沼津からひた走り🚙
現地到着/開始は、深夜2時
風がかなり吹いてきたタイミング(;^ω^)

ポイントに到着し、周辺の様子を見ると、既に散発的なライズがおきている!

さて、『ルアーは何を使おうか?』
DSC_2049
Fish.INのタックルボックスにプラグはまとめて入れているが、
宝石箱を眺めているようで、逆に悩むwww

取り合えず、ライズが出ているので、基本の『メバペン』で狙う!

メバペンの狙い方としては、ライズの起きているポイント周辺に流しこんで、ひたすらに待つw
ついつい動かしたくなるが、夜のメバルはじっくり見て狙いすましてバイトしてくるので、積極的に動かしてはいけない('ω')ノ

潮の流れを見ながらライズの起きるポイントに流し込む・・・
じっくり、見せた最初の一投で
『バシャッ!!!』


う~ん!!乗らないっ “o(><)o”くう~!


メバペンのカラーを変えつつ、攻めていくがバイトは出ても乗らない(;´∀`)

『仕方ない。レンジを入れるか』

シラスのような、ベイトに反応してる個体もいるようなので
クリアカラーのビートイートを投入

この段階でかなり流れが出てきていたので
表層を潮の流れに乗せて、ライズの出ているポイントに流し込む!

すると、表層に「もわんっ」という波紋が出たと同時にヒット!!!

一瞬、ストラクチャーに巻かれたが上手くかわして、ゲット(^^♪

DSC_2048
金ぴかの美しい、メバルちゃん!
この、美しくて可愛くて、それでいてカッコ良さも備えたメバルは、本当に大好きな魚!!

私は、黒光りする尺メバルも良いが、どちらかというと20~25くらいの綺麗なメバルが好きなのだ(*^▽^*)


さて!
この後、周辺くまなく探るも、なかなかヒットに持ち込めない状況。
大潮周りなので、状況変化が非常に激しい。

さらに、一段レンジを入れていく!

実績の高い『リッジ投入!』

私のリッジは、太軸のフックが付いている事もあって若干のサスペンド

リール3分の2回転くらい巻いては、ピタッと止める。(カルコンなので、40cmほど)
ポンプリトリーブで探る!

止める場所は、ストラクチャーの際やライズの出ている場所を意識して行く。


足元に明確な落ち込みがあるのだが、そこの上まで誘って来たとき・・・
ピタッとステイしたリッジに側面から!
電光石火のごとく細長い魚が襲いかかり一瞬でひったくっていった( ゚Д゚)

明らかに、メバルとは違う!
だが、体高もありカマスでもない!

『なんだ?!ヒラセイゴか?』

抜き上げた魚を見て、驚いたw
DSC_2043
アジである!!
がっつり横ぐわえしているwww
どうやら、沖が荒れているので湾内に入って、ベイトを食い漁っていたようだ!
サイズも悪くないw


プラグで釣ったのは、別に初めてではないが、バイトの瞬間を見たのは初めてだった!
吸い込みバイトなんて、可愛いものではない・・・完全に青物のバイトシーンだったw
『うん!これはこれで収穫だw』


この後続けて狙っていったが、カマスが回りだし残念ながら、メバルは沈んでしまった(;´・ω・)


朝方近くまで粘ったが、これ以上の魚をはヒットしませんでしたw
バイト自体は、結構あったのでもう少し釣りこめれば数が出たかもしれませんが、潮周りが大きくパターンにはめるのが難しかったですね(≧◇≦)/

朝になると、完全に本気モードの西風になってきたので、これで撤退としました!
DSC_2054

実は、翌日また西伊豆へ行っているので、それは近日ご紹介しますね!
その際に、goProで撮ったものがあるので、編集が間に合ったら合わせて紹介しますねw

では、また!

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">


関連記事
恐るべき収納力!INX.labelのプラグボックスがヤバい!
【インプレ】Fishman Beams inte 7.9ULを語ろうじゃないか
【動画付き】Fishman Beams inte7.9ULで巨大なアレを釣ってみた!

まさか・・・あのウツボ先輩を食らうというのか!?
とても、美味しそうには見えないが・・・
それを食べてみた結果(笑)
【カルモア釣査団】


関連記事
恐怖!これが海のギャングの捕食シーンだ!
なに!?そんなところに、タコの楽園が?(笑)



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">



『海のギャング』と言って伝わるでしょうか?w
それは!
ウツボ先輩である!

もう・・・ウツボ先輩は
それは、それは恐ろしい口をしていて、口の中にさらに口がある・・・
分かりやすく言えば、エイリアンである..・ヾ(。>д<)シ こえぇぇぇ

この魚の、捕食シーン撮ったという事で、ぜひ紹介したいと思う・・・
【カルモア釣査団】


次の記事
まさかの味!?ウツボを食べてみた結果・・・(笑)

関連記事
なに!?そんなところに、タコの楽園が?(笑)


画像参照(https://zukan.com/fish/leaf43737)

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">


ついに、2018年にリニューアルした新作『Revo』が発売になりましたね!
自分も、今年のオオモンハタ、アカハタの釣りで導入する予定です!

新作Revoに何を期待するの?


今回の、Revoは巻きのパワフルさや頑丈さなどを主眼に置いています。
よく村田基さんが言っていますが、巻きの釣りにはハイギアのリールが感度の面でも優れています。

今回、発売されるRevoはどちらかと言えばローギアでパワーモデルとなり、感度の面ではハイギアには劣ります。

では、なぜRevoなのか?

それは、大型のハタなどのロックフィッシュを狙う場合には潮の流れがきついポイントや、水深10mあるいは20mを超すようなポイントを攻める事も多くあり、そのような場所ではハイギアのリールは非常に体力を消耗するからです。

私の場合、40gを超すリグをベンダバールで60m以上投げ、激流かつ水深20~のラインを狙う事がよくあります。
探っている際には、ハイギアでも大きな問題にはならないのですが、いざ魚がヒットしたら巻きの辛さは半端ではありません。
ハイギアのリールは腕(というより指)がつりそうになるほど辛いです(;^_^A

じゃあ、ポンピングすれば良いやと思うかもしれませんが、(オフショアなど魚を真上に引き上げられる場合ならともかく、)地磯などのショアラインから狙う場合、下手にポンピングするとロッドをリフトしてから戻す際などにテンションの抜けが発生し、その隙に根に潜られやすくなってしまいます。

テンションを上手くコントロールしても、ポンピングのロッドを戻す際は魚を引っ張る力は「ほぼ0」なので、同様に隙が生まれてしまいます。

これに対処する最強の戦術は、強烈なフッキングでヒットと同時にロックフィッシュを根から引きはがし、ロッドを固定したゴリ巻きをするのが非常に有効です。
しかし、それには十分なドラグ力と巻き取り力がいるのです

ゆえに、この新作revoのパワフルさが魅力的なのです(*^^*)/

今回は、今出ている新作revoの紹介動画を集めておきました。
正直、見るほどに欲しくなります!
(買うことは決まってますがw)

まだ、あまり一般の方の紹介動画は少ないようなので私が購入した際には、インプレ動画を上げたいと思います。
また、買った際に、「こうゆう事を検証してくれ」というような要望があれば可能な限り動画付きで対応しますので、ご連絡くださいw
PCなら、右のサイドバーにある送信フォーム。
twitterをやられている方はDMより、お気軽にご連絡ください(#^.^#)


Revo SX


Revo WINCH


『Revo SX』『Revo WINCH』 解説動画




style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">



関連記事
【初心者向け】ギア比=巻取り速度じゃない!?リールのギア比とは!
【AbuGarcia】2018年新作ベイトリール Revo SX がもうすぐ発売だぁ(≧∇≦)


いや~ついに買ってしまいました(*^▽^*)
DSC_2021
GoPro Hero5であります(`・ω・´)ゞ

初めて触りましたが、超小さいですねw
DSC_2023

こいつでもって、自分の釣りの様子を撮ってみたいのです!
これから、色々な釣りを撮って行こうと思いますが、取り急ぎテスト撮影をしてみないといけませんね('ω')ノ

テスト撮影↓
【動画付き】Fishman Beams inte7.9ULで巨大なアレを釣ってみた!




GoProのテスト撮影に行ってきました!


テスト撮影なのと、編集の方法もまだ理解しきれていないので、
見苦しい部分も多いのは、ご容赦ください(;´∀`)

とわいえ、自分の釣りを動画で見るというのはなかなか面白いですねw
これから、どんどん撮って行きたいと思うので、よければご覧ください(^^)/


ちなみに、テスト撮影の副産物としてFishman Beams inte7.9ULのバットパワーの強力さも分かるんじゃないかと思います!
それに、海のライトゲームに使うだけでは分からなかったBeams inteのメリットも見えてきたので、それは追って書いていきたいと思います!


私のブログって、脈絡がないですよねw
あっち行ったりこっち行ったりして、読みにくい事このうえない(;^_^A
このあたりは、なるべく関連のある記事は連続で書くようにして改善していきますので、ご容赦ください。

とりあえず、沖磯関連の記事で書いておきたいことが、実はまだ残っているので、それをまず消化したいと思います!

今回は、「沖磯に行って困ること」です。

なかなか、調べても自分が体験してみないと分からない部分もあったりするのですが、
私が経験した中で困ったことが参考になると思うので書いておきます!

1.当然だが・・・トイレがない!


誰がどう考えても、人工物の存在しない沖磯には存在しませんw
gatag-00013705
男性は、気にしない人も多いかと思いますが女性は特に注意が必要です。
渡船屋さんによっては、船のトイレを貸してくれるところもあったりするのですが、基本的にはないものと思った方が良いでしょう。

2.これも当然だが・・・水などはない!


沖磯には、岩と海水しかありません。
gatag-00013212
ここで、特に困るというか避けなければならないのが、飲料水の不足です。
冬場は良いかもしれませんが、夏場では大量の汗で水分を常に失い続けます。
仮に、水がなくなっても手に入れる術は、ありませんのでちょっとした遭難気分に陥り、沖磯を早上がりするはめになります。
特に、注意が必要でしょう。

3.手を洗うのに苦労する


魚を触ったり、餌を使ったりすると手が汚れるかと思いますが、手を洗うのが難しいです。
gatag-00002787
沖磯なので海水には事欠かないため水際で、手を洗えば良いと思うかもしれませんが、沖磯では流れも速く時折大きな波も打ち付けたりするので、水際に近づくのは危険です
そもそも、水際まで手が届かない磯も多いかもしれませんが・・・
なので、魚を見事釣り上げてもヌルヌルの手でロッドやリールを握るはめになります(;^_^A
これが、ステラなどの高級な道具だと非常に悲しくなるので注意が必要です。
まぁ、こんなところでしょうか。
細かいところを言っていくとたくさんあるのですが、特に困ることを挙げておきました
特に水分の部分は重要です!
実のところ私も、夏場に水不足に陥り、残り時間と水分量を計算しながら水を摂るというサバイバルな状態に陥ったことがありますw
冷静に見ると困るとかってレベルではないので、皆様は同じ失敗をしないようにしてくださいね('ω')ノ
沖磯とかに行ったことがない人には、これらが少しでも参考になれば嬉しいです。


ちなみに、今回はフリー素材などをいろいろ使ってみました!
このブログをちゃんと書き始めて、まだ日が浅くコンテンツの見せ方や紹介する内容など、いろいろ試行錯誤している段階ですので、記事ごとの書き方が違ったり統一感がないのは、お許しくださいw
それと、もっと見ごたえのある記事にしたいので、追々GoProなどのアクションカメラで釣りの動画を撮って見せていきたいなぁ、と考えています!(うまくできるか分かりませんがw)

ということで、少し私の試行錯誤が続きますがお付き合いください(#^.^#)
ではまた!
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">

よく、言いますよね。
夜釣りに行った時に「ポイントをライトで照らすな!」ってw

しかし・・・ライトって、本当に釣果に影響があるんでしょうか?

少なくとも、人間の目に視認できるような通常のライトは影響あるでしょう。
(魚が驚くという意味で)

では、視認できない場合はどうでしょうか?

今回は、それを検証する一つの動画を紹介します!

ちなみに、この動画ではビッグベイト(ジョインテッドクロー)でシーバスを狙っています。
ビッグベイトのシーバスにおける効果を知るという意味でも、面白いですw
【カルモア釣査団】


釣りにおいて『ライト(光)』は、釣り場を照らすだけではありませんね。
ケミホタル、グロー、ケイムラ、集魚灯など様々な形で使われます。

これらは、釣果に影響するという人もいれば、関係ないという人もいて、釣りにおける大きな課題の一つです。

それでいて、意外と研究の進んでいないポイントですから、今回紹介した動画のように少しずつでも検証していけば・・・
もしかしたら、「魚の集まりやすい光」のような特殊なパターンが見つかるかもしれませんねw


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2250964174991495"
data-ad-slot="7678626778">




車で釣りに行って、たくさん釣った後、車に乗る時に気になりませんか?
「手の匂いw」

私は、すっごい気になります!
「この手で、ハンドルを握るのか~」ってw


そんな時に、釣り場で使えるアイテムを紹介します!


それは、
『フィッシュソープ』です!
_SL1000_
非常に携帯が便利な、チューブタイプのハンドソープです。

釣りが終わったら、近くのトイレなどの水場でフィシュソープで手を洗えば、何も気にせず車に乗れます!
そして、魚を釣った満足感に浸りながら気持ちよく帰路に着けますよ!
天然素材を使っているので、肌が弱い人でも大丈夫そうです。
_SL1000_


購入は、こちらをどうぞ!
楽天市場
https://search.rakuten.co.jp/search/フィシュソープ


Amazon


フィッシュソープ
どうやら、楽天の方が安いようですねw
自分も、一つ購入しました。 割と普段釣ってる根魚は、そんなに匂いが気にならないんですが、カマスとか青物とかは粘液や血がかなり匂うので重宝します! おすすめですよ!

2018横浜フィッシングショーで、出会った『Fishman Beams blancsierra5.2UL』
ピン打ちマスターで、投げさせてもらってあまりに感動したので紹介したいと思います!

Beams ブランシエラ5.2ULのスペック


シエラ

全長:154cm(5.2ft)
マテリアル:4軸カーボン 
ガイド:Kガイドチタン+ステン 
自重:104g 
継数:3ピース 
仕舞寸法:62cm 
先径:1.84mm 
元径:9.6mm 
グリップ長:42cm 
ルアーウェイト:2~7g
ライン:3~8lb/PE0.5~1号

驚異的な曲げやすさ


これほどまでに、曲げやすいベイトロッドは他に存在しないといっても過言ではない!
DSC_1974
ロッドを大きく振らずとも、指先の入力だけでロッドを曲げる事ができます。
(そもそも、ルアーを付けずに振っても満月に曲がります。)

これほど投げやすいロッドであれば、ベイトタックルの初心者であっても易々と扱え、投げる事ができるでしょう。

驚くべきロッドの反発速度


簡単に曲がるなら、ロッドの反発力は弱いのが普通です。
しかし、このロッドは曲げてからの戻りが驚異的に早いのです!
DSC_1978 (2)
この画像は、私がキャストするときの動きを連続で撮ってもらっていたのですが
ロッドの反発速度が速すぎて先端部分が写りませんでした(笑)

このロッドが溜めから戻る際は、全くダルい感じがせず、引いた弓が戻る時のような印象を感じさせるものでした。

全くぶれないロッド


驚異的な反発速度で、ロッドが戻ってもその収束の安定性が極めて高い。
キャプチャ
グニャリと曲がった後、ピタッと止まる!
ロッドがぶれないから、ターゲットに向かってルアーが一直線に飛んでいきます!

矢のような弾速


どうして、あんなに曲がるロッドから射出されたルアーがあれほどの速度になるのか(笑)
目標点に向かって、一直線に飛んでいきターゲットを『スパンッ!!』と打ちぬけます!

通常、ベイトで投げるとルアーが曲線軌道になるものですが目標に直線軌道で飛んでいきました。
しかも、フィッシングショーのピン打ちマスターで使われたリールは、非常にメカニカルブレーキが強かったですが、その状態でも驚異的な速度を生み出した『blancsierra5.2UL』
正しいブレーキ設定だったら、どうなってしまうのか・・・ぜひ試してみたいものだ!

まとめ


正直、Fishman Beams blancsierra5.2ULはBeams inte7.9ULの短いものくらいに考えていましたが、根本的に違うものでした。
これは、ベイトで「投げること」「釣りをすること」の楽しさを教えてくれる素晴らしいロッドでした!
特に投げる事の素晴らしさ、Fishmanのロッドの魅力を最大限感じさせてくれるロッドです。

楽天Fishman Beams
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/Fishman+beams/


↑残念ながら、この記事を書いている段階では在庫切れのようです。
入荷は未定なので定期的に、チェックしてみて下さい。

関連記事
【インプレ】Fishman Beams inte 7.9ULを語ろうじゃないか


2018年1月21日
DSC_1898 (2)

2018フィッシングショーに行って来たので、レポートを書いておきます!

私が、メインで見たかったのはこのあたりの新製品!
【リール】
・アルデバラン(シマノ:モデルチェンジ)
・リョウガ(ダイワ:モデルチェンジ)
・Revo SX(Abugarcia:モデルチェンジ)
・Revo WINCH(Abugarcia:新)
(自分はあまり興味ないが、ステラとイグジストもw)

【ロッド】
・ハードロッカー(シマノ:新)
・ワールドシャウラ(シマノ:モデルチェンジ)
・Beams CRAWLAシリーズ(Fishman:新)
・プロト系(Fishman)

そして、Fishmanの『ピン打ちマスター』への挑戦が目的だ!
DSC_1957
まぁ、こっちの裏ブログに書いても良いんだけど、fimoにはfimoで見てくれている人がいるのでw
fimoの方に記事を書いておきました('ω')ノ

記事の詳細は、以下のリンクをご覧ください!
http://www.fimosw.com/u/papuunn/s6m8u8g9s3zhnn



また個別の製品などについての、詳しい考察等を今後書いていきたいと思います!
(それはfimoじゃなくて、こっちにねw)
取り合えず、今回は見たかった製品たちに触った感想などをざっとfimoの方に書いております。
上記に挙げた製品以外にも気になったものがたくさんありましたので、それらはまた別途書いていきますね!!




ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!

ロックフィッシングランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

DSC_1885
INX.labelのプラグボックスが届きましたので、インプレを書きまず!
手に取れば分かる、INX.labelさすがの機能美をご覧ください!

プラグボックスのスペック


まず、このボックスのスペックを!
名称は、『ランガン プラグコンテナー』
Rungun_Main-600x450
・サイズ:XL:L200×M115×T49
・高浮力
・大容量
・完全防水
・両面インナーボックス


長さ自体は、ライトゲーム用のボックスとしては一般的なもの。
ただ、両面開きの作りになっているため厚目の作りとなっている。
DSC_1889
DSC_1890
内部には、ワンタッチで開く透明の蓋がある。
かなりしっかり、ロックされるので半開きになってルアーがこぼれるという事は、なさそうだ。

また、万が一水に落としてしまっても沈まない高浮力と、水そのものが入らない防水性能が装備されている。(紫のパッキンが入っていて、閉じると内部に水が入らない)
釣りをしていて、ボックスを海に落としてルアー全ロストはルアーマンの絶望に他ならないw
そんなリスクを軽減できるのはルアーマンには、嬉しい機能だ!

そして、後述する大容量。
これが特に素晴らしい!

恐るべき収納力!


これだ!これが、ライトゲーマーには重要!
シーバスや青物などのルアーゲームに比べて、ライトゲームは小物が非常に多い。
むしろ、それら様々な小道具を使い分けて釣り込んでいくのがライトゲームの醍醐味。
しかし、同時にボックスなどのかさばる荷物が増えていって、ランガンしにくくなってしまうのが実際だ。
それを解消できるのが、この「プラグコンテナー」だ!

これを見てほしい!
私が通常ライトゲームで使う約30個ほどのプラグ類
DSC_1887

これが、なんと!!
DSC_1893
DSC_1891
全部入るのだ!!!
(コモモ95は、サイズ的に入らなかったw)

これで、2つのボックスが1つになった!
これは、荷物が減るというだけでなく、2倍の道具を持って行けるという事だ!
「あれも、やりたい」「これも、やりたい」という、ライトゲーマーの夢のようなアイテム。

入るルアーサイズは、SPM75が丁度くらいなので、80mmくらいまで
ライトゲームで、これを超えるサイズを使う事は少ないので十分だ。

値段自体は、ボックスにしてはけっこう高めだったが、ライトゲーマーなら買って損をするという事はないと断言できる!
正直、もう一個買って、キャロとかフロートリグとかのボックスもまとめたいw


購入するには、基本的には通販がメインになる。
INX.labelのルアーは、店でよく見かけるようになったが、このボックスは一度も見たことがないので探すのが大変だと思う。
購入先は、Fish.INのホームページから直接購入する方法
https://www.fish-in.info/news/2336.html


楽天から購入する方法
https://search.rakuten.co.jp/search/ランガンコンテナー


以前は、Amazonにもあったのだが既に売り切れてしまったようだ。

INX.labelの製品は、非常に面白いし機能的だ。
ぜひ、使ってみてほしい!

関連記事
ゴッツンバイブの開封インプレ!
INX.labelのジェイドSPを全色買ってしまったw




ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!

ロックフィッシングランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

最初に、ダイワのホームページで見たとき・・・
そのあまりの渋カッコ良さに感動した2018年新作モデル
18Ryoga1016HL_l
18Ryoga1016H_l
リョウガである!!

なに?!この黒!!!カッコ良すぎだろ!!

従来、丸型リールを選ぶと言えば「リョウガ」か「カルカッタ」かという事で、ベイトユーザーは悩むところであったが、デザインにしても性能にしても「カルカッタ」を選ぶ方が多いのが現実だったのではないだろうか。(決して、リョウガが悪いわけではないが)
また、昨今ではベイトタックル専門メーカー『Fishman』の大ブーム!
Fishmanが、カルカッタコンクエストの使用を薦めている事もあって、カルカッタユーザが増える一方である。


だが、今回!
ダイワは、モデルチェンジに伴いデザインと機能面で大きく3つのポイントを変えてきたと思う。
これは、従来のハイエンドベイトリールの選択肢に『リョウガ』が入ってくるのには十分な要素となっている。
今回は、それらについて紹介したいと思う!

私の思う重要な、変更点!
・デザイン
機能面:
・(デザイン変更に伴う)パーミングの性能向上
・ギアの歯数を増大
・ATDの採用




デザイン変更


18Ryoga1016H_l
デザインが、銀系統の色からメタリックブラックといった感じの渋い黒に変更になった。
現物を見てみないと、正確な色合いは分からないが非常に落ち着きがある大人びた印象を覚えるカラーリングである。
形状も、丸型でありながら角ばった部分が特徴的なデザインに変更になった。
非常に個人的な趣味で、申し訳ないのだが第一印象が『戦闘用ロボットっぽい』だったw
読んでくれている人に分かる方がいれば嬉しいが、アーマードコアにありそうなデザインな気がして、個人的に非常に好きである。
もう既に、この段階でカルカッタコンクエストのカッコ良さを超えた!と思う人も少なくないんじゃないだろうか。

パーミングの性能向上


実は、この部分が地味に良い!
「パーミングしやすくなったなんて、よく聞く話じゃないか?」
と思われるかもしれないが、その問題に対するアプローチが今までありそうでなかったものだ!

従来、丸型リールのパーミングのしにくさは大きな課題であり、長時間の釣行では非常にストレスになっていた。この問題に、シマノのカルカッタコンクエストは「小型化」という道を選んだ。
それに対し、モデルチェンジしたリョウガは、「パーミングプレート側の小型化」を行った!
ホームページでは、分かりにくいし伝えにくいのだが、真上から見るとパーミングプレート側が小さくハンドル側がやや大きく、台形に近い形になっている。
これは、ただ小型にするよりも、より手の形にフィットしてストレスを軽減する働きをするだろうと見ている。
この部分は、横浜フィッシングショーでぜひ触ってみて感触を確かめたい部分だ!

ギアの歯数を増大


HyperMeshGearSystem
正直『ギア』は、ダイワリールがシマノに大きく遅れをとっていた部分と言っても良いだろう。
特別、ギア自体の強度が劣っていたわけではないのだが、シマノの高精度のギア(マイクロモジュール)から生まれる『巻き心地』には遅れを取っていた。
これに対し、遂にダイワも歯を小型化し歯数を増大してきた!
このメリットは巻き心地だけでなく、ギアとギアの噛み合いが大きくなるので、ハンドルを巻く力をスプールの回転へと力を伝える伝達効率が向上する。
いわば、実際の巻取り力向上も期待できるだろう。

ATDの採用


ATD_logo
ATD(オートマチックドラグシステム)
これは、魚の動きに追従するかのように常に効き続け魚にテンションをかけ続けるドラグである。
強い力がかかった時に、糸が出るようにする従来のドラグとはコンセプトが微妙に違う。
では、これの採用がなんだというのか?

私が驚いたのは、これを「ベイトリール」に採用したことだ!
ベイトリールは、その構造上ドラグの部分がギアと一体化している。そのため、ギアとドラグが分離しているスピニングほど滑らかなドラグを作るのが難しいという問題がある。
だが、あえて「滑らかさ」を売りにするATDを採用したとスペックに明記したということは、よほどの自信がなければできないだろう。
これが、もしスピニングに迫るほどであるなら本当に革新的だと思う。
ぜひ、実際に試してみたいものだ!

まとめ


自分が気になった部分について、書かせてもらったがどうだっただろうか?
個人的には、今年ハイエンドモデルを買うならリョウガは筆頭になるだろう。
もしフィッシングショーで、触ったりでもしたら惚れちゃうかもしれないw
以前、RevoSXを紹介したが、カッコ良さでは良い勝負だ!
だめだ・・・書けば書くほど、気になってきてしまったのでこのへんで終わることにしよう。

ちなみに、発売は4月だそうだが既に予約は始まっているようだ。
2018年リョウガ
https://search.rakuten.co.jp/search/リョウガ


関連記事
【AbuGarcia】2018年新作ベイトリール Revo SX がもうすぐ発売だぁ(≧∇≦)




ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!

ロックフィッシングランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
成長因子