根魚探しのメモ帳【裏紙】

海でのロックフィッシュをメインに、ルアーで狙えるものをいろいろ狙っていきます!
フィールドのメインは、静岡・伊豆周辺です。
また、ベイトタックルが大好きで最近ではほとんどベイトでやり通しています!
ベイトタックル好きの方、ロックフィッシュ好きの方は特に歓迎です(*^▽^*)

このブログでは、釣行記や魚、釣りに関する記事をメインに書いていきます。
ときどき、日常の雑多な記事や食べ物、料理なんかの記事も書いたりします('ω')ノ
fimoの方にも記事があるのでよろしくです!
‣根魚探しのメモ帳
徐々にfimoからこちらのブログに記事を移設していくので、最終的に統合します。

【掲示板】

【チャンネル最新動画】

今回は、この前買ったクラドKの性能評価の一環として、飛距離を軽く計ってきたので紹介したいと思います!

さて!
今回の内容の前にまず最初に、書いておきたいんですが(笑)
ちょっと、最近ブログの更新頻度が落ちていたので、これから少しずつ頻度上げていこうかと思います(^^)/
私、漫画や本、映画、アニメなどは全話をまとめて一気に見たい人なので、今までブログに書く内容は、なるべく小出しにしないで一気に全部出していたんです。(前にも言った気が・・・(笑))
遠征とか、特大ボリュームのやつは別ですが(笑)

それの方が、見てる方には良いかなぁ~と思っていたんですが、逆に書いている自分の方が大変になってしまって、更新頻度が落ちていました(^^;

ただ、それだと本末転倒なので、これからはボリュームが軽めの記事も書いていこうと思います(^^♪


という事で、今回は軽めです!(笑)
インプレ的な考察は、また後日まとめてやりますね(^^)/

で、今回の内容は、クラドKのキャストフィールというか飛距離についてです。
 色々なタイプのロッドで試したかったんですが、今回は試す時間がなかったので、最近メインで使っているFishman Beams Crawla8.3L+で投げてきました!

ちなみに、クラドKにはPE1.5号を300m巻いております✨
スプール・・・パンパンです(笑)
どう考えても巻き過ぎだし、Fishmanロッドの中でもライトな部類に入るCrawlaにはちょっとアンバランスかもしれません(^^;

でもまぁ、コローナ106とかに合わせるつもりなので、とりあえず今回は良しとします(笑)
DSC_3038
まずは、堤防周りなどのハタゲームなどでメインに使っている
静ヘッド14g
+スワールテールシャッド4.8
DSC_3039
55m!!
気持ち的には、意外と飛びました!

シャッド系のワームって、テールの空気抵抗が悪く飛距離が出にくいんですが、使ったスワールテールシャッドは飛距離が出しやすいので意外と伸びました(^^)/



次に、テキサスリグ
ナツメ錘(35g)
+デスアダーカーリー5インチ
Crawla83の適正荷重をオーバーしてるけど、これくらいなら問題ない(笑)
DSC_3041
81mである!!
83のレングスでこれくらい飛べば、十分(笑)
今回は、ナツメ錘を使いましたが、バレットシンカーの方が空気抵抗が良いのでもう少し飛ぶとは思います。


最後に、
激投ジグ30g
DSC_3043
88mである!!
軽い横風もあったので、無風下なら90m前後でしょう(^^)/


いちよ、今回試投したのはこんな感じ(=゚ω゚)ノ
全体的に、十分な飛距離は出たと思うんだけど、やはりCrawla83L+だとPE1.5号を300m巻いたクラドKに対し、ロッドの反発力が少し弱い印象ですね。
手持ちだとコローナ106やベンダバールのような反発力が強く遠投向きのロッドであれば、クラドKとの相性も良く、さらに飛距離は伸びるはずです(^^)/

この辺は、また検証していきたいと思います!
とりあえず、今回はこれまでです。

それでは、また!

静岡もそろそろ本格的な梅雨入りしたようで、間もなくがやってきます(^^♪
この辺で、2019年の春シーズンのハタゲームの状況をまとめておこうと思います。

いちよ、動画で内容をまとめようと思ったんですが、お酒飲んじゃって(笑)
完全にアドリブの雑談になっちゃってます。
まぁ、興味があればご覧ください(^^♪


さて、動画の中でも話していますが、いちよ文章でもまとめておこうと思います(^^)/

まず、結論から言いますと、非常に厳しい状況です( ̄▽ ̄;)
沖磯、地磯問わず盛り上がりに欠けます…

今年の伊豆は、水温が非常に高く、3月頃からアカハタが釣れ始めました。

伊豆 今シーズン初物!春のアカハタゲーム!
http://rockfisher.net/archives/37083007.html

そこから、水温も順調に上昇し、アカハタの調子もそのまま上がってくるかと思っていたのですが、正直全然調子が上がってきません。
もちろん、全く釣れないわけではなく、ある程度は釣れるのですが、明らかに状況が停滞しています。

特に、深いエリアほど反応が悪く、沖磯などは非常に厳しい状況です。
聞くところによると、漁師や遊漁船が叩き過ぎているという話しも聞きますが、それにしたってあまりに釣れな過ぎます。
もちろん、そういった釣獲圧力の影響は少なくないのでしょうが、それと併せて自然環境の何らかの要素によって釣れないのではないかと思います。

また、全てのエリアで釣れにくいわけではなく、比較的浅いエリアであれば魚の反応も得る事ができます。
DSC_2491
その証拠にアカハタ自体も、非常に浮いて来ていて、時折浅いところで餌を食べているのを見ることができます。

しかし、見えるほど浅い所まで浮いているというのは、夏の最盛期の状況。
それを見れば、もっと釣れてきても良いはずですが、比較的反応のある浅場ですら、数が全く出ません(^^;

まぁ、一般的なシーズンで見るとここからですので、状況は上向いてくるとは期待しています。
この辺りの状況は、今後も気にしていきたいと思います(=゚ω゚)ノ

ただ、こっからは大型のオオモンハタも狙って行きたいので、今後はそれをメインとした釣りに切り替えて行きたいと思います(^^)/

簡単ですが、今回はここまで。
これらの状況については、また今後のブログでおいおい書いていきます。

それでは、また!

いや~前から気になってはいたんですが・・・
クラドK 200HG
買っちゃいました(≧∇≦)/

これは、未だ国内未発売のUSシマノのクラドで、最新のSVSなどが搭載され、色もシックなブラックになり非常にカッコイイ(*´▽`*)
DSC_2954
まぁ、まだ届いたばかりでラインも巻いていないし、使用感などは以降の記事で紹介するとしましょう(笑)

という事で今回はこれだけにしときます。
それでは、また!

先週は、低気圧で磯に行けなかったので、今週こそは磯でハタを狙いたかったのですが…
Screenshot_20190615-235438
ものの見事に、今週も低気圧がぶつかってきて(;´Д`)
物凄い豪雨でした…☔

家でゴロゴロしてても良かったんですが、部屋の片づけをしていたら、棚の奥から以前使っていた13メタニウムが出てきて・・・投げに行きたくなってしまい(笑)
DSC_2919
豪雨の中、試投しに行く事に!(笑)

まぁ、さすがに雨のため試投で終わろうかと思ったのですが、外に出て車で走っていたら、当然ながら河川が増水し凄い土茶濁り✨

なんとなく、元シーバスマンだった感性がうずいてしまって、急遽シーバスを狙う事としました(=゚ω゚)ノ
DSC_2932



【状況】
釣行日:6月15日
風速:7m 北東
天候:大雨
気温:最大20℃、最低17℃
潮周り:大潮

【ポイント】
場所:沼津 河川

【タックル】
ロッド:Fishman Beams Crawla 83L+
リール:13メタニウム
ライン:PE2.5号
リーダ:ナイロン25lb 5m


まぁ、詳細な話を書いても良いんですが、今回は動画で釣りの様子を撮ってみたので、釣りの様子はそちらをご覧ください!


最後に魚は釣れているので、めんどうな方は8分50秒くらいから見られると良いかもしれません(^^)/
IMG_-174f85
ちなみに、ヒットルアーは
グラバーHi68S
です!

この時は、ハク付きのパターンで、最初は引き波の出るトップやシンペンの巻きで探っていましたが、ベイトが非常に多く、食わせずらい状況でした(^^;
そこで、グラバーHiの早巻きでベイトの群れを散らして、ルアーに気付かせるように引いてみると一投でヒットに持ち込めました(*´▽`*)

サイズは、あまり大きくなかったですが久しぶりに河川増水のハク付きシーバスを釣る事が出来て嬉しかったです!
なんとなく、シーバス熱が再燃してしまいそうで、ちょっと怖いです(笑)

雨模様が続くタイミングなので、また機会があれば狙ってみたいなと思います(^^♪

それでは、また!




先日、Twitterの質問箱で『南伊豆エリアの考察記事を待っています』という感じの質問を頂き、なんのことかと思ったら、ずいぶん昔に書いた伊豆のエリア別のハタの考察記事について、南伊豆エリアの話を別で書くとブログ内で書いていたものの、完全に忘れていたようです(笑)

伊豆でハタを釣るためのエリア選択とは

確かに、どうゆうわけだかアクセス数の多い記事なので、書きかけで放置するのはあまりに不親切。ということで、この機に南伊豆エリアの話を追記していきます('ω')ノ
map_edit
さて、前の記事では伊豆で釣れるメインのハタとして、オオモンハタとアカハタの生息域の違いなどについて書きました。
その中で、西伊豆と東伊豆の分布などについての考察を書きましたので、今回は南伊豆エリアについての考察となります。

まず最初に、南伊豆エリアには他にはない特徴があるので、そこから紹介しようかと思います。
南伊豆エリアのハタ自体の考察は、その後に少し書きましょう(=゚ω゚)ノ

さて、まず主な特徴は以下のような物があります。
1.黒潮の影響を受ける
2.地形変化が激しい
3.流れが速い

1.黒潮の影響を受ける
南伊豆は、黒潮の影響を特に受けるエリアでもあります。
そのため水温が非常に上がりやすく、西伊豆や東伊豆に比べるとシーズンの早い時期からハタが釣れだします。
しかし、黒潮の影響をより濃く受けるがために、黒潮の動きによって水温が激しく変動してしまいます。
ハタを狙う事を考えると、最盛期で平均水温がハタの適水温に入っていればまだ狙い易いですが、春先などシーズンの初期頃では釣行タイミングが非常に難しいエリアです。
南伊豆エリアで、春のシーズンにハタを狙おうと思ったら、釣行タイミングを選択するためのノウハウが別途必要です(笑)

2.地形変化が激しい
地形変化が極めて激しいエリアです。
塔のように海底からそびえたつ生え根や、包丁で切って落としたかのような崖のような駆け上がり(10m以上)、沈み根や岩盤に絡んだ無数のスリットなど、驚異的な地形をしています。
DSC_2425
南伊豆でも、下田やその周辺ならまだやり易いかもしれませんが、石廊崎周辺のエリアなどは特に地形変化が激しいです。

単純に地形変化が激しいというだけなら、ロックフィッシュのポイントとして魅力的に思えますが、根掛かりが激しく、根擦れも激しいため、このエリアに合わせたタックルセッティングを考える必要があります。

3.流れが速い
とにかく流れがぶっ飛びます(笑)
IMG_y1fjf8
いったん潮が走り出したら、通常のハタゲーム用タックルでは太刀打ちできない激流になります。
もちろん、潮が緩い日も普通にありますが、基本的には流れが速くなることを意識した戦略が必要です。
自分がよく行く、南伊豆の中木の沖磯であれば、1.5~2オンスのテキサスや潮が速くなれば80g前後の鯛ラバやインチクなども普通に使います。
(ショアジギだと200gのジグを投げる方も普通にいる)

ハタゲームのメインメソッドであるテキサスリグだと、シンカーの重さの最下限は1オンス(28g)ほどだと考えた方が良いです。
ラインを細くすれば、それ以下でも底が取れる状況や磯もありますが、上述した地形変化の激しさが相まって、ラインブレイクが連発する可能性があります。


南伊豆エリアのハタゲームについて

ここまで、南伊豆エリアの特徴について書いてきました。
では、実際にハタゲームないしハタの状況としてはどうなのか最後に書いていこうと思います。

結論から書きまして南伊豆のハタゲームは、難しいです(笑)
極めて雰囲気は良いのですが、上述したような流れの早さや根の荒さとの戦いになり、一般的に伊豆のハタゲームとして言われるようなタックルだと太刀打ちできないケースがあります。
それも相まって、南伊豆ではそこまでハタの数釣りというものはできません。
(特定のパターンで爆発する時はある)

それでも自分が好んで南伊豆エリアに足を運ぶのは、その秘境感あふれる雰囲気もさることながら、釣れるハタの平均サイズが他のエリアより大きいからに他なりません。

伊豆のハタゲームと言ったら、ほとんどの方が西伊豆に入られているように見受けられます。(たまに東伊豆)

しかし、多くの方にポイントを叩かれ過ぎているせいか、アカハタで見ると地かたでも沖磯でも、手の平大ほどの小型も混じって来やすい印象です。
もちろん、人に打たれているというだけでなく、南伊豆に比べると流れも穏やかだし、浅場も多くて小型が付きやすいというのもあるでしょう。
感覚的には、西伊豆のアカハタであれば最大35cmほどを超えれれば御の字というところではないでしょうか。

対して、南伊豆エリアであれば35cmほどは普通に釣れます(笑)
壁は、38cmというところです。
それでも、時折40cmオーバーのアカハタや50cm前後のオオモンハタなども上がりますから、ポテンシャルは非常に高いエリアであると思います。

その高いポテンシャルと秘境感溢れる絶景を知ってしまったら、南伊豆の魅力に憑り付かれてしまうことでしょう(笑)
南伊豆エリアでのハタゲームをした事がないという方は、ぜひとも一度行ってみて欲しいなと思います(^^♪


まだまだ書いていきたいところはありますが、とりあえず今回はこの辺にしておこうかと思います。
それでは、また!

初日に続く、2日目です!

初日の記事
http://rockfisher.net/archives/37229551.html

前日は、思わぬビックタケノコにいきなり遭遇し、度肝を抜かれました(゚д゚)!
好調な走り出しかと思いましたが、その後タケノコメバルからのアタリはなく昼は終了。
夜のメバリングで、数釣りを楽しむという状況でした!

今回は、初日の状況を基に、少しアプローチを変えてタケノコメバルを追っていきたいと思います(=゚ω゚)ノ



【状況】
釣行日:4月20日
風速:5m 北東
天候:晴
気温:最大17℃、最低7℃
海況:凪
潮周り:大潮

【ポイント】
場所:能登島 堤防、岩場周り

【タックル1】
ロッド:INX.label FXB-TS79UL Tres SABIO(サビオ)
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:PE0.6号
リーダ:フロロ10lb 5m

【タックル2】
ロッド:Fishman Beams Crawla 83L+
リール:キャタリナTW
ライン:PE2号
リーダ:フロロ25lb 5m

前日は、去年の実績ポイントを攻めたんだけど、なんとなく去年より藻が薄く反応も渋い状況。
それでも、深場が隣接したシャロー域ではタケノコメバルを獲る事ができたし、そこを足掛かりに探していく!

探すべきは、深場隣接のシャローでより藻の密度が濃いスポット

ランガンで、イメージに合うようなポイントを探し回り、特に藻の密度が濃いエリアを発見しました!
DSC_2039
昨日のポイントに比べると、遥かに藻が繁茂している(^^♪
沖目にある藻の切れ目が、駆け上がりとなっていて、狙い目としてはこの切れ目と藻が一番濃いスポット。

ルアーは、
デスアダークロー3.5
+オフセット1/0
+バレットシンカー7g
ロングキャストする必要はないので、ショートキャストで手返し良くピンスポットを打って行く!
歩きながら、ポイントを打って行くと
DSC_2064
繁茂した藻に、海底の地形変化が絡みスリットが形成されたスポット発見!

藻の切れ目に打ち込み、ボトムで軽くシェイクしながら待っていると
『グンッ!』
と、抑え込むようなアタリが!!!

ロッドを送り込むようにして、しっかりと重さが乗ったところで、鬼合わせ!!!

ゴンゴン!!
っと強烈に藻の中に引きずり込もうとする魚をサビオのバットで受け止めながら、引きずり出す!!

上がってきたのは、
DSC_2040
タケノコメバルだぁーーー!!!
見つけたああ(≧∇≦)/
サイズも、30cm弱で非常に良型!
昨日のがやたらデカかっただけで、このサイズが能登島では良型(笑)


いやいや、本当にカッコ良いロックフィッシュです(^^)/
正直、大好きなオオモンハタとどっちが好きかと言われたら、タケノコメバルと答えるかもしれません(笑)
でも、それくらいカッコイイです(^^♪

しかも、その後釣れたスポット周りで、連発!!
DSC_2047
DSC_2050
DSC_2046
DSC_2053
最高に楽しいぞ!!!
合わせた瞬間に猛烈な瞬発力を見せるタケノコメバルのパワー!
それを藻の中から無理矢理引き出す釣りが面白すぎる(*´▽`*)


ここで、タックルをCrawla83L+に持ち替え、前々からタケノコメバルに試したかったロックンチャターを投入してみる!
ロックンチャター21g
+デスアダークロー3.5
DSC_2063
チャターベイトなんて、藻の中に打ち込めるのかと思うかもしれないけど、ロックンチャターはそういった部分も考慮されて設計されているので、非常に藻の貫通力が高い!

せっかくなので、特に藻の濃いスポットを狙う✨
DSC_2067
ちょっとした小さな藻穴に落とし、ボトムでブルブル!っとさせて、少し待っては回収。
また、次の穴を打って行く!

しばらく打って行くと、ブルブル!っとバイブレーションさせた後のステイで
『ゴンッ!!!』
っと、藻の奥に引き込むようなアタリ!

バッドに重さを乗せて、ロッドを引くように全力のあわせ!!

完全にフッキングが成功するも、完全に藻に巻かれてる・・・(;´Д`)
ここは、
Crawlaのバットパワーを活かし、藻ごとひきずり出す!!
DSC_2057
強引ながら、なんとかキャッチ!
ロックンチャターをがっぷりです(≧∇≦)/

DSC_2062
この強引に引き出せるバットパワーもCrawlaを今回の遠征に持ってきた理由の一つ!
見事に期待に応えてくれました(^^♪


そして、続けざま
DSC_2083
小さいながらも、もう一本(=゚ω゚)ノ

去年は、いろいろ釣れはしましたが、タケノコメバル自体は厳しかったので、今回の遠征では十分に満足しました(笑)
そして、この段階で既に夕方。
帰りの時間もあるし、ここは少し休み、最後のメバルに会って帰る事にしました(^^)/

去年、打ったメバルのポイントに移動し🚙
DSC_2107
サビオ&インテで探っていく!

インテで、藻の中を丁寧に探っていくと、
『ゴゴッ』
っと抑え込むアタリ!

合わせていくと、なかなかのパワー!
良いサイズのメバルかな?

と思ったら・・・
DSC_2110
まぁ、確かにメバルだった(笑)
まぁ、インテでも釣れて良かった(笑)

このまま、当たりなく日暮れ
プラグに変更し、しばらく探っていくも、なかなかアタリはなく、昨日とうってかわって非常に渋い。。。
後から入ってきた現地のロックフィッシャーマンと話をしながら狙って行くも、お互いに反応がなく完全に夜。

なんとか、最後に1本で良いからメバルに会いたいと、ベイティに変更!
藻際を丁寧に探っていくと、足元近くで
『ココッ!!』
っと待望のアタリ!


合わせていくと、
ゴゴゴ!!
っと引き込む、子気味良い引き(^^♪

DSC_2111
メバルちゃんだぁーー(^^)/
今回の遠征の締め、やっと釣れました!
なんとも最後に苦戦しました(笑)
でも、これで帰れます(=゚ω゚)ノ


段々と、人も増えて来たしこれで今回の遠征釣行を終えて帰るとします。
最後に、恒例の温泉へ♨
ひょっこり温泉 島の湯
http://user.notojima.jp/shimanoyu/top.html
DSC_2114
500円で、温泉、露天風呂、サウナなどが満喫できます!
ここは去年も書いたんで、詳しく書かなくても大丈夫でしょう(笑)

もちろん、今回もマッサージチェアを楽しんで(≧∇≦)/
DSC_2115
DSC_2116
さっぱり、気持ちよくなったところで、帰路につきます!

のんびり帰りつつ、岐阜の山中で仮眠して
DSC_2118
翌日の昼前には、静岡へ
DSC_2119
DSC_2120
無事、帰還(=゚ω゚)ノ
意外とあっさり帰って来れました(笑)


さて、今回の遠征
序盤で、いきなりのビッグタケノコメバルを釣る事ができて、本当にメモリアルな魚でした(#^.^#)
おそらく、このサイズを超えるには次は宮城の金華山にでも行かないと難しいでしょう(笑)
その後も、多くのタケノコメバルにも出会う事ができたし、メバルにもたくさん遊んでもらう事もできました!
本当に、ロックフィッシュゲームって面白いなって再認識させてくれる遠征だったかと思います(^^♪

また来年、必ず能登の地に戻りたいなと思います✨
今回は、本当に良い遠征でした!


それでは、また!
今回、活躍したタックル






さぁ、能登遠征初日の釣りのスタートです!
日中にタケノコメバルを狙い、夜にはメバルを狙います!

夜のメバルは、藻の絡む常夜灯周り。
タケノコメバルは、藻場の中を攻めていきます(^o^)丿

とはいえ、あたり一面が藻場なので(笑)
基本は、去年に調査したポイントをベースにしたランガンで状況を見つつ、広く探っていきますよ!



【状況】
釣行日:4月19日
風速:5m 北
天候:晴
気温:最大18℃、最低12℃
海況:凪
潮周り:大潮

【ポイント】
場所:能登島 堤防、岩場周り

【タックル1】
ロッド:INX.label FXB-TS79UL Tres SABIO(サビオ)
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:PE0.6号
リーダ:フロロ10lb 5m

まずは、去年の実績ポイントをベースに初めます!
DSC_1987
ポイントは、相も変わらず藻のジャングル(笑)
でも、なんだろう・・・
なんとなく去年より藻の密度が薄い気がする(-ω-;)ウーン
去年とは、少しシーズンの進行具合が違うようです。

これが良いのか悪いのかは分からないが、とりあえずセオリー通り攻めていく
ルアーは、藻の貫通性能を重視してテキサスリグ
バレットシンカー7g
+オフセットフック1/0
+デスアダーホッグ3インチ

狙い目は、藻穴と沖目の藻の切れ目
全てを打っていたら、一カ所のポイントで日が暮れてしまうので、なんとなく釣れそうな感じのするスポットをフィーリングで打っていく(笑)

歩きながら、しばらく打っていった先
少し水深のある場所に隣接したシャローで、潮もよく動き小さなベイトも豊富に見える場所へ
DSC_1993
雰囲気満点の場所での一投目
藻穴ではなく、藻の特に濃い場所にテキサスリグを落とし込んでいくと
ボトム近くで
『ガッ!!』
っと抑えるような感触

あれ?アタリ?いや、根掛かったのかな?

と思いロッドで少し聞いてみると、微動だにしなかったので

『やっぱ、根掛かりかぁ。。。。』
と、ロッドから少しテンションを抜いた瞬間

『グンッ!!!!』
っと、一気にバット近くまでロッドが引き絞られた!Σ(゚Д゚;エーッ!

とっさにサビオに溜めを作ってファイト体制に入ったが、正直この時何が起きたのか分からなかった💦

魚にしたって去年のタケノコメバルを釣った感触を考えると、あまりに重すぎる(;゚Д゚)
内心では、藻にルアーが引っかかった状態で潮の流れで藻が動いたから、引っ張られているのだろうと思った...

でも、それはすぐに間違いだと気づく
藻のジャングルの中、ロッドから延びるラインの先に
『何か黒くてデカいもの』が、うごめいているのが見えたんだ
Σ( ̄□ ̄|||)

『チヌ?マゴチ?!』
能登で釣れる魚をあれこれ考えてみたけど、どれとも違う

もっと、ゴツくてハタのような強靭なパワーがある!


『こいつは、1歩でも引いたらやられる』
と直感し、すぐドラグを締め込みサビオのパワーと粘りを信じ、突っ込みをいなしながら、バッドに魚の重量を乗せるような体制で無理矢理魚を藻の中から引きずり出す!!


・・・タケノコメバルだ


でも、なんだこれ・・・去年見た自分の知っているタケノコメバルじゃない!
黒茶色をして、滅茶苦茶イカつくて、ゴツイ、そして何より超デカい!!!

どうしよう💦
浮かしたは良いが、これ抜けるのか?!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
とはいえ、抜く以外の選択肢はなく、とにかく慎重に力を込めて一気に引き抜いた!


いやったぁああああああああああああ(≧∇≦)bbbbbb

見事抜き上げに成功!
水が近くになかったので、魚をすぐに近くの水辺へ持って行く!
DSC_1976

タケノコメバル(40cm)である!!!

なんなんだよ...この異常なカッコ良さは!?
艶やかで重厚で、なんと堅牢な魚体だろう( ゚Д゚)
その色たるや、まさに鼈甲。
アカハタやマダイのような華やかな美しさとは、また違う。
職人が作り、年月を重ねた日本家具のような、落ち着きと深みのある美しさ。

素晴らしい魚だ...まさに、ベッコウゾイ』と言って申し分ないでしょう(#^.^#)

能登では、平均サイズが20㎝半ばで、せいぜい30cmオーバーが釣れれば良い方。
その中で、このサイズはランカーサイズと言って良いと思います(笑)

そして、そんな魚を藻の中から引きずり出したINX.labelのロッド「サビオ」の底知れないパワーにも、感謝の気持ちを送りたいです(^^)/
「不意の大物とも戦える」という謳い文句は、聞き飽きましたが(笑)
今回の事で、サビオに対する信頼感はより強いものとなりました。
ULクラスのロッドではありますが、魚を掛けてロッドを曲げこんでしまえば、これだけの魚でも抑え込む事ができます。
軽いルアーを投げれて小型の魚を楽しく釣れる良いロッドはたくさんありますが、たいてい大きめの魚に曲げこまれたらドラグ頼りのファイトになります。
しかし、サビオに至っては今回の魚にドラグなど出していません(笑)
延べ竿のようなロッドの粘りで、魚の突っ込みを受け止めながら、残ったバットで魚を浮かしきってくれました。
不意の大物とも戦えるロッドというのは、こうゆう物の事を言うのだと思います(^^♪

それに、ほら!!
DSC_1962
この頑強な顎を完璧に貫通させています!
普通のライトゲームロッドでは、この装甲版のような顎を抜くのは容易ではないですよ(笑)


それにしても、こんな素晴らしい魚に出会えるなんて、今回の遠征は本当に良いものでした!


もう、帰ってもいいかな?(笑)

いや、この時思っていたんです...
『こんなのいきなり釣れちゃったら、ブログの展開的にまずいぞ(汗)』と(笑)

遠征地に到着して半日も経たずに、エンディングフィッシュと言うかドラマ魚が釣れてしまって、正直この後どうすんの?(^^;

普通の人なら、こんな最高の魚がいきなり釣れれば狂喜乱舞するだろうし、自分的にも人生の記憶に残る最高に嬉しい魚だが、ブロガー的には「尻すぼみになるのではないか」という恐怖で一杯でした!(笑)


実際、このあとランガンを繰り返していくのだけど
DSC_1990
DSC_1988
雰囲気は満点でも、全く反応得られず(^^;

去年、真鯛とチヌを獲ったポイントを攻めるも・・・
DSC_2004
全くの無反応(笑)
去年のブログを見ると分かるんだけど、このポイントは大きなカタクチイワシで一杯だったのに、当然そんなに甘くない(^^;


ヤバイぞ( ̄▽ ̄;)
ひたすらにポイントを打っているうちに、既に夕まずめ。

能登では、タケノコメバルが夜には釣れないということで残念ながら、初日のタケノコ狩りは終了。
こっからは、夜のメバリングへ


少し移動して、去年打たなかった灯り付きの堤防へ
DSC_2012
風表で、超寒い🥶

ちょっと辛いんだけど(笑)
まだ、日暮れまでは少し時間があるので、
時合待ちの間に、前から試して見たかったベイティのネコリグを試して見る
ベイティ1.8
+マスバリ
DSC_2015
岸際の藻の切れ目を狙ってシェイクしていると、
藻の中から黒い影が飛び出し、一気にベイティをひったくった!

小気味良い引きで楽しませてくれたのは
DSC_2017
メバルちゃん!
この子は、凄い美しいな(^^)/
お腹の真っ白と、青みがかった背面との対比が素晴らしいし、白ベースの色に模様がよく映える✨


どうやら、ベイティネコリグは本当に釣れるみたいだ(笑)
しかも、まだ日があるのにかなりナチュラルな食い方で面白かったです(^^♪

このままやっていけば、たくさん釣れそうでしたが、なんかちょっと裏技感が強かったので、陽も落ちて来たし王道のプラッキングで攻めていく!

この日は、満月なので夜間が難しくなるから、なるべく早く勝負を決めたい!

ルアーは、去年能登島でドハマりした
ビートイート47

狙い目は、常夜灯で出来た明暗と、水中の藻が絡むスポット
DSC_2033
表層を丹念に巻いていくと、水中の藻の際から飛び出した影が

『ボシュッ!!』
っと、突き上げる!
DSC_2018
可愛いサイズだけど、良い出かたをしてくれました(^^♪
凄い銀ピカです(笑)



そして、ここから連発!!
DSC_2019
DSC_2020
DSC_2022
DSC_2028
DSC_2030
サイズは金太郎飴状態ながら、水面直下を泳ぐビートイートを、水柱を上げて食ってきます!
最高に楽しいです(≧∇≦)/



ここで、ルアーを
シュガーミノー
に変更し藻際をフォールを織り交ぜながら探ると、再び連発!(笑)
DSC_2025
DSC_2023
フォール中にルアーがひったくられる素晴らしいアタリ!
最高に楽しいです(^^)/


しかし、ここで満月がついに浮上(;´Д`)
DSC_2029
周囲が明るくなって、明暗の効果も半減…
プラグへの反応も薄くなってしまった💦

既に、この段階で山ほど釣っているので、もう満足ではあるのだが、ちょうど良い機会なので少し実験(笑)

月夜に強いと言われる、
ベイティのブラックカラー
(お気に入り)
を投入!

表層を巻いていくと、息を吹き返したかのようにアタリが出始めた!
DSC_2031
DSC_2034
本当に、効くんだな(笑)
入れ食いってほどではないけど、明らかに反応は取れるようになっている。
さすが、超お気に入りのベイティブラック!



これだよなぁ。。。本来のメバリングは(^^♪
セオリー通りの攻め方でも釣れて、工夫次第でまた釣れて✨
サイズは小さいけど、これがメバリングの醍醐味ですよ👍



まぁ、自分のホームである伊豆もメバルは釣れるんだけど、こうはいかない。
確かにサイズは良いんだけど、一晩かけて数本釣れれば良い方(^^;

しかし、能登なら数十本である(笑)
まぁ、多少言い過ぎだけど、この日は30~40本ほど釣れましたね!(^^♪


そして、ここで完全に月が昇る・・・
DSC_2037
明日も、朝からタケノコ探しがあるので、今日はこの辺で納竿とすることとしました!

能登遠征初日にして、記録に残る良型のタケノコメバルも釣れ、小型ながらメバルも数釣れて最高のスタートでした!
この後、尻すぼみにならないことを祈って(笑)

それでは、また!

今回、活躍したタックルはこちら!







さぁ、今年もやってきました!能登遠征です!!

去年、初めて能登半島の能登島に遠征に行きまして、すっごい気に入りました(≧∇≦)b
【去年の能登島遠征記事】

今年も、また...あの超カッコ良いタケノコメバルと夜の癒しのメバリングを求めて旅立ちたいと思います!
DSC_1947
静岡から能登まで距離にして、約500km
遠征的には、びっくりするくらい遠いわけでもなく、非常に心地よい距離感(^^♪
まぁ、2度目なら慣れたものです(笑)

仕事終わりで、そのまま出発したので、道中多めに休みつつ、のんびり旅を楽しむ(笑)
DSC_1948
とわいえ、静岡横に長すぎ!
道が混んでたら、静岡県を脱出するだけで2時間近くかかる(^^;
正直、静岡越えが一番の難所です(笑)

まぁ、今回は道が空いていたので、1時間少々で静岡を脱出!
その後の、道中も車は少なめで助かりました(^^♪
去年は、名古屋の先から北陸側へと延びる東海北陸自動車道が、半端ない濃霧でやたら時間がかかりましたが、今回はそんな事もなく、まだ暗い内に能登へと入る事ができました(^^)/

想像以上に早く着いてしまい、朝まづめの時間が少し打てそうだったので、軽くメバルを狙ってみる!
DSC_1955
灯り付きの堤防周り

とりあえず、様子見ができれば良いので、ジグヘッドの0.8gにベイティの1.8で探っていくと、明暗の切れ目で
『ゴゴッ!』
っと、くわえ込むようなアタリ!

能登での最初の1本なので、慎重にやり取りして・・・
DSC_1958
メバルきたあー(≧∇≦)b
今回の遠征で、最初の1本!
一年ぶりの能登メバルとの再会!感動です(#^.^#)

そして、この当たり前の場所でセオリー通りにヒットしてくれる素直さ。
どこぞの、伊〇半島のメバルにも見習ってもらいたい(笑)

まぁ、とりあえず幸先良く1本が取れまして、この段階で夜明け!

こっからは、日中に本命のタケノコメバル!
夜には癒しのメバリングと狙っていきますよ!

本腰入れての釣行は次回以降で、書いていきますね('ω')ノ
それでは、また!

春のアカハタ探し2日目!
地磯です!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

今回、同行する仲間は2人。
1人は昨日の沖磯に行った仲間で、もう1人は夜中に合流しました!
そして、2人ともベイトタックルは初心者というか初導入である(^^♪
(正確には、1人は昨日の沖磯で使いましたね(笑))

さて!
前日は、沖磯を攻めるも最初の反応だけで、その後沈黙Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
この感じだと地磯もヤバいかなと思いつつも、黒潮の感じを見てより水温が高まるであろうエリアを選定し、攻めてみる事にしました!



【状況】
釣行日:4月14日
風速:3m 西
天候:晴
気温:最大18℃、最低11℃
海況:若干のうねり
潮周り:長潮

【ポイント】
場所:伊豆 地磯

【タックル1】
ロッド:TULALA Harmonix Corona 106
リール:キャタリナTW
ライン:PE2号(キャタリナ)
リーダ:ナイロン25lb 5m


前日の沖磯釣行後、目的の地磯近くの駐車スペースで朝まで仮眠。
日の出と同時に地磯へのアタック開始!
DSC_1824
今回の磯は、そこまで深くはないが、潮通しは良い。
地形変化も激しく、根掛かりも多いがそれだけ可能性がある。
DSC_1830
ただ、昼頃には風が出てくる予報だったので、午前中のみの短時間釣行。
潮位変化は前日と同じでほとんどないが、朝方に干潮、昼頃に満潮が来るので、狙いのタイミングとしては、その2回。

朝イチは、潮通しが良く比較的足場の良い立ち位置で狙うも、前日と同じくフグの猛攻(;^_^A
若干のうねりが入ってきているためか、ハタからの反応は皆無...

風が出てくるまで時間がないし、まずいなぁ。。。と、どうするか考えていると

仲間から
「湾の奥の方はどうか?」
という提案。

「うねりの影響が僅かにブロックされる分、まだマシかもしれない」
と思い、ここで移動を決断。

やや内湾のポイントへ。
この段階で、上げ潮に入った所。


仲間と共に、ひとしきり探るもなかなか反応が得られず、沈黙の時間は続く(-ω-;)ウーン

湾奥でもウネリの影響がかなり出ていたので、
これは、ダメかなぁと内心思っていたところで、今回合流した仲間に強烈なヒット!!

見ていると、なかなかのパワーの様子!

やり取りの末上がってきた魚は・・・
まさかの、誰一人予想していなかった魚だった(笑)
何が釣れたかは、釣った本人のブログ(以下、URL)へどうぞ('ω')ノ
https://ameblo.jp/fuga1994/entry-12455744499.html


仲間の一人がなかなかの魚を釣り、昨日一緒に沖磯に渡った仲間は、内心相当に焦っていただろうが、その後ひたすらに投げ続けた。。。

その時はちょうど、上げの潮が止まる瞬間だった!✨

沖目に見える磯の張り出しの先にルアーを投げ込んだ時、待望のヒット!

しかし・・・フッキングが甘かったのか見事にすっぽ抜け(;´Д`)


その瞬間の、絶望の淵に叩き落されたかのような、死にそうな仲間の顏・・・(笑)

ルアーを見るとフックに魚が触っていないようだったので、すぐに同じ所に投げ込むように伝えて、そこに打ち込んでみると!

一発でヒット!!!!
その時の様子は、動画でご覧ください!

 

上がってきたのは、40cm級のアカハタ!!
DSC_1897
彼のベイトタックルを使った初のアカハタである!
ってか、ルアーでアカハタを釣ったのも初めてか(笑)

DSC_1886
おそらく、彼の人生で記録と記憶に残る最高の1本になったことでしょう(^^♪
2日間、本当に苦しみ抜いた末に行きついた、素晴らしい魚でした!



今回、案内した自分としても、仲間が釣ってくれる事ほど嬉しい事はありません( ノД`)シクシク…
釣り上げた時の歓喜に満ちた仲間の顔を見て、こんなに嬉しく感じるとは思いませんでした(笑)

それに、このベイトタックルを揃える時からも相談に乗っていたので、それで釣ってくれた事にこれ以上ないくらい感動しました。
正直、自分で釣るよりも嬉しかったです(笑)

そんなことで、正直もう満足してしまったのか、自分は全くのノーヒット(笑)
それでも、凄い満足感に満ち溢れてたので、全然悔いはなかったです(*´▽`*)



という事で、今回の釣りは終了となりました!

自分は、初日だけでその後沈黙してしまいましたが、ハタゲームを始めたばかりの仲間が見事な魚を釣ってくれたので、結果的には素晴らしい釣りだったかなと思います(=゚ω゚)ノ
私、個人のリベンジはゴールデンウィークにでも全力で行いたいと思います!

それでは、また!

今回は、以前より仲間から要望があった磯場でのハードロックフィッシュゲームです!

行程は、2日間。
1日目が、沖磯。
2日目が、地磯を攻めます('ω')ノ

今回、一緒に同行する仲間はルアーでのハタは未経験。
また、先日ベイトタックルを購入し、当然初の実戦投入ということで、期待が膨らむところです(笑)

ということで、まずは沖磯です!



【状況】
釣行日:4月13日
風速:3m 東北東
天候:晴
気温:最大15℃、最低8℃
海況:凪
潮周り:小潮

【ポイント】
場所:南伊豆 沖磯
渡船:重五郎屋 中木丸

【タックル1】
ロッド:TULALA Harmonix Corona 106
リール:グラップラー300HG、キャタリナTW
ライン:PE3号(グラップラー)、PE2号(キャタリナ)
リーダ:ナイロン25lb 5m

集合は、いつも通りの5時半
DSC_1754
仲間とは夜中に落ちあって、駐車場で仮眠してたんだけど、なんか仲間は興奮しきってて5時頃には車の周りで飛び跳ねてた(笑)
それで目が覚めたんだけど、なんか超ウケました(笑)

今回の沖磯は、湾の内側の磯
DSC_1772
風と波をブロックできる磯で、内側といっても投げれば30m近い水深
DSC_1774
DSC_1782
足元でも、10m程度の水深がある。
DSC_1770
まず仲間は、テキサスリグで開始!
DSC_1767
自分は、
ロックンチャター21g
+スワールテールシャッド4.8
今日は潮の潮位変化がわずかしかなく、活性が低いだろうと考えて、強波動で魚のスイッチを入れるイメージ

沖の駆け上がり際を、リフト&フォールで探っていくと
ボトムからブルブルっと誘い上げたところで、
『ゴンッ!!!』
っと、気持の良いアタリが!

一気にフッキングをたたき込むと重々しい引き!
水深30m近いので慎重に浮かせて来ると
IMG_-q706ui
アカハタだぁーーーΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
やっぱ、潮が弱い時には強波動が良い仕事をしますね(笑)
IMG_-yj50di
5インチ近くボリュームもあるスワールテールシャッドをガッツリです!

その後、続く反応を得られなかったので、目線を変えようかとテキサスリグを入れてみるも・・・
フグの猛攻Σ(゚д゚lll)ガーン
DSC_1783
しかも、よく分からないことに、ホワイトやクリア系統のカラーのみがかじられる、よく分からない状況💦

仲間とひとしきり探るも、ハタというか根魚の反応は全くなし( ̄▽ ̄;)

ここで、磯替わり!
DSC_1801
浅い所から深い所まで混在した、非常に広く面白い磯!
DSC_1804
DSC_1787
DSC_1789
しかし・・・
ロックンチャターやテキサスリグで広く探るも、残念ながら無反応…
潮が全然動きません😢
DSC_1784

仲間も諦めずに、浅いエリアから深いエリアまで広く探っているも、反応はない様子
DSC_1795
DSC_1792
この後、仲間とひたすらに探って行くも、残念ながらハタからの反応を得る事はできず(-ω-;)ウーン

DSC_1812
不完全燃焼ながら、納竿の時刻となってしまいました( ̄▽ ̄;)

いちよ、今回アカハタの反応を得る事自体はできましたが、朝イチの時合のみ。
水温的には悪いタイミングではなかったのですが、春のやや難しい時期で潮が動きにくい潮周りは、少し難しかったかもしれません(;^_^A
ベイトもたくさん見えたし、海の状況的には悪くないので、あとは潮の動き次第かなと思います。


さて、激渋のスタートとなってしまい、盛り上がりどころがない記事となってしまいました💦
しかしながら、状況変化が激しく当たり外れの大きいのもまた春シーズンというものです。

こんな感じで、翌日の地磯の雲行きも怪しかったですが、果たして結果が出たのかどうか(笑)
ベイトタックル初挑戦の仲間は、釣れたのかどうか・・・良ければ、ご覧ください!

それでは、また!

翌日の記事はこちら!
http://rockfisher.net/archives/37161120.html

前回の記事では、深夜から早朝にかけてのメバリングでした('ω')ノ

今回は、メバリング後の日中に行ったライトゲームです!



【状況】
釣行日:4月7日
風速:2m 東
天候:晴
気温:最大23℃、最低9℃
海況:凪
潮周り:大潮

【ポイント】
場所:伊豆 堤防周り

【タックル1】
ロッド:INX.label FXB-TS79UL Tres SABIO(サビオ)
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:PE0.6号
リーダ:ナイロン6lb 3m

【タックル2】
ロッド:Fishman Beams inte7.9UL
リール:Revo LT
ライン:ナイロン2lb

開始が7時頃
メバルの時合が終わり、満潮潮止まりからのスタート

まずは、手堅く
ジグヘッド1.8g
+ベイティ2.3
で探っていく!

ボトムの地形変化や、沈み根周りを攻めていくと、ボトムで
『ガガッ!!』
っと抑え込むアタリ!

すかさず合わせを入れていくと、重量感のある馴染みの感触(笑)
浮かせて来ると
DSC_1725
DSC_1727
ガッシーさん(^^♪
この子たちは、本当にいつも遊んでくれますね!
いつまでも、友達でいて欲しいものです(笑)

ここで、満を持してアレを投入する!
この前買って来たマキッパである!(笑)

いや、正直メタルマルの2番煎じだと思ってたので、あえて買うまでもないとしていたんだけど、安く売ってたので酔狂で買ってみた(笑)
IMG_-6sgt20
とりあえず、サビオで扱う事を考えて10g

キャストして着底を取ったら、ただひたすらに巻いていく!
他のメソッドはマキッパには不要。
むしろ、マキッパはただ巻き以外で釣ることなど許されない。いや、釣れるはずがないのだ!
なぜなら、『マキッパ』だから!(笑)
万が一、フォールやジャークなどで釣れた場合、『オトシッパ』や『シャクリッパ』などへの改名を要求せざるを得ないだろう(笑)

とにかくひたすらに、ボトムから中層までをマキッパしていくと、ときどき
『コンッ』
とかって何かが触るような感触があるが、ベラとかなのかイマイチ食い込まない(^^;

やっぱ、ダメッパなのかなぁ。。。(笑)

と思いつつ巻いていくと、沖の駆け上がり際の中層で
『ガンッ!!』
っとさっきとは違う力強いアタリ!

が、それでも食い込まない!(;゚Д゚)

今のアタリは、何か違う!
と思いすぐさま再着底をとり巻きだすと、ボトムから数巻きしたところで
『ゴンッ!!!』
っとひったくられた!

合わせの必要もなく、既にサビオが気持ちよく曲がり込み、フッキングが成功していた!
ロッドを立ててじっくりと巻いてくるが、やたらと引く( ゚Д゚)

この時間に、大型のメバルか!?
それにしたってトルクが凄いぞ!なんだこれ(^^;
(正直に言うと頭の中は、マダイ勝確だと思ってた(笑))

メバル用のドラグ設定だったので、じっくりと楽しませてもらって上がって来た魚を見て驚いた(笑)
IMG_-qsqnhh
オオモンハタだぁああああ(≧∇≦)/
嘘だろ(笑)

見ている人は、『この前、アカハタだって釣ったじゃないか。何を驚く?』
とかって思うかもしれないけど、そうゆうポイントより遥かに水温が低い場所なんだ(^^;
自分が考えていたオオモンハタの適水温の下限より、2~3度は低かったと思う。
今年がいかに高水温で推移しているとはいえ、沖の根回りならともかく、ショアラインに指してくる状況ではないと考えていました。
驚いた...もしかしたら想像よりもシーズンが進行しているのかもしれません。
今後の釣行のプランを見直さなければならないと思わせる1本でした(*'ω'*)

マキッパやるじゃん!見直した(笑)

この後も、マキッパでオオモンハタ狙いで一通り探っていくも残念ながら、2匹目のドジョウはおらず。
戦術を変えて、マイクロジグのショアスローでボトム際の反応を見ていくと
DSC_1736
DSC_1737
この子たちは、軽快に遊んでくれました(^^♪
オオモンがいれば、すぐに反応したと思いますが、やはり数はいない様子。

この段階で、既に深夜から釣りを続けて来たため眠気がMAX(ノД`)・゜・。
最後に、ベイティのネコリグを試して見る!
階層際を潮の流れに乗せて、時折シェイクしながら流していくと、
『コツコツ!コツコツ!』
っとめっちゃアタる!

凄い楽しい(笑)

じっくりと探っていくと、急に
フッっとルアーが消えたので、聞き合わせていくと
『ゴンゴンゴン!』
っと手ごたえ!

大きくはないけど、ベイティネコリグでの初フィッシュなので慎重に上げてくると
DSC_1733
やっぱガッシー(^^)/
なんか嬉しい(笑)

それにしても、ベイティのネコリグは適当にスナップにマスバリ付けてやってみたけど、本気で使ったらこれは、ヤバそうだな(^^;
たぶん、静岡のメバルも釣れると思う(笑)
というか、アタリの出方が餌をついばんでるような感じがする。
ネコリグの名前の由来は、「根こそぎ釣るリグ」だったと思うけど、確かにこれは何でも釣れちゃいそうだよ(笑)
今後、沼津や伊豆でも検証していきたいと思います!

さて、もう眠すぎなので、ここで納竿となりました(笑)

今回は、オオモンハタの反応が得られるという思うわぬ収穫がありました!
この状況の中で、オオモンが釣れるというのは、自分にとって非常に有用なものです。
1本出た以上は、状況を合わせていけば狙う事が可能なはずです('ω')ノ
GWも控えていますし、ここからはオオモンハタも視野に入れて調査をしていかないといけませんね(笑)

それでは、また!

前回は、磯釣りでしたが・・・
今回は、堤防周りのメバリングをやってきました!

本来は、磯に行きたかったのですが、6日(土曜)に車屋に行く予定があったため、磯行きは断念。
ちょうど、新月周りの大潮だったので、メバリングをする事となりました(=゚ω゚)ノ



【状況】
釣行日:4月7日
風速:2m 東
天候:晴
気温:最大23℃、最低9℃
海況:凪
潮周り:大潮

【ポイント】
場所:伊豆 堤防周り

【タックル1】
ロッド:INX.label FXB-TS79UL Tres SABIO(サビオ)
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:PE0.6号
リーダ:ナイロン6lb 3m

【タックル2】
ロッド:Fishman Beams inte7.9UL
リール:Revo LT
ライン:ナイロン2lb

現着、開始は深夜2時
満潮潮止まりが早朝6時半なので、反応が得られるとすれば、夜中の潮の動き始めか早朝朝まずめ。
今回の狙いの時合は、この2回のタイミング(=゚ω゚)ノ
ポイント入りは、上げの潮が動き始めるであろうタイミングの直前。

前日に、下見をした時は、5cmほどのハク(ボラの稚魚)の群れが見え、ベイトの状況は悪くない。
DSC_1732
まずは、試しに持ってきたナイロンタックルで状況を探っていく!
ルアーは、
ジグヘッド3g
+ベイティ2.3
表層は、全く反応がないながらも、ボトムを探ると
モゾモゾ!
っとしたアタリが(^^♪


ネンブツダイかなぁ~と思いつつ上げてくると
DSC_1703
ガッシー(^^)/

ん~ちょっと今回、試しにナイロンを巻いてきてみたんだけど、やっぱボトムでの感度は最悪だね(笑)
アタリが分からないわけではないけど、フィルターがかかったかのような鈍重な感触。
久しぶりにナイロンを使ったので、なかなか面白いけど、やはりボトムには向いていないな(;^_^A

それでも、魚が暴れにくいので、バレにくいし割とスルスルと寄せてこれるメリットもある。
使うならリトリーブの釣りが向いているかな(^^♪


さて!
続けていくと、
DSC_1704
さらに、ちびガッシーさん(^^)/

表層からボトムまで、丹念に探るも反応があるのはガッシーのみ(;^_^A
深夜の潮が動く時間を攻めるもメバルさんの反応はない…

ちょっと、厳しいかなぁと思いつつ、粘って迎えた朝まづめのタイミング🌞

魚のレンジも多少は、浮いて来てるかなぁ~と思い、ここでサビオのPEタックルに持ち替えて探っていく!
ルアーは、
ジグヘッド0.8g
+ベイティ1.8
岸壁に、海藻が生えているので、表層岸壁際をゆっくりとデッドスローで巻いていくと・・・
ゴン!!
っと、小気味良いアタリ!

これは、完全にメバルだな!
と確信して、慎重に巻いてくると、
DSC_1713
またかいっ!(笑)
普通に、表層のリトリーブの釣りで食ってきた(^^)/
ガッシーもベイトを追っているのか、表層を意識しているみたいだ(笑)

しばらく、続けていくと、
表層でハクに付いていると思われるライズが起き始める(^_-)-☆

『バシャッ!。。。バシャッ!』
っと、一定の場所で、単発のライズ!

シーバスなどがベイトを追い回していると、こうゆう出方はしない。
明らかに、潮やストラクチャーなどに着く魚のライズ。


ここは、ライズの出ているスポットをピン打ちで狙っていく!
スローで巻いていくと、岸壁の直下1mほどに海藻が繁茂してるスポットにルアーが通りかかった瞬間に、海藻の際から黒い影が勢いよく飛び出し、一瞬でベイティを引ったくって藻の中に突っ込んだ!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

グングン引いてく!!
気持ちいい(≧∇≦)/
慎重にやり取りして、ぶっこ抜き!
食い込みが良すぎて、ぶっこ抜いた瞬間にラインがルアーの結束部で切れた💦
それでも・・・
IMG_tve5z9
メバルだぁーーーーーv( ̄∇ ̄)v
お久しぶりです!!(笑)
しかも、そこそこに良型(*´▽`*)
嬉しいです!そして、楽しいです(笑)
IMG_-z11v4s
ベイティがっぽり(^^)/
ベイトになっているハクのサイズともマッチしていたし、『稚魚ホワイト』というベイティのシルバーラメが入ったカラーも良い感じに合っていたのかもしれません(笑)



良い感じのライズで、メバル自体は何本か見えましたが、非常に時合が短く残念ながら今回のメバリングは単発で終了。
活性が高そうで、尺に絡みそうなサイズも見えたのに残念です( ̄▽ ̄;)

まぁ、それでもメバル自体は相当にヤル気になっていたし、良型揃いだったので、今の時期の状況が確認できただけでもヨシとしましょう(^^)/
伊豆のメバリングは、非常にロングランで初夏頃までは狙えますから焦る事はありません(笑)


また、おいおい狙って行きたいなと思います!
実は、この後に昼のライトゲームもやったので、それはまた後ほど記事にしたいと思います(=゚ω゚)ノ

それでは、また!

前回に続き、今回も磯です!
前回の磯記事⇒http://rockfisher.net/archives/37027267.html

そして、今度こそ狙うは・・・ハタ!!!
前回と違い、うねりは大きくないが、水温は前回よりも低い状況。
しかし、水温が日々激しく上下していた前回と違い、今回は水温が17度後半で2~3日安定しているタイミング。
適水温としては18度以上が望ましいと思うが、変化の激しい春シーズンの中で水温の変動が安定し、少しでも状況が落ち着いているなら、それもまた一つの狙い目( ̄ー ̄)ニヤリ

非常に僅かなタイミングですが、狙いに行ってみました!



【状況】
釣行日:3月30日
風速:6m 東北
天候:曇/晴
気温:最大16℃、最低9℃
海況:うねり小
潮周り:小潮

【ポイント】
場所:南伊豆 沖磯

【タックル1】
ロッド:TULALA Harmonix Corona 106
リール:グラップラー300HG
ライン:PE4号
リーダ:ナイロン30lb 5m

今回は、非常に水深があり潮通しが良い磯!
春期で魚のレンジも深いだろうという思いあるが、何より実績が豊富な磯なのだ(^^♪
DSC_1644
特に今日は、周囲にカモメも飛んでいて、非常に雰囲気が良い(^^♪

まず狙うは、磯に対し沖の潮が当たり巻き返すスポット。
水深にして20m前後で、沖には沈み根や駆け上がりなどの地形変化が豊富な場所。
ルアーは、
デスアダーカーリー5インチ
+シンカー35g
+フロート夜行玉
+オフセット5/0

ボトム際をリフト&フォールや、スイミングなどで探っていくも、反応なし(-ω-;)ウーン
というより、今日は全く潮が動いていない。。。
当日の潮が、小潮ということで、特に潮が動きにくいタイミング。

それでも、この水温変化が落ちついていているタイミングなら、最盛期同様に潮の動きだし、止まり際に反応する可能性が高い。
それであれば、1日の内でおそらく僅かしかないであろう潮の変化のタイミングを慎重に狙っていくしかない。

ここは、少しでも潮通しが良い岬状の立ち位置へ移動する
DSC_1625
探って行くと、若干ではあるが潮が動いている様子。
まだ、こちらの立ち位置の方が可能性がある✨

足元から沖に伸びる根に、沖の潮が当たるスポットをメインに、丹念に探って行くと、

ボトムに着底させて一瞬ステイさせた瞬間に、
モゾモゾ!
っと、口先で押さえるようなアタリ!


一瞬送り込んで、聞き合わせをするようにスイープに合わせると、
ゴゴゴ!!
っと感じる重量感!

来たぁーーー(≧∇≦)/
そこそこの重量感なので、慎重に丁寧に上げてくると
DSC_1601
おーガッシーさんでしたか(笑)
確かに、ハタにしては少し引き込みが弱かったですね(笑)
それでも、春らしい良型で良い感じです(=゚ω゚)ノ



続けていくと、同じスポットで、
ゴゴゴ!!
っと同じようなアタリ!


合わせを入れていくと、
お!さっきより重い!!
DSC_1603
サイズアップのガッシー!!
足元近くの根際を攻めてるんだけど、それでも水深が20~30mくらいあるので、水圧の影響が出てしまいますね…この子は美味しく頂くとしましょう。


非常に良い感じです(=゚ω゚)ノ
ガッシーが先にバイトするってことは、まだ潮が弱いのかもしれません。
それでも、状況は確実に良くなってきています。

このまま、粘って狙って行くと・・・昼前の潮止まり寸前
遠投し、沖の深場から足元際の駆け上がりまでの地形変化を丹念に探っていると、
駆け上がりの斜面にシンカーが付いたところで、ゴロゴロと転がり落ちていってしまう感覚。

そのまま、糸を張らず緩めずで送り込んで行くと、シンカーが止まった所で・・・
ゴゴン!!!
っと抑え込んで、引き込んでいくようなアタリ!

根の一番深いところで当たっているので、合わせと同時に魚を浮かすくらいの気持ちで
鬼フッキング!!!

ゴリ巻きしていくが、
ゴン!!ゴン!!!
っとガッシーとは明らかに違う力強いパワー!

何度か根にスタックしそうになりながら、浮かしてくると
DSC_1614
アカハタきたぁ―――――(≧∇≦)/
しかも、良型だ!
2019年の春シーズンとして、開幕を告げる1本!
最高です(*´▽`*)
久しぶりに釣ったけど、やっぱアカハタって超絶美しいです!超嬉しい(笑)


かなり根の奥の方で食いましたが、南伊豆ってスリットみたいな地形になっている場合があって、シンカーが転げ落ちていった先でヒットする事もあるから、焦って次のアクションに移る必要はありません(=゚ω゚)ノ
ラインテンションを抜いて落とし込んじゃうと、根掛かってしまうので注意が必要ですが、反応が渋い時ほどじっくりと探るのが良い場合もありますよ(笑)


さて、続けていくと、この時合で
DSC_1620
もう、1本!(*´▽`*)
そこまで、大きくないですがやはり釣れるタイミングに入れば釣れますね!



ここで、磯の反対側の様子を見ると・・・
あれ!?ナブラが出てる!!!
DSC_1631
急いで、タックルを準備して終始投げ続ける!
DSC_1635
が、残念ながらノーヒット(;^_^A
というか、ほとんど射程距離に入らなかった。。。
一回だけ近寄ってきて、何か触ったような気がしましたが、残念ながらすぐ離れていってしまいました💦


そして、ここで終了時間。

今回は、虎視眈々と狙っていた3月のアカハタをついにゲットする事ができました(*^▽^*)
まぁ、ほぼ3月末なんですが(笑)
それでも、反応が得られ始めたということで、伊豆のアカハタの春シーズンが開幕したと言って良いでしょう(^^♪
まだ水温変化が激しく不安定な状況が続くでしょうが、徐々に反応も良くなっていくと思います。

また、特に春期は夏を前に餌を荒食いするようで、5月頃にはかなりウェイトが乗ったアカハタが釣れるようになります(=゚ω゚)ノ
当たりはずれが激しく難しいシーズンであるのは事実ですが、それだけコンディションの良いアカハタに会う事ができます!

読んで頂いている方で、磯のハタゲームをやられる方がいらっしゃったら、夏まで待つなんてもったいないですよ?(笑)
確かに春は難しいですが、それだけ価値ある魚に出会う事ができます。
ぜひ、1度春のアカハタを狙いに行ってみて下さい!


それでは、また!

今回は、今年初めての磯釣りですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
本来は、厳寒期なども来たかったのですが、仕事の都合でなかなか来ることができませんでした。。。

しかし、年度末に近づき仕事もだいぶ落ち着きを見せ始め、待ちに待った『磯』へ行ける時がやってきました!
久方ぶりの磯釣りという事で、まずは厳寒期でなまり切った体と感覚を叩き起こさないといけません!

ここは、馴染みの南伊豆で、磯釣りの魂を目覚めさせて来る事としました('ω')ノ

とりあえず、今シーズン初のハタをメインに行ってきました!



【状況】
釣行日:3月23日
風速:6m 東北
天候:曇/晴
気温:最大13℃、最低5℃
海況:うねり

【ポイント】
場所:南伊豆 沖磯

【タックル1】
ロッド:TULALA Harmonix Corona 106
リール:グラップラー300HG
ライン:PE4号
リーダ:ナイロン50lb、80lb 5m

この時季だと、渡船屋さんへの集合時間は5時30分
DSC_1458
なんか、久しぶりで、やたらとワクワクする(笑)
シーズン中は、月1~3回くらい遊びに来るから慣れているはずなのに・・・
既に超楽しい(≧∇≦)/
DSC_1459
ドキドキしながら出船🚢
本当に、なんで今回はこんなにドキドキするんだろ(笑)
DSC_1460
朝一、渡してもらった
サラシがやばいΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

ヒラスズキは、良さそうだけど、こうゆうウネリの入った時はあんまり良くないんだよね(;^_^A
と…とりあえず、青物シーズンだしダイビングペンシルで様子を見る(笑)
DSC_1464
しかし、ひとしきり探るも反応なし(;^ω^)
サラシの中をミノーで探っても残念ながら、無反応💦
ハタを狙うも、小さいアタリが少しあっただけで、ヒットなし・・・
ここで、船長が様子を見に来てくれたので、磯替えをしてもらう事に(^^)/

新しい磯!!
DSC_1478
ここも、素晴らしいサラシ!ヒラスズキが良さそう!
DSC_1482
特にここは、離れの磯との間が水道になっていて、魚が付きやすい。
しかも、今日は画像右から左に向かって潮が走っているのだけど、自分の立ち位置は潮が巻き返すポイントになる。
シーバスで言う所の橋脚の裏の反転流みたいなもの(笑)
ベイトが付きやすく、ヒラスズキも定位しやすい場所(^^♪
DSC_1486
とりあえず、大好きなルアー
アドラシオン120F
で足元際のサラシからチェックしていく!

第一投目!
付きそうな場所はいくつか見えるが、場を荒らさないため基本は手前から釣って行く!
狙い目は、足元。
磯際のえぐれに付いているであろうヒラスズキを誘い出す('ω')ノ

慎重にサラシが入るタイミングを見計らって、磯際にサラシが伸びたところで際を引いてくると・・・
サラシが少し薄くなる切れ目で、
『ゴンッ!!!』
っと、重々しいバイト!


コローナの穂先が持ち込まれたところで、バットに乗せながらロッドを引くようにフッキング!
ガッツリかかった手応え!(^_^)b

ドラグはほぼフルロックでかけているので、ロッドの粘りと自身の体のバネで突っ込みを抑え込むようにファイト
そして、浮かせたところで一気にぶっこ抜く!!
DSC_1472
ドーン!2019年の初ヒラスズキ降臨!!やったよぉ(≧∇≦)/
やっぱ、磯ヒラスズキは超カッコイイ!


そして、続けざま!
磯際を攻めて・・・ドンッ!!
DSC_1488
最高!!丸々として素晴らしいヒラスズキ!
ホント、美しい魚だよ~(*´ω`*)


ここで、少しポイントを休めようと、ジグを投入!
激投ジグ60g
DSC_1531
磯際の駆け上がりを重点的に誘っていくと、着底からの早巻きで

『ドンッ!!!!』
っと引っ手繰るようなアタリ!

一瞬、ヒラスズキかと思ったけど妙に根に向かって下へ下へと突っ込む!!
そこまで大きな魚では無さそうだったので、ゴリ巻きで浮かして・・・
DSC_1497
お!!これは・・・・ヒレナガカンパチだ!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
超美味いやつきた!!!(笑)
サイズはショゴだけど、カンパチは小さくても美味しいから最高に嬉しい(^^♪



そして、ここでヒラスズキ狙いに戻る。
さっきは、足元を打ったので次は、沖の潮が絡む離れの根際をピン打ち!!
DSC_1514
ここでも、根際をルアーが抜けた瞬間にゴンッ!!
っとヒット!

一気に寄せて、ぶち抜いたんだけど、
写真を撮ろうとして近寄ったら跳ねてオートリリース(゚Д゚;)
まぁ、1本は1本だろう(笑)

続けて、足元際の地形変化を攻める!
見えないけど、根が沈んでいて写真右から来た流れとサラシが巻きこんでいるスポット!
DSC_1513
サラシが抜けてくるタイミングを見計らって、潮の流れに乗せて根際に流し込むと
ガツン!!!!

っと今日イチのバイト!!

ドラグ7kgかけているので糸が出る事はないが、すっごい根際に突っ込む!!


少しサイズが上がったカンパチかと思ったら、ギラッ!っと輝く銀鱗の魚体
若干、心配だったが、気合を入れてぶち抜くと!
DSC_1508
70弱の良型のヒラスズキ!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
産卵終わりなのか、少し痩せていましたが、良い引きでした!

DSC_1511
フックだって、伸びちゃいましたよ(笑)
ってか、ヒラスズキとは言え7kgドラグを掛け続けてファイトするのは、さすがにフックに負担がかかりすぎるな(;^_^A

でも、フックの掛かり方にもよるんだけど、ダメージが少なくリリースできるやつはなるべくリリースしたいので、自分はどの魚でも魚の体力を削り切らないように、タックルのパワーでねじ伏せる釣り方をしています(^^)/
実際、ドラグを締めこんでおいた方が、魚のパワーをダイレクトに受けるので、ロッドが思いっきり曲がるし、力と力のやり取りって感じがして好きなんですよね(笑)


DSC_1503
その後、今度はハタを狙おうとワームに変更し、沖の瀬際のボトムを攻めた時、事件が起きる💦
ルアーは、
ジグヘッド36g
+スワールテールシャッド4.8
+ブレード

潮の流れに乗せて、ボトムから少し浮かせて一瞬待った時だった・・・
ゴンッ!!!
っと、強烈にアタッたかと思ったら・・・

尋常じゃない力で、一気に根に向かって突っ込んでいかれた!!
まさに、暴力以外の何ものでもないパワー(゚Д゚;)
7kgドラグがいとも容易く、引き出されてしまった💦


ボトムまで成す術もなく持って行かれたところで、脳裏をよぎったのは船長の言葉
『気づかれないようにゆっくり浮かせば、浮いてくる』
そこで、じっくりとテンションをかけていくと、ゆっくりとだけど2~3m浮いてきた!

これは、いけるかも!!
そう思った瞬間に、相手が本気を出し、一気に突っ込む!

・・・・・・

ここで起きた、自分の最大の失敗は、この突っ込みの瞬間にスプールを押さえて全力で止めに行ってしまった事・・・
思いっきりコローナがフルベンドした次の瞬間に、バチンッ!!!!
PE4号が弾けました😨
この瞬間に、一緒に自分の心も砕けました。。。

その当時のTwitterのツイートがこちら、
相手は、おそらくモロコ(クエ)
相手の引き方から見るに、大型青物ってことはほぼ無いので、確実に根に付く魚という事で、間違いないと思われます。。。
そもそも、ここはモロコ狙いの人も上がる磯で、過去には40kg近いモロコも上がっている名所です。
悲しいというか、悔しさで30分くらい動けませんでした。


気を取り直して、リーダーを結びなおし、もう一度スワールテールシャッドで攻めていく!
DSC_1525
サラシの絡む、沈み根際のボトムから中層を潮に乗せながらじっくりとスイミングさせていく!
DSC_1505
沈み根際をルアーが通った時に、
ゴンッ!!
っと引っ手繰るアタリ!


お!2回目のチャンスか!
と思ったらエラ洗い(笑)
DSC_1519
なんとなく、今日イチにカッコ良いヒラスズキ釣れた(^^♪
スワールテールシャッドをがっぷりといってました(笑)


まぁ、モロコではなかったけど、そうそう甘くはいかないもの(;^_^A

この後、残り時間を60gのモンスターヘッドにモンスターシャッド6インチでモロコを狙ってみましたが
DSC_1530
残念ながらノーヒット…

まぁ。。。
そりゃ、そうだ(笑)

ということで、ここで時間となり納竿という事になりました。

今回、春の磯という事で、今期初のハタを釣りたかったのですが、海況悪くノーヒット。
その代わり、ヒラスズキが5本にショゴが1本という好釣となりました(^^)/

仕事が忙しくて、久しぶりの磯だったのだけど、磯は快く出迎えてくれました(*´ω`*)
やっぱ、自分は磯場での釣りが一番好きですね!
モロコみたいなのもヒットしたりで、ホント夢しかないフィールドですよ(笑)

いつか、でっかいモロコをまた掛けて、次こそは獲りたいと思います(^^)/
またタックルなど戦略は考えないといけませんが、絶対に獲ってみたい幻の魚です!
必ず仕留めてやりますよ(≧∇≦)/


さて、今期の磯もなかなか良いスタートが切れたと思います(=゚ω゚)ノ
こっから、磯釣りがメインになってくるので、さらに楽しくなりますよ(笑)


それでは、また!

沖堤防での、20時間以上もの釣行を終えて、ゲストハウスに帰ってまいりました(^^)/
これで、今回の奄美遠征の全ての釣りの日程が終了となります…
DSC_1402
4日間に渡る奄美遠征釣行を付き合ってくれた、道具たちに感謝!
なかなか厳しい状況ながらも、奄美独特の魚たちに出会わせてくれました(#^.^#)

この日は、タックルの洗浄・整理と翌日の荷造りをした後、奄美で最初で最後になる宴会です🍺
ゲストハウスのお母さんが、奄美沖堤防で釣れた魚たちをさばいてくれました!

最初は、自分たちでやろうと試みていたのですが、手際に見かねたのか途中から代わってくれまして(笑)
綺麗にさばいてくれました!!
IMG_r1qfps
ゲストハウスということで、他の宿泊客の方達と共同で生活します✨
なので、他の方々にも釣ってきた魚たちを振舞って大宴会になりました(≧∇≦)/
IMG_-lpyiz8
右が、ナンヨウカイワリ。左が、頂いたイシガキダイです!
IMG_-5z1o71
これも、ナンヨウカイワリです(^^♪
魚の量が多すぎて、キントキとかはさばき切れなかったようです(笑)
まぁ、カイワリとイシガキダイだけでも相当な量ですので、全然OKです(^^)/

正直、釣りたての魚だし、高水温の南の海の魚は味わいとしては微妙かなと思っていたんですが・・・
申し訳ございません!!(笑)
めちゃくちゃ美味かったです!
脂の乗ったナンヨウカイワリの旨味とか堪んない。*✧ヾ(。>ㇸ<。)ノ゙✧*。
イシガキダイなんて、当たり前のように最強でした(笑)

IMG_w0u1to
そして、それらの奄美の魚に合わせるのは、奄美の黒糖焼酎🍶
いろいろ種類はあるんですが、みんな味わいがはっきりと違います。
でも、このすっきりとしてしつこくない味わいは、非常に飲みやすくてグイグイいっちゃいますよ(#^.^#)
すっきりしてるので、脂の乗った魚との相性も非常に良い感じでした!

こんな感じで、奄美の魚に舌鼓を打ちつつ、他のお客さんといろんな話をしながら宴会を楽しみました(^^♪
実は、自分は疲れと飲み過ぎで途中でダウン(笑)
なんか知らないけど、一緒に行った仲間は深夜2時頃まで飲んでたようです(゚Д゚;)

とわいえ…
非常ににぎやかで、方々から来られたいろんな方達の話を聞けて、奄美最後の夜は最高に楽しい時間を過ごす事ができました(´;ω;`)ウゥゥ
釣りだけを考えたら、なかなか厳しい部分もあったのだけど、総合的に見たら本当に素晴らしい遠征だったなと思います。

また、今回ゲストハウスを使ったのは初めてだったのですが、なんというのか田舎の実家に帰ってきたかのような懐かしい感じがして、凄く落ち着くことができました。
『魚を釣りに来たんだ!』って気を強く持っていないと、あまりのアットホームな雰囲気に酒を飲んで終わってしまいそうでした(笑)

そして、翌日は静岡へ
DSC_1406
奄美空港✈
DSC_1408
IMG_-yr5wm5
凄く名残惜しいです( ノД`)シクシク…
まだまだ、やりたいことがたくさんあったし、釣りたい魚も山ほどいます…
スジアラ、コクハンアラ、GT・・・言っていったら切りがありません。
夢にまで見た奄美の海…来てみたらさらに夢が膨らんで帰ることとなりました。
今年中、もしくは来年、必ずその夢の一端でも掴みに戻ってきたいと思います!


DSC_1410
成田空港🚌
DSC_1411
三島駅🚃
けっこう道中、大変だったのですが、なんとか地元の三島駅まで帰ってきました!
いや~大変ながらも、最高の遠征でした。
今回、奄美遠征を紹介してくれて一緒に行ってくれた仲間には、旅の間非常に気を遣わせてしまいました。この場を借りて、再度お礼を言いたいと思います(人''▽`)ありがとう☆
今年は、まだまだ遠征の計画がありますので、また一緒に行く機会があれば良いなと思います(^^)/


さて、延々と⑦記事ほど書かせて頂いた、奄美遠征記事もこれで最後となります。
最後まで見て頂いた方は、本当にありがとうございました。
最後に、この記事とは別に、かかった費用や必要な荷物等をまとめた記事をあげたいと思います。

奄美大島は、本当に自然豊かで最高の場所です。
ぜひ、これらの記事を見て、遠征に行ってみたいという方が出てくれれば嬉しいなと思います。


それでは、また!

前回は奄美大島沖堤防のナイトゲームでした!
http://rockfisher.net/archives/36923006.html

今回は、明けた翌日のデイゲームです(^^♪
正直、夜明かしが想像以上に寒くて、夜が明けるのを心待ちにしておりました(笑)
DSC_1332
前回の記事を見ると魚の反応がけっこうあったように見えますが、けっこう時合が集中していてほとんどが釣れない時間でした(;^_^A

こっからは、青物や根魚など期待のデイゲーム!
頑張っていきますよ(^^)/



【状況】
釣行日:3月9日
風速:6m 東
天候:曇/雨
気温:最大19℃、最低12℃
海況:うねり

【ポイント】
場所:奄美大島 堤防周り,奄美大島沖

【タックル1】
ロッド:TULALA Harmonix Corona 106
リール:グラップラー300HG
ライン:PE4号
リーダ:ナイロン80lb 5m

まずは、朝まづめ🌞
同行した2人は、完全に睡眠中。
自分は、あまりに寒くて体が冷えてしまったので、準備運動がてらに釣り再開!


まずは、一番流れの当たる堤防の角の反転流を狙う!

最初の1投目!
着底の間際で、『モゾモゾ…』
っという、変なアタリが✨

また、何か変な小魚かな~と思いつつ、丹念に探って行くと、ボトムから少し浮いたところで
『ゴゴゴゴ!!!』
っと抑え込むアタリ!!

これは、根魚っぽいぞ!!
と、本能的に感じ丹念に巻き上げて、一気にぶち抜く!
DSC_1338
ん?・・・・これは・・・もしやハタ?
この色合いとフォルムは、間違いない!
噂に聞いたイシミーバイ(カンモンハタ)だ(≧∇≦)/
絶対釣って見たかった南国のハタ!
感動の1本でした(^^♪



そして、この一本を釣った後、仲間たちが起き始め、釣り再開(笑)
早々に、時合の口火を切ったのは現地の仲間!

その瞬間は、いきなり訪れ。
置き竿にしていた石鯛竿が一気にぶち曲がる!!!
DSC_1339
DSC_1340
物凄いロッドの曲がり方(゚Д゚;)
超パワフルなやり取りを経て、一気にぶち抜いたぁああ(笑)
DSC_1341
DSC_1342
DSC_1345
立派なイシガキダイ!!!
凄い!石鯛やイシガキダイの引き込みって凄いって聞いてたけど、半端ないな(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
正直、ちょっと始めたくなりました(笑)

この後、イシガキダイのエサ(ウニの芯)を貰って少し狙っていたんですが、アタリは毎回あるも全然かけれなくて、結局断念(;^_^A

この時、何か青い魚が泳いでるのが見えたので、ボトムからの高速巻きで狙ってみると・・・
こうゆう感じになった(笑)




中層で、
『ドンッ!!!!』
っとヒットして、強烈な引きを楽しませてくれた!
DSC_1350
ナンヨウカイワリ!!
これ自体は、伊豆でも釣れるんだけど、このサイズはまず釣れないので非常に嬉しかったです(^^♪


その後、続けざまにもう1本!!
DSC_1358
いや~なんて、良いフィールドだろう(*´ω`*)

だんだん、永住したくなってきました(笑)

ここで、ついにアレを使おうと思い立ち(笑)
近くのストラクチャー周りに、キビナゴを付けてぶち込む!
DSC_1369
中層で、漂わせておくと・・・
『ゴンッ!!!』
っと勢いよくヒット!

ヒットした瞬間、一気に糸が放出される!!!!!!(笑)
だって、リスぐるまだから(爆)

すいません。
GoProのバッテリーが途中で切れてしまったので、ヒットの冒頭しか撮れていません💦

軽々巻けているように見えますが、全力でリスぐるまをロックして、無理やり引き上げました(笑)
悠長にやると、リスぐるまは段々辛くなるので、一気に浮かせてランディング!
DSC_1364 (2)
またも、ナンヨウカイワリ!
リスぐるまも、やればできるものですね(笑)
なかなか、楽しかったです(^^♪

この後、同じポイントで仲間が、ヒット!!

おーー!!なかなか、曲がってる!!(#^.^#)
DSC_1371
DSC_1372
DSC_1373
一体、何が食ったのだろうかと思っていたら・・・
DSC_1377
DSC_1378
DSC_1379
ミノカサゴだぁーーー(笑)
あれ?デジャヴかな?(笑)

完全にミノカサゴハンター就任ですね(笑)


そして、ここからしばらく反応がなかったのですが、状況が一変する。

ん?(笑)
DSC_1386
オフショアだぁーーーーΣ(゚Д゚;エーッ!
あまりの急展開に読んで頂いている方も、意味が分からないと思いますので説明すると。
沖堤で釣りをしていたら、船を持っている仲間の知り合いの方が、船に乗せてくれる事になり。
沖堤防から、そのまま船に乗ってオフショアへ出発!(爆)
渡船屋さんが迎えに来る前に、沖堤防に戻れば完璧という計画だ(笑)
DSC_1388
DSC_1394
時間は、1時間弱しかないが鯛ラバタックルを借りて、やらせてもらいました(^^♪
DSC_1392
聞くところによると、アカジンはかなりの早巻きで食って来るらしいので、ガンガン巻いていると・・・
着底からの巻き上げの瞬間に、
『ゴゴゴ!!』
っとヒット!

なんか、微妙な引きですが(笑)
上がってきたのが、
IMG_q9if8h
アカハタさんだぁーーー!!
伊豆にもいる!(笑)
しかも、ちっちゃい(笑)


でも、初めての奄美オフショアで、魚が釣れて凄く嬉しかったです(^^♪
そして、残念ながら続く反応はなく、オフショアの時間はあっという間に過ぎてしまった…

沖堤防に戻ると、そのまま帰りの時間⌚
DSC_1398
ちなみに、一緒に行った現地の仲間がイシガキダイを終始釣りまくり、なんと11枚(爆)
DSC_1399
奄美凄すぎ、どんだけ釣れるんだ(笑)
凄い楽しそうでしたよ(^^♪


ここで、ありがたい事に3枚ほどイシガキダイを頂きました(#^.^#)
この後の、宴会で楽しみたいと思います!


さて、いろんな事があって楽しかった奄美沖堤防の釣りもこれで終了となりました。
そして、奄美での釣りもこれが最後です(´;ω;`)ウゥゥ
この晩に釣った魚で宴会を催して、明日には静岡に帰る日程です。

いろいろ思う事も多かったですが、その辺の振り返りは次の記事でするとしましょう!

それでは、また!

さぁ、奄美沖堤防での釣行スタートです!!!(=゚ω゚)ノ

何が釣れるのか皆目見当が付かない状況ながら、やはり狙いたいのは大型のロックフィッシュ!!

うねりが凄い事になっていて心配ではあるんですが、こちらには最強のキビナゴもあるし、じっくりと腰を据えて狙って行くことにしました(^^)/


【状況】
釣行日:3月8日
風速:5m 北東
天候:曇/晴
気温:最大18℃、最低13℃
海況:荒れ うねり

【ポイント】
場所:奄美大島 沖堤防

【タックル1】
ロッド:TULALA Harmonix Corona 106
リール:グラップラー300HG
ライン:PE4号
リーダ:ナイロン80lb 5m
DSC_1297
到着時で既に夕まずめ
とりあえず、根魚や青物の反応がないかと思い、メタルジグやスワールテールシャッドを遠投して探っていくも、ノーヒット(-ω-;)ウーン
DSC_1298
一度だけ、スワールテールシャッドにバイトがあるもテールが千切られるだけで終わってしまった💦

そして、この段階で既に日が落ちナイトゲームに突入!
ひとしきりワームで探るも反応がないため、キビナゴの打ち込みの釣りに変更!

ボトム際で
『コツコツコツ…』
っと反応があるも、魚が小さいのか全くフッキングできない( ̄▽ ̄;)

そこからしばらく狙って行くも、潮の流れが激流過ぎるのとウネリの影響が大きいのか魚の反応が渋い…
ここは、堤防の潮の流れの裏にあたる方向に移動し、少しでもウネリの影響がないスポットを狙ってみる(>_<)/
DSC_1293
(写真は日中に撮影)

ボトムすれすれを狙うと、細かい魚が当たってしまうので、1~2mほど底から浮かせて待っていく…
この状態だと、魚は全然当たらない。

しばらく待って、再度底を取り直そうと落とし込んだ時だった。。。

着底の寸前で、
『コッ……グンッ!!!!!』
小さい前アタリの直後、強烈な引き込み!!


ガンガン!!
と、何というトルクフルな突っ込み!!!



ドラグをフルに締めこんでいるので、余計にパワーを感じる!
水面まで浮かして見えたそれは・・・・・赤い!!!!


えっ!!・・・・えっ!!・・・・えっ!!!
もしかして、アカジン!?(スジアラ)


やってしまった!と確信して、ぶち抜くと
DSC_1308
んーーー???どうやら、アカジンではない様子(笑)
これは・・・クロホシフエダイだ(≧∇≦)/
なんて、カッコ良い魚体!
相当なファイターで非常に楽しませてもらいました!
赤々として、完全にアカジンかと思いましたが、これはこれで嬉しい(*´ω`*)
メモリアルな1本でした✨




そして、続くアタリを期待するも残念ながら続く反応はなし(;^ω^)
DSC_1310
アタリを待つ中、近くを通ったフェリーが美しかったですが・・・
この後は、長く沈黙の時間が続きました…(´ε`;)ウーン


しかし、その沈黙を破ったのは仲間だった!!!!

何か大きな魚がヒットしたのであろう叫び声が聞こえ、自分が彼を見た時にはショアジギロッドが根元からフルベンドしていたΣ(゚Д゚;エーッ!
DSC_1299
一瞬の出来事だったのだろう。。。
ヒットした瞬間、魚が手前に走ってきてしまい、そのまま根の中に入ってしまった…
DSC_1300
根から出た瞬間もあったようだが、相手がよほど大きいのか浮かせるには至らず💦
しばらく粘って待ちましたが、残念ながらラインブレイクしてしまいました。

待ちに待った瞬間だったのに、本当に残念でした(;´・ω・)
何より彼自身、相当に悔しかったんじゃないかと思います。


とわいえ(笑)

この後、またしばらく反応がなかったんですが、仲間は調子が出てきたようで、スルルー流しでキントキ乱舞!!
DSC_1316
DSC_1322
DSC_1329
良型のキントキが多くて、非常に楽しそうでした(^^♪


自分はというと・・・・
DSC_1324
ゴンズ・・・え!?誰???(笑)
また、訳の分からない魚が( ̄▽ ̄;)
現地の方でも見た事ないらしく、調べてもらったら『イタチウオ』というらしい。
なんか奄美っぽい色合いじゃないけど、いちよ新魚種(笑)
なんとなく毒とか棘とかありそうだったので、速攻で海に帰って頂きました(;^_^A

この段階で、夜明け🌞
DSC_1332
文章で書くと簡単なんだけど、この奄美の夜は意外と寒くて、実はけっこう辛かった(;´Д`)
それでも、渋いとはいえ、いろんなイベントがあって楽しかったです(^^♪

さぁ、次の記事からは奄美沖堤防の昼の部です!
下書きはしてあるんだけど、なかなか書き上げる時間がなくて申し訳ないんですが、早いうちにアップしたいと思います!
それでは、また!



3日目である(笑)
前日は、ライトゲームメインでポイントを周り、ヤミハタなど様々な魚種に遊んでもらいました!
前日の記事


今日は、遅めの起床(寝坊)(笑)
ベッドから目覚めると、まず最初に目に飛び込んできたのは
DSC_1268
マドハンドだ!!!!ドラクエで見た(笑)

下のベッドに眠っていたであろう、他の宿泊客の方は、朝目覚めてどう思ったのだろうか。
寝ぼけ眼(まなこ)でベッドから出て、頭の上にマドハンドがいたら、さぞ驚いたに違いない(笑)

そんな事を思いつつ、『絶対ブログに使おう』と思って数枚の写真を撮った後、彼を起こすと・・・・事態が急転する!

いや、別に急にマドハンドが襲ってきたわけではない(笑)

どうも、仲間の友人が『沖堤防』に渡してくれるというのだ!!

『この機を逃す理由はない』

が悪く、ライトゲームのみで遠征が終わるかもしれないと覚悟していましたが、まさかの追い風✨

迷わず、『行こう!』という話になり、沖堤釣行の準備を始める事になりました!

そして、沖堤釣行について、この段階で分かっていた情報は、
・17時30分出発
のみである(笑)

とりあえず、バックに荷物をぶち込み、軽く釣具屋へ寄ってから、食料品の買い込みへ!
そして、この段階で当然の疑問が湧く
「沖堤って、何時までやるんだ?」

まぁ、一般的に夜通し沖堤でやる場合は、夕方出てって早朝帰りが多い。
まぁ、6時とか7時だろうなぁ…と思っていたところ、仲間が確認してくれた。

『14時らしいです(笑)』

ぇ・・・・14時!?
17時過ぎに出て行って、14時!?
まさかの、20時間超えだと!?時計がほぼ、一周してるじゃねえか(笑)

沖堤防への渡船で、そんな長時間釣行なんてあるんだ(笑)
奄美、すげえな(笑)

さて、せっかく奄美の沖堤防で長時間の釣りができる機会
どうしても、この地でやってみたい事がある( ̄ー ̄)ニヤリ

現地の方との集合場所が釣具屋だったため、長時間釣行をふまえて追加で新しいアイテムを購入する事にした!
DSC_1276
そう。スルルーである(≧∇≦)

『何が釣れるか分からない』
始めて来たそんなフィールドにおいて、ルアーだけでやり通してしまうのは、あまりにももったいない(笑)
そんな気がしました(*^-^*)

まぁ、そもそも低気圧による連日の爆風とうねりでルアーでやり切るのは、かなり難しい状況だったのもありますが、つまるところ、『奄美の沖堤でキビナゴを流す』という誘惑には抗えなかったのだ(爆)

そして、港へ!
DSC_1280
DSC_1287
何やら大荷物になってしまいましたが、ここから20時間に及ぶ、奄美沖堤での釣りが開始ですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

出発!!


次は、実際に奄美沖堤防での釣行に入っていきますよ!
それでは、また!

さぁ、続く奄美大島釣行は日中のライトゲームです!
本当は、もう少しヘビーなタックルでサイズの良い魚を狙いたいところですが、あいにくの爆風続きでなかなかそうゆう釣りはできません。
そこで今回は、静岡には生息しておらず、以前から釣ってみたかった『ヤミハタ』を中心にハタ系を狙ってみたいと思います!

ちなみに、釣行の一部を撮影したダイジェスト動画を作成しましたので、良ければ先にご覧ください(笑)



【状況】
釣行日:3月7日
風速:8m 西
天候:曇/晴
気温:最大19℃、最低16℃
海況:大荒れ

【ポイント】
場所:奄美大島 堤防周り

【タックル1】
ロッド:INX.label FXB-TS79UL Tres SABIO(サビオ)
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:PE0.6号
リーダ:ナイロン6lb 3m

今回は、同行した仲間の現地の友人が一緒に同行してくれることになりました(*^▽^*)

まずは、奄美大島南部にある漁港から、ランガンで狙って行きます!
DSC_1173
DSC_1174
DSC_1175
非常に高さがある堤防なんだけど、周囲がリーフのようになっている!
しかも、現地民が言うには
『ここ、ピトンを飛ばすほどの根魚いるよ?』
などという、夢あふれるポイント(爆)
DSC_1176
ここは、足場も高いし大型の魚も狙えるので、コローナとスワールテールシャッドで広く狙って行く!


しかし・・・・・





・・・・・・・・・・




・・・・・・・・釣れない(;^ω^)

周囲は、リーフのスリットだらけで、いまにも大型の根魚などが飛び出して来そうな状況。
しかし、状況が渋めなのか全くの無反応( ̄▽ ̄;)
また、風が凄すぎてエギングをしていた仲間たちもダウン💦


ここは、名残惜しいが場所移動となりました🚙
DSC_1179
次は、水道になっていて、潮の通る港!

しかし、釣れないΣ(゚д゚lll)ガーン

次は、軽い磯場!
DSC_1183
DSC_1182
超雰囲気があって、最高に釣れそうなポイントですが、爆風で釣りにならず・・・
良い時なら青物なんかも回ってくるポイントだそうですが残念です…

ここから、風裏のポイントを探しながら移動🚙
道中に見つけた、サーフに根や駆け上がりなどの地形変化が絡むポイント!
DSC_1196
全体的に浅いポイントのため、遠投して探っていく!
ジグヘッド7g
+ベイティ2.3
広く探っていくと・・・
「ココっ!」
っとたまにアタリがあるも、地形が荒く片っ端から根掛かってしまう( ̄▽ ̄;)
7.9フィートの長さでここまで根掛かるという事は、相当に激しい地形変化なのだろう💦

ここは、より縦に探れるようにして根掛かりを軽減するため、もっと足場の高い岸壁の方に移動!
ルアーも、より軽量なものに変更!
ジグヘッド3g
+ベイティ2.3
DSC_1194
岸壁沿いに走っている駆け上がり沿いをリフト&フォールで探っていく!

ボトムを丹念に探って行くと、
『コン!コン!コン!コン!!』
っと、ついばむようなアタリが頻発する!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!


ここは、リフト&フォールの着底時に、じっくりボトムステイをとって食い込ませる間を与えていく。
何度かの誘いの後の着底で、
『ググググッ!』
っと押さえて引っ張られるアタリが!!!


スイープに合わせを入れると、
『グングン!』
っと頭を振る、なかなかの重量感✨


じっくり楽しませてもらって、上がってきたのが・・・
DSC_1185
誰!?(笑)
(-ω-;)ウーン
たぶん…オジサンの眷属(笑)
でも、間違いなく初めて釣った魚種!すっごい嬉しいです(*´ω`*)

続けて同様のメソッドで探って行くと、
フォール中にラインが『スッ!』っと走る!

鋭く合わせると、
『ゴンゴン!!!』
っと力強い、身に覚えがある引き!



この感触!
自分の全身が言っている!(笑)

これは、ロックフィッシュだと(≧∇≦)/

絶対釣りたいと思い、丁寧にやり取りをして、上がってきたのは
DSC_1187
ヤミハタさんだぁーーーーーーΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
あまりの嬉しさに、実際叫んじゃいました(笑)
今回の遠征で、必ず釣って見たかった初ロックフィッシュ!
本当に嬉しいです(^^)/


それにしても、黒いです!
それに体の割に口も大きいし、歯も凄い( ゚Д゚)
なんか、小悪魔感がありますね!(笑)
DSC_1188
体は小さいけど、ベイティがっぷりでした(^^)/

続けていくと、
DSC_1190
さらに、ヤミハタさん追加(*^▽^*)
可愛らしさと力強さが凝縮されたような、なんて素敵なハタだろう。
一発で気に入りましたよ(>_<)

この後で、
DSC_1192
だから・・・誰!?(笑)
体は、エソやキス、目つきはメゴチ、口はキスかな(笑)
何に近いかと言うと、トラギスだろうか(*´ω`*)
なんであれ初魚種!
恐らく現地では、当たり前に釣れる魚なのかもしれませんが、非常に嬉しかったです(*^^)v



ここで、さらに移動!(^^)/
風を避けて、内湾の静かなポイントへ🚙
DSC_1221
DSC_1220
水深は、それなりで5~10m未満といったところ。
大型の船が止まるため、手前にはミオ筋が入っているようだ。

ここも、まずは
ジグヘッド3g
+ベイティ2.3
でボトム中心に探っていく(=゚ω゚)ノ

移動しての最初の一投目!
駆け上がりを狙って、着底から巻き始めると

『ガチッ!!!!』
っと、今まで感じた事がない金属的なバイトが!!


フッキングを決めると、
ガンガン!!
と非常に力強い突っ込み!

チヌかな?
と思ったけど、水面まで浮かすとフエフキのような色合い!
一気に寄せて、引き抜くと
DSC_1200
んーーーー誰!?(笑)
浮かせたときは一瞬タマンかと思ったけど、どうも違う。
現地の方に名前を聞いたところ、
「ヒトスジタマガシラ」と言うらしい(*^^)v

メッチャ綺麗でカッコイイ魚で最高に嬉しいです(≧∇≦)/
後で調べて分かりましたが、ヒトスジタマガシラの最大サイズは25cmほどらしいので、こいつはかなりの大物のようです(笑)


続けていくと、ボトムステイで
『モゾモゾ』
っと変なアタリ!


なんか、ブルブルとまた変な引き(笑)
釣れたのが
DSC_1207
なんだ、スジイシモチ・・・・・じゃない!!!!!(笑)

DSC_1206
なに!?この牙!?(((( ;゚д゚)))
奄美大島のスジイシモチは、どうしちゃったの?(笑)
これも、後でTwitterで名前を聞いたら
『リュウキュウヤライイシモチ』と言うらしい(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

あー確かに、伊豆のスジイシモチ系と近い魚のようだ。
でも、口元が完全にフィッシュイーター(笑)


いやいや何を釣っても、面白い海だなぁ(*´ω`*)


さらに続けていくと、
DSC_1208
あーこれは、オニカサゴ的なやつですね(=゚ω゚)ノ
これは、伊豆で釣れるやつとほぼ同種ですかね(笑)


次は、砂地ベースの地質で、駆け上がりの沖に台船が停泊しているスポットを攻める!
リフト&フォールで攻めると、ボトム着底時に

『ググッ』
っと引っ張られる感触!

なんかアタリが小さかったので、合わせずに待っていると

『グングングングン!!!』
っと引き込まれた!

合わせると、しっかりと乗ったが、ブンブンと頭を振る変な引き(笑)

また、違うやつが来たか!?
と思ったら、
DSC_1204
アオヤガラさんだぁーーー(*^^)v
伊豆にもたくさんいる魚で、ルアーで釣れる事もあるんですが、滅多にヒットしないので普通に釣れてきた事に驚きました(*´▽`*)
なんか、色合いも透き通っていて奄美のアオヤガラは美しいですね!


ここで、立ち位置を敷石が入ったエリアに移動
DSC_1224
敷石の切れ目や、落ち込みをより丹念に探って行くと、ボトムで

『コンッ!』
と軽快な良いアタリ!!


合わせると、
『バンバンバンバンバン』
っと小刻みにロッドを叩く、これまた面白い引き!

(上の動画にも写ってるので、見てみて下さい)
DSC_1225
アヤメエビスだ!!
こいつも、アヤメエビスとしては良いサイズ(*´▽`*)
なにより、鮮烈な紅白模様がなんて美しいんだろう!!
まるで、日の丸のような印象を受ける本当に素敵な魚です!


そして、同じスポットで、仲間と話をしながらボトムにベイティを置いていたら・・・
『スッ』
っとラインが走った気がしたので、聞き合わせをしてみたら

『グングングン!』
となんか、凄い良い引き!
一瞬赤い影が見えたので、アヤメエビスかと思いましたが、
DSC_1219
まさかの。。。キントキさんΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
キントキも、奄美で釣りたかった魚の一つ(*´ω`*)
伊豆にもキントキはいるんだけど、なかなかこのサイズを陸から狙うのは難しいので、ぜひ釣って見たかったのです!
いちよ、事前情報だと夜ならキントキはいくらでも釣れるという事でしたが、残念ながら今回は激渋(笑)
それでも、まさかの日中に出会う事ができて嬉しかったです(*^^)v

さらに、敷石の切れ目を攻めていくと
DSC_1215
ヤミ~さんΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
いや~何度見ても可愛い(*´ω`*)
実は、この子が敷石の間とか穴の中にけっこういて、時折見え隠れしているんですよ!
なんか、カサゴみたいな感覚でヤミハタがいるなんて、凄い幸せ(笑)



さて、ここでいったんデイゲームは終了!
風が強くなる予報だったので、少し収まる夜に向けて夕飯を食べて、いったん休むことに!
DSC_1242
名瀬の居酒屋へ行って、夕飯😢
出てきた食べ物が本当に美味い物が多かったのですが、ナイトゲームに行く予定だったのでお酒はなし…ほぼ拷問で、ございました(つд⊂)エーン
まぁ、食べ物は本当に美味かったので、これはまた別の記事で紹介するかもしれません(笑)


さぁ、ナイトゲームだ!!!
常夜灯付きの堤防で、キントキやメッキを狙って行く!

ルアーは、定番で
ジグヘッド3g
+ベイティ2.3
風は、相変わらずの爆風のためランガンで少しでも風の影響が少ないエリアを探っていく!
DSC_1262
写真に写ってるのは仲間(笑)
キントキやメッキの姿は、見えるものの風が強すぎる上、風で表層水温が低下しているのか反応があまりよくない(;´・ω・)

いくつかの堤防を周り、昨晩爆風過ぎてできなかったポイントへ!
到着すると、チヌのような影が数匹見え、ライズしてるようにも見えたので表層から探っていく!
すると常夜灯の明暗の境で、
『ゴンッ!!』
っと引っ手繰るようなアタリ!


ついに、チヌか!?
と思ったら、何やら銀色の魚体が(笑)
DSC_1249
やっぱり、君ですか!メッキさん(>_<)
DSC_1260
小型とは言え、さすがのメッキ!
やっぱ引きますね~(笑)
しかし、奄美のメッキは普通に夜釣れるんですね!
伊豆で釣りをしてても、夜にメッキを釣ったのは片手で数えられるくらいしかなかった気がする。
当たり前のように、メッキのナイトゲームが出来るのは楽しいですね(*´▽`*)


ここで、若干苦戦していた仲間が、ベイティを使って見事にヒット!!
DSC_1251 (2)
DSC_1254
メッキさん(^^♪
かなりアタリはあったようですが、バイトが渋めなのか弾くように当たってきてるようで、フッキングが難しい状況のようでした。
それでも、見事にフックアップして慎重なやり取りと抜き上げで、無事キャッチ!良かったです👍
さらに、続けざまに
DSC_1257 (2)
もう1本!!!
こいつは。。。オニヒラかと思ったけど、ギンガメアジかな(*´ω`*)
良い感じです(^^)/

仲間も調子も出てきたようだし、このままいけるかなと思ったのだけど残念ながら、反応が無くなってしまいました( ̄▽ ̄;)
この後、いくつかのポイントも周ったのだけど、爆風も相まって残念ながら切り上げる事になりました。

それでも1日かけて魚種はかなり豊富に釣れたし、本当に素敵な海であることを実感できる釣りでした(#^.^#)
これ、状況が良かったらどれだけ釣れたんでしょうって感じです(笑)
ライトゲーマーにとっては、次から次へと新しい魚が飛び出す夢のフィールドですよ!


さて!
とりあえず、この日はここまで。
仲間も体力が限界のようだし、戻ってしっかり休む事になりました(=゚ω゚)ノ

しかし、目が覚めたら、まさか事態が想像もしない方向に急転するとは思いませんでした(笑)

まだまだ遠征記事は続くので、良ければご覧になってください(^^)/
それでは、また!
成長因子