根魚探しのメモ帳【裏紙】

海でのロックフィッシュをメインに、ルアーで狙えるものをいろいろ狙っていきます!
フィールドのメインは、静岡・伊豆周辺です。
また、ベイトタックルが大好きで最近ではほとんどベイトでやり通しています!
ベイトタックル好きの方、ロックフィッシュ好きの方は特に歓迎です(*^▽^*)

このブログでは、釣行記や魚、釣りに関する記事をメインに書いていきます。
ときどき、日常の雑多な記事や食べ物、料理なんかの記事も書いたりします('ω')ノ
fimoの方にも記事があるのでよろしくです!
基本的に、釣行記はfimoの方にありますので、ご覧ください。
‣根魚探しのメモ帳

【掲示板】
3本ほどのyoutube動画を公開する予定です。
(先週公開予定でしたが編集作業が遅れています(;^_^A)
・西伊豆の磯の紹介
・ハタの基本的な狙い方
・Fishman ベンダバールについて
(タイトルは仮)

【チャンネル最新動画】

2018横浜フィッシングショーで、出会った『Fishman Beams blancsierra5.2UL』
ピン打ちマスターで、投げさせてもらってあまりに感動したので紹介したいと思います!

Beams ブランシエラ5.2ULのスペック


シエラ

全長:154cm(5.2ft)
マテリアル:4軸カーボン 
ガイド:Kガイドチタン+ステン 
自重:104g 
継数:3ピース 
仕舞寸法:62cm 
先径:1.84mm 
元径:9.6mm 
グリップ長:42cm 
ルアーウェイト:2~7g
ライン:3~8lb/PE0.5~1号

驚異的な曲げやすさ


これほどまでに、曲げやすいベイトロッドは他に存在しないといっても過言ではない!
DSC_1974
ロッドを大きく振らずとも、指先の入力だけでロッドを曲げる事ができます。
(そもそも、ルアーを付けずに振っても満月に曲がります。)

これほど投げやすいロッドであれば、ベイトタックルの初心者であっても易々と扱え、投げる事ができるでしょう。

驚くべきロッドの反発速度


簡単に曲がるなら、ロッドの反発力は弱いのが普通です。
しかし、このロッドは曲げてからの戻りが驚異的に早いのです!
DSC_1978 (2)
この画像は、私がキャストするときの動きを連続で撮ってもらっていたのですが
ロッドの反発速度が速すぎて先端部分が写りませんでした(笑)

このロッドが溜めから戻る際は、全くダルい感じがせず、引いた弓が戻る時のような印象を感じさせるものでした。

全くぶれないロッド


驚異的な反発速度で、ロッドが戻ってもその収束の安定性が極めて高い。
キャプチャ
グニャリと曲がった後、ピタッと止まる!
ロッドがぶれないから、ターゲットに向かってルアーが一直線に飛んでいきます!

矢のような弾速


どうして、あんなに曲がるロッドから射出されたルアーがあれほどの速度になるのか(笑)
目標点に向かって、一直線に飛んでいきターゲットを『スパンッ!!』と打ちぬけます!

通常、ベイトで投げるとルアーが曲線軌道になるものですが目標に直線軌道で飛んでいきました。
しかも、フィッシングショーのピン打ちマスターで使われたリールは、非常にメカニカルブレーキが強かったですが、その状態でも驚異的な速度を生み出した『blancsierra5.2UL』
正しいブレーキ設定だったら、どうなってしまうのか・・・ぜひ試してみたいものだ!

まとめ


正直、Fishman Beams blancsierra5.2ULはBeams inte7.9ULの短いものくらいに考えていましたが、根本的に違うものでした。
これは、ベイトで「投げること」「釣りをすること」の楽しさを教えてくれる素晴らしいロッドでした!
特に投げる事の素晴らしさ、Fishmanのロッドの魅力を最大限感じさせてくれるロッドです。

楽天Fishman Beams
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/Fishman+beams/


↑残念ながら、この記事を書いている段階では在庫切れのようです。
入荷は未定なので定期的に、チェックしてみて下さい。

関連記事
【インプレ】Fishman Beams inte 7.9ULを語ろうじゃないか


2018年1月21日
DSC_1898 (2)

2018フィッシングショーに行って来たので、レポートを書いておきます!

私が、メインで見たかったのはこのあたりの新製品!
【リール】
・アルデバラン(シマノ:モデルチェンジ)
・リョウガ(ダイワ:モデルチェンジ)
・Revo SX(Abugarcia:モデルチェンジ)
・Revo WINCH(Abugarcia:新)
(自分はあまり興味ないが、ステラとイグジストもw)

【ロッド】
・ハードロッカー(シマノ:新)
・ワールドシャウラ(シマノ:モデルチェンジ)
・Beams CRAWLAシリーズ(Fishman:新)
・プロト系(Fishman)

そして、Fishmanの『ピン打ちマスター』への挑戦が目的だ!
DSC_1957
まぁ、こっちの裏ブログに書いても良いんだけど、fimoにはfimoで見てくれている人がいるのでw
fimoの方に記事を書いておきました('ω')ノ

記事の詳細は、以下のリンクをご覧ください!
http://www.fimosw.com/u/papuunn/s6m8u8g9s3zhnn



また個別の製品などについての、詳しい考察等を今後書いていきたいと思います!
(それはfimoじゃなくて、こっちにねw)
取り合えず、今回は見たかった製品たちに触った感想などをざっとfimoの方に書いております。
上記に挙げた製品以外にも気になったものがたくさんありましたので、それらはまた別途書いていきますね!!




ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!

ロックフィッシングランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

DSC_1885
INX.labelのプラグボックスが届きましたので、インプレを書きまず!
手に取れば分かる、INX.labelさすがの機能美をご覧ください!

プラグボックスのスペック


まず、このボックスのスペックを!
名称は、『ランガン プラグコンテナー』
Rungun_Main-600x450
・サイズ:XL:L200×M115×T49
・高浮力
・大容量
・完全防水
・両面インナーボックス


長さ自体は、ライトゲーム用のボックスとしては一般的なもの。
ただ、両面開きの作りになっているため厚目の作りとなっている。
DSC_1889
DSC_1890
内部には、ワンタッチで開く透明の蓋がある。
かなりしっかり、ロックされるので半開きになってルアーがこぼれるという事は、なさそうだ。

また、万が一水に落としてしまっても沈まない高浮力と、水そのものが入らない防水性能が装備されている。(紫のパッキンが入っていて、閉じると内部に水が入らない)
釣りをしていて、ボックスを海に落としてルアー全ロストはルアーマンの絶望に他ならないw
そんなリスクを軽減できるのはルアーマンには、嬉しい機能だ!

そして、後述する大容量。
これが特に素晴らしい!

恐るべき収納力!


これだ!これが、ライトゲーマーには重要!
シーバスや青物などのルアーゲームに比べて、ライトゲームは小物が非常に多い。
むしろ、それら様々な小道具を使い分けて釣り込んでいくのがライトゲームの醍醐味。
しかし、同時にボックスなどのかさばる荷物が増えていって、ランガンしにくくなってしまうのが実際だ。
それを解消できるのが、この「プラグコンテナー」だ!

これを見てほしい!
私が通常ライトゲームで使う約30個ほどのプラグ類
DSC_1887

これが、なんと!!
DSC_1893
DSC_1891
全部入るのだ!!!
(コモモ95は、サイズ的に入らなかったw)

これで、2つのボックスが1つになった!
これは、荷物が減るというだけでなく、2倍の道具を持って行けるという事だ!
「あれも、やりたい」「これも、やりたい」という、ライトゲーマーの夢のようなアイテム。

入るルアーサイズは、SPM75が丁度くらいなので、80mmくらいまで
ライトゲームで、これを超えるサイズを使う事は少ないので十分だ。

値段自体は、ボックスにしてはけっこう高めだったが、ライトゲーマーなら買って損をするという事はないと断言できる!
正直、もう一個買って、キャロとかフロートリグとかのボックスもまとめたいw


購入するには、基本的には通販がメインになる。
INX.labelのルアーは、店でよく見かけるようになったが、このボックスは一度も見たことがないので探すのが大変だと思う。
購入先は、Fish.INのホームページから直接購入する方法
https://www.fish-in.info/news/2336.html


楽天から購入する方法
https://search.rakuten.co.jp/search/ランガンコンテナー


以前は、Amazonにもあったのだが既に売り切れてしまったようだ。

INX.labelの製品は、非常に面白いし機能的だ。
ぜひ、使ってみてほしい!

関連記事
ゴッツンバイブの開封インプレ!
INX.labelのジェイドSPを全色買ってしまったw




ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!

ロックフィッシングランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

最初に、ダイワのホームページで見たとき・・・
そのあまりの渋カッコ良さに感動した2018年新作モデル
18Ryoga1016HL_l
18Ryoga1016H_l
リョウガである!!

なに?!この黒!!!カッコ良すぎだろ!!

従来、丸型リールを選ぶと言えば「リョウガ」か「カルカッタ」かという事で、ベイトユーザーは悩むところであったが、デザインにしても性能にしても「カルカッタ」を選ぶ方が多いのが現実だったのではないだろうか。(決して、リョウガが悪いわけではないが)
また、昨今ではベイトタックル専門メーカー『Fishman』の大ブーム!
Fishmanが、カルカッタコンクエストの使用を薦めている事もあって、カルカッタユーザが増える一方である。


だが、今回!
ダイワは、モデルチェンジに伴いデザインと機能面で大きく3つのポイントを変えてきたと思う。
これは、従来のハイエンドベイトリールの選択肢に『リョウガ』が入ってくるのには十分な要素となっている。
今回は、それらについて紹介したいと思う!

私の思う重要な、変更点!
・デザイン
機能面:
・(デザイン変更に伴う)パーミングの性能向上
・ギアの歯数を増大
・ATDの採用




デザイン変更


18Ryoga1016H_l
デザインが、銀系統の色からメタリックブラックといった感じの渋い黒に変更になった。
現物を見てみないと、正確な色合いは分からないが非常に落ち着きがある大人びた印象を覚えるカラーリングである。
形状も、丸型でありながら角ばった部分が特徴的なデザインに変更になった。
非常に個人的な趣味で、申し訳ないのだが第一印象が『戦闘用ロボットっぽい』だったw
読んでくれている人に分かる方がいれば嬉しいが、アーマードコアにありそうなデザインな気がして、個人的に非常に好きである。
もう既に、この段階でカルカッタコンクエストのカッコ良さを超えた!と思う人も少なくないんじゃないだろうか。

パーミングの性能向上


実は、この部分が地味に良い!
「パーミングしやすくなったなんて、よく聞く話じゃないか?」
と思われるかもしれないが、その問題に対するアプローチが今までありそうでなかったものだ!

従来、丸型リールのパーミングのしにくさは大きな課題であり、長時間の釣行では非常にストレスになっていた。この問題に、シマノのカルカッタコンクエストは「小型化」という道を選んだ。
それに対し、モデルチェンジしたリョウガは、「パーミングプレート側の小型化」を行った!
ホームページでは、分かりにくいし伝えにくいのだが、真上から見るとパーミングプレート側が小さくハンドル側がやや大きく、台形に近い形になっている。
これは、ただ小型にするよりも、より手の形にフィットしてストレスを軽減する働きをするだろうと見ている。
この部分は、横浜フィッシングショーでぜひ触ってみて感触を確かめたい部分だ!

ギアの歯数を増大


HyperMeshGearSystem
正直『ギア』は、ダイワリールがシマノに大きく遅れをとっていた部分と言っても良いだろう。
特別、ギア自体の強度が劣っていたわけではないのだが、シマノの高精度のギア(マイクロモジュール)から生まれる『巻き心地』には遅れを取っていた。
これに対し、遂にダイワも歯を小型化し歯数を増大してきた!
このメリットは巻き心地だけでなく、ギアとギアの噛み合いが大きくなるので、ハンドルを巻く力をスプールの回転へと力を伝える伝達効率が向上する。
いわば、実際の巻取り力向上も期待できるだろう。

ATDの採用


ATD_logo
ATD(オートマチックドラグシステム)
これは、魚の動きに追従するかのように常に効き続け魚にテンションをかけ続けるドラグである。
強い力がかかった時に、糸が出るようにする従来のドラグとはコンセプトが微妙に違う。
では、これの採用がなんだというのか?

私が驚いたのは、これを「ベイトリール」に採用したことだ!
ベイトリールは、その構造上ドラグの部分がギアと一体化している。そのため、ギアとドラグが分離しているスピニングほど滑らかなドラグを作るのが難しいという問題がある。
だが、あえて「滑らかさ」を売りにするATDを採用したとスペックに明記したということは、よほどの自信がなければできないだろう。
これが、もしスピニングに迫るほどであるなら本当に革新的だと思う。
ぜひ、実際に試してみたいものだ!

まとめ


自分が気になった部分について、書かせてもらったがどうだっただろうか?
個人的には、今年ハイエンドモデルを買うならリョウガは筆頭になるだろう。
もしフィッシングショーで、触ったりでもしたら惚れちゃうかもしれないw
以前、RevoSXを紹介したが、カッコ良さでは良い勝負だ!
だめだ・・・書けば書くほど、気になってきてしまったのでこのへんで終わることにしよう。

ちなみに、発売は4月だそうだが既に予約は始まっているようだ。
2018年リョウガ
https://search.rakuten.co.jp/search/リョウガ


関連記事
【AbuGarcia】2018年新作ベイトリール Revo SX がもうすぐ発売だぁ(≧∇≦)




ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!

ロックフィッシングランキング
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

思わぬところに、タコ捕り放題の楽園を見つけたようです(笑)
めっちゃ獲れてて、面白いです!

【カルモア調査団】





ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!

ロックフィッシングランキング
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
 

もうすぐ、FismanからBeams CRAWLAが発売されますね(*^。^*)/
個人的には、特に8.3L+が汎用面でも欲しいところですね!

次のロッドが出るにあたり買うかどうか迷っている方は、現在出ているロッドはどうなのかと気になっているんじゃないかと思うので私なりのインプレを書いておこうと思います!
IMG_-v1gxoe



1.Beams inteってどんなロッド?


Fishman曰く
ベイトタックルで1g台ルアーの遠投を可能にした長距離砲
対象魚種を問わない、なんでも狙えるライトゲームロッド。
ただし、ランカークラスのシーバスともファイトできる潜在力のあるロッドです。

また、Fishman製のため同じくモンスターロッドといって過言ではないパワーがあるが、他のパワーロッドのような「ねじ伏せる」ではなく、延べ竿のような素直な曲がりで「いなして獲る」をコンセプトとしたロッド。

‣Beamsインテ7.9ULのスペック
img20170721150914980479
全長:236cm(7.9ft) 
マテリアル:4軸カーボン 
ガイド:Kガイドチタン+ステン 
自重:124g 
継数:3ピース 
仕舞寸法:95.5cm 
先径:1.5mm 
元径:9.5mm 
グリップ長:57.4cm 
ルアーウェイト:1~10g
ライン:PE0.3~1号

詳細は、公式サイトをどうぞ
http://www.fish-man.com/beamsinte79ul.html

2.Beams インテの使用感


実際に、使ってみた使用感等を書いていきます!

‣第一印象
持った瞬間に思うのが、「ぺにゃんぺにゃん」ということw
DSC_1845
でも、振ってみるとグリップから穂先までの素直な曲がりの一体感を感じ
「まさに、延べ竿」というコンセプト通りの印象です。

でも、上の画像を見れば分かる通りバットはしっかり残る!
しっかりとした、底力を持ったロッドです!

‣安定した飛距離
1~3g程度のジグヘッドは、非常に扱いやすく安定した飛距離が出せます!
1g台であれば、20m前後の飛距離が出せる上ラインセッティングなどを整えれば、スピニングタックルと同等の飛距離が出せると言っても、過言ではありません。
ただ、「太糸をトラブルなく扱える」というベイトタックルの利点を活かし、太めのPEやロングリーダーなどを使う場合は、スピニングには若干劣りますね。
とわいえ、メバリングやアジングなどの細糸を扱う場合には、よほどの軽量リグでない限りスピニングとの飛距離の差はあまり感じないかと思います。

ちなみに、慣れてくれば0.4gのジグヘッドもキャスト可能ですよ!

(これは、私が撮影したものですw)

‣1g台のフリップキャストが超やりやすい!
実はこのポイントが、漁港周りで釣りをする方には非常に重宝する部分です!
フリップキャストが何?という場合には、これを見てください!

ロッドが、少ない力で非常に簡単に曲がるので、手首を返す程度の小さな動きで軽量リグやプラグのフリップキャストが可能です!(今度、動画で撮ってきますね)
これが、できると何が良いのか?というと・・・近距離のストラクチャー打ちで無双できます!
手前の根やストラクチャーを手早く打っていく場合や、常夜灯下の近距離戦などは、スピニングとは比較にならない釣り易さです!

‣感度は?
もともと、ベイトタックルは手の中にリールが収まっているため非常に高い感度を持っています。
その中でも、このBeams inteは非常に繊細なティップからくる高感度で魚のアタリはもちろん、潮の流れの変化も非常に分かりやすく伝達してくれます! 

この魚は、水深15m以上のポイントでボトムのアタリを捉えたものです。
この時は、非常に潮の速い日でしたがそれでも明確にアタリを伝達してくれました!
DSC_1668

‣驚異的なロッドパワー
(部屋が汚い事には触れないように!w)

1キロ荷重をかけてみると、こんな感じになります!
(一般的なシーバスに使うドラグ力が、1キロ弱程度です。)
DSC_1882
持っている側から見ると異常に曲がっているように見えるでしょ?

でも、横から見てみると実はかなりの余力を残しています。
IMG_20180115_212945
ロッドの中間部分までは、激しく曲がっているのがわかると思います。
しかし、バット部分はほとんど残っておりその強靭さが分かるんじゃないでしょうか。

ちなみに、自分はハタを狙う際に不意にかかったイナダでも、PE0.4+ナイロン4lbで問題なく浮かす事ができましたよ!
ライトラインで思わぬ大物がかかっても、『適度にいなしつつ止めるところは止める!』
そんな、柔軟なパワーを持っています!!


3.Beams inteの買えるところ


最近では、日本各地で盛んに試投会が行われているので参加すれば、投げてみた上で購入することができます。

いくつかの店舗でも、取り扱っている場合があるので探してみるのも良いかもしれません。

静岡県の取り扱い店舗であれば、僅かですが知っているので連絡を頂ければ力になれるかもしれません。


通販であれば、このあたりです。
表示時に、その時の最安値から表示するようにしてあるので、都度ご確認されると良いかと思います!
(タイミングによりますが店舗により2千円前後の差があったりするようです。)
Fishman Beams inte 7.9UL
https://search.rakuten.co.jp/search/beams inte7.9ul

通販の場合、送料無料がついたりするようなので、そういったオプション部分はそれぞれの店舗を直接ご確認ください。

4.Beams inteを使った開発者ブログ


FishmanのBeams inteの開発者ブログを最後に紹介しておきますので、参考にしてください。
Fishman公式ブログ


5.まとめ


どうでしょうか?
Fishman Beams inte 7.9ULの魅力が少しは伝わったでしょうか?

自分は、これ以外にもベイトフィネスロッドは使ってみましたが、正直このロッドを使ってみると他のロッドは使えなくなりますw
それほどに快適なロッドで、「ベイトタックルは難しい」という考え方は既に旧時代のものだと思い知らされますよw

自分も、このブログやfimoのブログでも頻繁に使っていますので、ぜひご覧になってください!
多少は、参考になるかと思います!
http://www.fimosw.com/u/papuunn

おまけといってはなんですが、過去にいろんな魚種をinteで釣ってますので一部だけ載せますね!
IMG_9otlnf
DSC_1501
DSC_1252
DSC_1799
DSC_1415
DSC_1242
DSC_1857
DSC_1259
では、また!

関連記事
【動画付き】Fishman Beams inte7.9ULで巨大なアレを釣ってみた!





ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

INX.Labelから、なかなか素敵なニット帽が出ますね!
以前、会員限定で発売のメールが流れたころから、
「超欲しい!」と思っていましたw

Fish.INいわく
太糸でざっくりと編み上げられた、柔らかで暖かいツバ付きのニットワッチです。伸縮素材のため、サイズも50〜60cmと幅広くご利用頂けます。
DSC_0459
深めにカットされたデザインで耳まですっぽり包み込まれ、寒くなりがちな襟足も保護されます。
また通常デザインのニットキャップはいわゆる「絶壁頭」が目立ちやすくなりますが、この製品は後頭部へ上手くタックを集めて固定してあるためシルエットが綺麗に見えます。
とのこと(*^。^*)

実のところ、自分はまさに「絶壁頭」でしてw
さらに、頭自体がけっこう大きいという特典付き(;^ω^)
その点、ニットなので伸縮自在!
「絶壁頭」も綺麗なシルエットに見えるということで、これ以上はない!
また、「ジェイ君」?というINX.labelのマスコットも可愛いので釣り以外の普段使いでも、使ってみたいw

さっそく、上の「ブラック×ホワイト」カラーの商品を購入させてもらった!
発売は、1月22日以降ということで届くのが楽しみです。

商品は、会員限定ですが商品は見れると思うので、ぜひご覧ください!
けっこう、気に入る方も多いんじゃないかな(*^。^*)
INX.Labelニットワッチ



ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

 

今回は、初心者向けにベイトリールを例に『ギア比について』解説します!
そんなことわかるよ!って言うベテラン勢はスルーしてくださいw
だけど、世の中にはギア比の違いを巻き取り速度の違いだと思っている人があまりにも多いので、あえて解説しておきます('ω')ノ

1.ギア比ってなに?


そもそも、ギア比ってなんでしょう?
ギア比って言うのは、
duraclutch_up_re
メインギア(ハンドル側)とスプール側の、ギアの歯数の比率を言います。

たとえば、ギア比8.0の場合:
(メインギア)ハンドル1回転あたり、スプールが8回転することを意味します。

この点を見れば、「ギア比が高いほど巻取り速度が速い」のは間違いないのが分かります。
しかし、ギア比とは巻取り速度のみ表すものなのでしょうか?

2.ギア比=巻取り速度じゃない!?


結論から言いますが、ギア比とは巻取り速度だけを表すものではありません。

では、何を表す数値なのか?

それは、『トルク』です!

もっと分かりやすく言えば、巻取り力です!

どういうことなのか、巻取り力の見方を説明します。

ギア比8.0である場合、ハンドル1回転あたりスプールが8倍回転します。
これに対し、巻取り力はハンドルを1回転させる力の8分の1になります。
つまり、人間がハンドルを回す力がギア比の倍率に反比例して小さくなるということです。

(先日のRevo SXの記事でも触れましたが)
ようは、ギア比が高いほど巻取り力が弱く。ギア比が低いほど巻取り力が高くなります。

巻取り力=人間の力 ÷ ギア比

ただし、人間の力はハンドル長によって倍率がかかるので(てこの原理のようなもの)

巻取り力=(人間の力 ×(ハンドル長÷2))÷ ギア比
2で割るのは、ハンドル長がノブからノブまでのため、回転軸からノブまでの距離を計算している。

例:
人間の力を1として、
ハンドル長:90mm
ギア比:8.0

巻取り力=(1×(90÷2))÷8.0=5.625
何キロの力が出るとかでなく、リールを比べる際の巻取り力の指標だと思ってください。

3.ギア比による性能差を見てみよう!


先日の記事でも、例を挙げたビッグシュータコンパクトと新しく出るRevo WINCHを比べてみましょう!
【AbuGarcia】2018年新作ベイトリール Revo SX がもうすぐ発売だぁ(≧∇≦)

BigShooterCompact_001
ビッグシューターコンパクト
ハンドル長:95mm
ギア比:8.0

web_revo_winch_11
Revo WINCH
ハンドル長:95mm
ギア比:5.4

(人間の力は、同じとして1)
ビッグシューターコンパクトの巻取り力=(95÷2)÷8.0=5.9375
Revo WINCHの巻取り力=(95÷2)÷5.4=8.7962

比率にして、Revo WINCHのパワーを見ると
Revo WINCHのパワー=Revo WINCHの巻取り力 ÷ ビッグシューターコンパクトの巻取り力
=1.481

つまり、Revo WINCHのパワーはビッグシューターコンパクトの『1.481倍』の巻取り力が出る事が分かります!

これが、ギア比というものです!
これを考えていくと、リール選びがまた楽しくなると思います!
いろいろなリールを比べてみてくださいね!

では、また!
関連記事
【AbuGarcia】2018年新作ベイトリール Revo SX がもうすぐ発売だぁ(≧∇≦)




ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村

今回は、
沖磯に渡船利用で渡る上で必要な装備を紹介します!


1.絶対必須!安全装備


安全を確保するためにも必須で必要なものを紹介します!
今回紹介するのは、「あれば良いな」ではなく沖磯や地磯などで釣りをする上で必須なものです!
これから、行こうという方は注意してください!
また、「なんでもいい」というわけではありません。
装備を選ぶポイントがあるので、参考にしてください(^^)/

2.スパイクシューズ


滑りやすくて、足場の悪い磯場で、足元の安定を確保するために必須の装備です!必ず用意してください!!
(むしろ、これがないと渡船を断られる場合すらあります!)

では、どのようなものを選べばいいか?
基本的には靴底のタイプで選びます!
タイプには、いくつかありますが「スパイクタイプ」か、「フェルトスパイクタイプ」にしてください!

タイプごとの違いは、大まかにこんな感じ!
スパイクタイプ
ゴツゴツとした岩場に強いが、丸石のゴロタなどのつるつるした面には弱い。
フェルトタイプ
海苔やコケなどが生えた場所、つるつるした面の岩場に強い。フェルトなので、ゴツゴツした岩場では弱い。
フェルトスパイク
スパイクとフェルトの両方の特性を併せ持つ。

(スパイクとフェルトは基本的に、メリットデメリットが反対になっています。)
沖磯は、地域にもよりますが基本的にはゴツゴツした岩場であることが多いです。
なので、「スパイク」か「フェルトスパイク」タイプをおすすめしておきます!!


以下に、おすすめをいくつか載せて置きます!
まず、断然おすすめなのが『MAZUME』です!!
MZWD-281
自分が、使っているスパイクタイプのスパイクブーツです!
楽天市場  mazume MZWD-281 スパイクシューズ

価格は、2万円前後で若干高いですが、靴底に付いているスパイクピンが非常に頑丈で、グリップ力が長期間維持します!
あまり、磯に行かない人ならもっと安いやつでも良いですが、数回の釣行でピンが摩耗してしまうこともあります。
自分は、かなりの頻度で使いますが(笑)購入後1年以上使っても、まだ健在です!
普通の人なら、かなりコスパは良いでしょう!

同じく、mazumeのフェルトスパイクブーツ!
MZWD-282
楽天市場 mazume MZWD-282 フェルトスパイクブーツ
正直、ゴロタにも釣りに行くのでこちらの方が1足で、使いまわせて良かったかもw

imgrc0067449097
楽天市場 ダイワ フィッシングシューズ

スパイクとフェルトスパイクタイプがあり、スパイクで1万円行かないくらいで、フェルトスパイクタイプで1万5千円くらいですね!
価格は手頃だし、ダイワ製なので安心です!

4969363410818-a_1
楽天市場 ジオロック・カットピンフェルト

こちらは、シマノ製でだいたい1万7千円くらい。
タイプとしては、フェルトスパイクタイプになります。
品質は、シマノなんで安心ですし、非常に動きやすそうですよ!


他にも下を見れば、たくさんの種類があるのですが安全を得るための装備なので品質の怪しいものは、紹介を避けました。
私は、自分が使いこんで信用しているmazumeのスパイクブーツが断然おすすめですが、釣具屋に行って実際に何種類か履いてみると、自分にぴったりなものが見つかるかもしれません。
ぜひ、実際に履いてみるというのも、試してくださいね!

3.フロートベスト


絶対必須です!ロッドを忘れても、フロートベストは忘れないでください!

沖磯は、非常に潮が速い場所が多いです!
フロートベストがなければ、命に関わる事故が起きかねないので必ず用意してください!
また、フロートベストやライジャケは持っている方も多いのでしょうが、
選ぶ上で注意してもらいたい事が2点あります!!

まず1点!それは、
『膨張タイプは、磯ではダメだということです!!!』

なぜか?
磯の波打ち際は、貝などが付着していたり、岩がゴツゴツしていたりしてジャケットが破れ易いため、岸から助けられないからです!
なので、必ずフロートベストにしましょう!!

2点目!
『股ひもが付いているものにすること!』
股ひもがないと、水に落ちて浮いたときに浮力で、ライフジャケットが脱げてしまうからです!



では、これらの点を押さえたオススメを以下にご紹介します!
4562185285086
楽天市場 mazume レッドムーンライフジャケット ロックショアスペシャル

やっぱり、安心と信頼のmazumeですw
私は、大好きですよw
これは、特にロックショア用で磯場でも非常に動きやすい上に大容量なのでおすすめです!

02740846_1
楽天市場 アングラーズリパブリック フローティングベスト

浮力も十分で、収納できる容量も大容量なフローティングベストです!
アングラーズリパブリックは友人が好きで、よく使っていますね。

51696_lineup1
楽天市場 シマノ XEFO・ROCK TRAVERSE VEST

シマノのブランドXEFOの、ロックショア用です!
若干高いですが、非常に高機能でおすすめです!
次買うなら、これがいいなと思っています!



次回は、「沖磯で、あれば便利な道具」などを紹介したいと思います。
これから、(地磯や)渡船利用の沖磯で釣りをしたいという方の助けになれば幸いです。

関連記事
伊豆の沖磯釣行!おすすめの渡船屋3つを紹介します!

渡船屋さんの予約の仕方から当日の作法まで解説します!






ポチっとして頂ければ、更新の励みになります!
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村
成長因子